So-net無料ブログ作成
企業向け製品/医療用機器 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

SONY、レーザー光源の4Kプロジェクタ『VPL-GTZ270』『VPL-GTZ280』発売 [企業向け製品/医療用機器]

SONYは、4K SXRDパネルやレーザー光源を搭載した業務用液晶プロジェクタ『VPL-GTZ270』と『VPL-GTZ280』を5月上旬より発売すると発表しました。

VPL-GTZ270_01.jpg
↑VPL-GTZ270/VPL-GTZ280(筐体デザインは共通)

『VPL-GTZ270』は高輝度/広色域対応で、想定売価は800万円前後、『VPL-GTZ280』は4K/120P投写対応可能で実売価格は560万円前後となっています。

4,096×2,160pixの0.74型ネイティブ4K SXRDパネルを搭載したプロジェクタ。ネイティブコントラストは2万:1で、輝度はGTZ270が5,000ルーメン、GTZ280が2,000ルーメン。高輝度やハイフレームレート、HDR対応等、用途に合わせて構成を選択出来ます。

続きを読む


SONY、夜間でも高精細なカラー動画撮影が可能なネットワークカメラ『SNC-VB770』発売 [企業向け製品/医療用機器]

SONYは、35mmフルサイズのExmor CMOSセンサーを搭載し、Eマウントを採用、4K映像を撮影できる業務用ネットワークカメラ『SNC-VB770』を8月に発売すると発表しました。

SNC-VB770_01.jpg

業界最高水準の最低被写体照度0.004ルクス以下も実現。

レンズは別売で、想定売価は85万円前後となっています。

続きを読む


SONY、旋回リモートカメラ『SRG-360SHE』発売 [企業向け製品/医療用機器]

SONYは、旋回型リモートカメラSRGシリーズのフラッグシップモデルとして、フルHD/60Pでの映像出力に対応した、『SRG-360SHE』2016年2月に発売すると発表しました。

SRG-360SHE_1.jpg

販売価格は490,000円となっています。

『SRG-360SHE』は、フルHDの高画質に加え、1/2.8型Exmor CMOSイメージセンサーを搭載し、60P
での映像伝送が可能となっており、動きのある被写体の残像を抑え、講義中の講師の動きや表情もしっかり捉えるとしています。

続きを読む


SONY、4K対応ネットワークカメラ『SNC-VM772R』発売 [企業向け製品/医療用機器]

SONYは、1.0型Exmor R CMOSイメージセンサーを搭載し、高解像度と高感度の両立を実現した、SONY初となる4K対応の屋外型ネットワークカメラ『SNC-VM772R』を8月20日に発売すると発表しました。

SNC-VM772R_1.jpg

4Kの高精細な映像で広範囲を全体俯瞰しながら、顔やナンバープレートなどの細部まで1台で捉える事ができる為、監視の精度および設置の柔軟性の向上が期待されます。

4K(3840x2160pix)の高解像度の映像を最大30fpsで出力できる機能を搭載。

続きを読む


SONY、CMOSとクラウド活用で肌解析する「BeautyExplorer」を提供 [企業向け製品/医療用機器]

SONYは、自社製CMOSイメージセンサーを搭載した小型肌測定機と、画像処理技術を応用した解析アルゴリズムにより、肌のキメや毛穴などの状態を高精度に測定して解析する肌解析システム「BeautyExplorer」(ビューティーエクスプローラー)を製品化したと発表しました。

BeautyExplorer_01.jpg
↑ワイヤレス小型肌測定機「Skin View Camera」

測定機器のリースやクラウドサービス利用料金を含め、月額15,000円~20,000円で3月中旬より提供するとの事です。

2012年12月に発表した肌解析技術「SSKEP」(Smart Skin Evaluation Program/スケップ)を用いたもので、SONY初の美容業界へ向けた製品となります。

続きを読む


SONY、投射距離17cmで147型投写できる4Kプロジェクタ『VPL-GTZ1』発売 [企業向け製品/医療用機器]

