So-net無料ブログ作成
検索選択
企業向け製品/医療用機器 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

SONY、投射距離17cmで147型投写できる4Kプロジェクタ『VPL-GTZ1』発売 [企業向け製品/医療用機器]

SONYは、約17cmの距離から最大147インチの映像投写が出来る、超短焦点の4K SXRDレーザー光源プロジェクタVPL-GTZ1を11月より発売すると発表しました。

VPL-GTZ1_3.jpg

販売予想価格は550万円。業務市場向けに展開するとの事です。

SONY独自の光学系システムにより、約17cmの至近距離から最大147インチの4K映像の投写が行なえるプロジェクタとなります。

続きを読む


SONY、InfoComm 2014でレーザー光源プロジェクタや8k x 4kデモ公開 [企業向け製品/医療用機器]

SONYは、6月18日~20日に米国ラスベガスで開催された業務用オーディオビジュアル機器の展示会InfoComm2014に、4Kを軸にしたソリューションやレーザー光源の業務用プロジェクタなどを出展しました。

8K×4K.jpg
↑4Kプロジェクタ4台出しによる8K×4K映像の映像演出イメージ

また、「Beyond 4K」の提案として、4Kプロジェクタ4台を用いた8K×4K映像のデモンストレーションを行っています。

4K関連のソリューションでは、「Beyond 4K」として、8Kイメージセンサー搭載CineAlta 4Kカメラ”F65”で生成した8K×4K映像を、4K SXRDプロジェクタ”SRX-T615”4台で投写。

続きを読む


SONY、医療用超音波装置向けのレコーダーやプリンターなど全4機種発売 [企業向け製品/医療用機器]

SONYは、HD(1280×720p)/SD(720×576i)入力に対応し、内蔵HDD(500GB)に最長約348時間の長時間記録が可能な超音波装置向けのメディカルレコーダー”HVO-550MD”、”HVO-500MD”を発売すると発表しました。

HVO-550MD_1.jpg
↑メディカルレコーダー”HVO-550MD”

両機種は,メディカル向けのDVDレコーダー”DVO-1000MD”の後継機種で、新たにネットワークでの画像データ転送機能を搭載しています。

また新たにビデオ信号入力やコンピュータからのデジタル画像入力に対応した、主に超音波装置向けのメディカル用ハイブリッドグラフィックプリンター”UP-X898MD”と、シングルからマルチサイズまで様々なプリント形式と簡単画質調整機能で利便性を向上させたX線装置などの外科用装置の接続に最適な、ハイブリッドグラフィックプリンター”UP-991AD”も発売。

続きを読む


SONY、電車・バス、店舗などの監視向けネットワークカメラ発売 [企業向け製品/医療用機器]

ソニーは、ネットワークカメラ/防犯・監視システム「IPELA」のニューモデルとして、1/2.9型プログレッシブスキャン Exmor CMOSイメージセンサーを搭載したフルHDネットワークカメラ3機種を2月24日より発売すると発表しました。

SNC-XM636_637.jpg
↑SNC-XM636、SNC-XM636、SNC-XM637

また、1/2.5型で5メガピクセルの高画質CMOSイメージセンサーを搭載し、1台で360度全方位の撮影が可能な、屋内外両用の監視用ネットワークカメラも発売されます。

↓ラインナップ

続きを読む


SONY、壁に147型/4K表示するローボードプロジェクタを開発 [企業向け製品/医療用機器]

SONYは、壁に、最大147型の4K映像(4,096×2,160pix)を投写できる4K超短焦点プロジェクタを開発。今夏までに商品化し、米国で約3万~4万ドル程度の価格で販売を予定しています。

LowBoardProjector_1.jpg
↑天面にプロジェクタを内蔵している

背の低いテレビ台やローボードのような外観のプロジェクタ。天面部分に4K解像度を持つ、超短焦点プロジェクタが搭載されており、設置場所の背後にある壁に、最大147型の4K映像を投写が可能。

通常のプロジェクタと異なり、設置に特殊な工事は不要で、壁際に設置する事で、人影が映り込む心配もありません。「従来の映像機器の形状の概念を超え、あたかも一つの家具のように存在し、リビング空間に自然に溶け込むようにデザイン」としています。スピーカーも搭載。

続きを読む


SONY、光学30倍ズームや高速旋回速度を実現したネットワークカメラ4機種発売 [企業向け製品/医療用機器]

SONYは、360度エンドレス旋回型のネットワークカメラとして業界最高クラスとなる光学30倍ズームと、業界初の700度/毎秒*の高速旋回速度を実現した、監視用のネットワークカメラ4機種を発売すると発表しました。

SNC-WR632.jpg
↑フルHD/屋外用モデルの"SNC-WR632"

鉄道や道路などの監視の他、河川監視や災害監視などの様々な環境において、遠方や広範囲の被写体を、的確かつ迅速に捉えることができる、高画質・高性能モデルとしています。

型番名と希望小売価格は↓

続きを読む


SONY、最大1Gbps以上の高速データ転送を実現したオプティカルディスク・アーカイブシステム発売 [企業向け製品/医療用機器]

SONYは、コンパクトカートリッジに12枚の光ディスクを内蔵し、1つの大容量ストレージとして扱える、オプティカルデスク・アーイブ・システムを12月に発売すると発表しました。

ODS-D77U.jpg
↑オプティカルディスク・アーカイブ ドライブユニット”ODS-D77U”

2月に発売したシステムの次世代機と位置付けられており、従来比約2倍となる最大1Gbpsの高速伝送が可能なUSB 3.0接続のドライブユニット”ODS-D77U”(987,000円)と、ファイバーチャネル対応の”ODS-D77F”(1,239,000円)を用意しています。

また、”ODS-D77F”を複数搭載できるPetaSite拡張型ライブラリのラインナップとして、マスターユニット”ODS-L30M”(3,076,500円)と、拡張ユニット”ODS-L60E”(1,638,000円)、”ODS-L100E”(1,638,000円)も発売。

続きを読む


SONY、世界最薄・最軽量の13.3型デジタルペーパー”DPT-S1”発売 [企業向け製品/医療用機器]

SONYは、ディスプレイに13.3型のフレキシブル電子ペーパーを採用した”DPT-S1”を発売すると発表しました。

DPT-S1_2.jpg

9型以上のモバイル機器として世界最薄・最軽量を実現しているとしていて、発売は12月3日で、販売予想価格は98,000円前後となっています。

デジタルペーパー端末”DPT-S1”は企業や大学など紙の文書や資料を大量に扱う業務分野に向けて開発された製品で、SONYでは企業向けに「デジタルペーパー会議ソリューション」、大学向けに「デジタルペーパー授業支援ソリューション」も提供していくとしています。

続きを読む


SONY、名刺サイズで名刺サイズの小型・軽量のHD対応ネットワークカメラ2機種を発売 [企業向け製品/医療用機器]

SONYは、名刺サイズで約110gと小型・軽量を実現したHD対応ネットワークカメラ”SNC-CX600W”(ワイヤレスLAN対応モデル)と、”SNC-CX600”(PoE対応モデル)の2機種を発売しました。

SNC-CX600_1.jpg

店舗やレストラン、マンションなどに、防犯やマーケティング用として設置する業務用カメラで、小型ながら人感センサーや白色LED、更にはマイクやスピーカーなど、映像監視に役立つ様々な機能を搭載。

希望小売価格は両機種共に39,900円となっています。

続きを読む


SONY、FeliCaを利用した新方式でビッグデータ分析事業に参入 [企業向け製品/医療用機器]

SONYは、クラウド上で個人情報に配慮したデータの蓄積を可能とするシステムを新開発。その最初のアプリケーションとして、「FeliCa」カードを利用した電子お薬手帳の試験サービスを 2013年秋より川崎市にて開始すると発表しました。

BigData_1.jpg

今回開発したシステムは、個人情報とデータを分離し、データのみをクラウドに保存。仮にクラウド上のデータへの不正アクセスがあったとしても、個人情報が守られる構造を実現しています。

紙のお薬手帳は、薬局から受け取る調剤情報シールを貼り付けたり、自分でメモを書き込めたりする手軽さがある一方で、薬局への携行を忘れてしまった場合や、手帳自体を紛失した場合等、調剤履歴を継続的に蓄積、管理するのが難しいという一面もあります。

続きを読む


前の10件 | 次の10件 企業向け製品/医療用機器 ブログトップ
メッセージを送る