SONYは、約17cmの距離から最大147インチの映像投写が出来る、超短焦点の4K SXRDレーザー光源プロジェクタVPL-GTZ1を11月より発売すると発表しました。

VPL-GTZ1_3.jpg

販売予想価格は550万円。業務市場向けに展開するとの事です。

SONY独自の光学系システムにより、約17cmの至近距離から最大147インチの4K映像の投写が行なえるプロジェクタとなります。

続きを読む


SONY、InfoComm 2014でレーザー光源プロジェクタや8k x 4kデモ公開 [企業向け製品/医療用機器]

SONYは、6月18日~20日に米国ラスベガスで開催された業務用オーディオビジュアル機器の展示会InfoComm2014に、4Kを軸にしたソリューションやレーザー光源の業務用プロジェクタなどを出展しました。

8K×4K.jpg
↑4Kプロジェクタ4台出しによる8K×4K映像の映像演出イメージ

また、「Beyond 4K」の提案として、4Kプロジェクタ4台を用いた8K×4K映像のデモンストレーションを行っています。

4K関連のソリューションでは、「Beyond 4K」として、8Kイメージセンサー搭載CineAlta 4Kカメラ”F65”で生成した8K×4K映像を、4K SXRDプロジェクタ”SRX-T615”4台で投写。

続きを読む


SONY、医療用超音波装置向けのレコーダーやプリンターなど全4機種発売 [企業向け製品/医療用機器]

SONYは、HD(1280×720p)/SD(720×576i)入力に対応し、内蔵HDD(500GB)に最長約348時間の長時間記録が可能な超音波装置向けのメディカルレコーダー”HVO-550MD”、”HVO-500MD”を発売すると発表しました。

HVO-550MD_1.jpg
↑メディカルレコーダー”HVO-550MD”

両機種は,メディカル向けのDVDレコーダー”DVO-1000MD”の後継機種で、新たにネットワークでの画像データ転送機能を搭載しています。

また新たにビデオ信号入力やコンピュータからのデジタル画像入力に対応した、主に超音波装置向けのメディカル用ハイブリッドグラフィックプリンター”UP-X898MD”と、シングルからマルチサイズまで様々なプリント形式と簡単画質調整機能で利便性を向上させたX線装置などの外科用装置の接続に最適な、ハイブリッドグラフィックプリンター”UP-991AD”も発売。

続きを読む


SONY、電車・バス、店舗などの監視向けネットワークカメラ発売 [企業向け製品/医療用機器]

ソニーは、ネットワークカメラ/防犯・監視システム「IPELA」のニューモデルとして、1/2.9型プログレッシブスキャン Exmor CMOSイメージセンサーを搭載したフルHDネットワークカメラ3機種を2月24日より発売すると発表しました。

SNC-XM636_637.jpg
↑SNC-XM636、SNC-XM636、SNC-XM637

また、1/2.5型で5メガピクセルの高画質CMOSイメージセンサーを搭載し、1台で360度全方位の撮影が可能な、屋内外両用の監視用ネットワークカメラも発売されます。

↓ラインナップ

続きを読む


SONY、壁に147型/4K表示するローボードプロジェクタを開発 [企業向け製品/医療用機器]

SONYは、壁に、最大147型の4K映像(4,096×2,160pix)を投写できる4K超短焦点プロジェクタを開発。今夏までに商品化し、米国で約3万~4万ドル程度の価格で販売を予定しています。

LowBoardProjector_1.jpg
↑天面にプロジェクタを内蔵している

背の低いテレビ台やローボードのような外観のプロジェクタ。天面部分に4K解像度を持つ、超短焦点プロジェクタが搭載されており、設置場所の背後にある壁に、最大147型の4K映像を投写が可能。

通常のプロジェクタと異なり、設置に特殊な工事は不要で、壁際に設置する事で、人影が映り込む心配もありません。「従来の映像機器の形状の概念を超え、あたかも一つの家具のように存在し、リビング空間に自然に溶け込むようにデザイン」としています。スピーカーも搭載。

続きを読む


前の10件 | 次の10件 企業向け製品/医療用機器 ブログトップ
メッセージを送る