So-net無料ブログ作成
検索選択
企業向け製品/医療用機器 ブログトップ
前の10件 | -

SONY、直感的な操作が可能な情報共有システム「Vision Exchange」発売 [企業向け製品/医療用機器]

SONYは、手持ちのモバイル端末やPCとWi-Fi等で連動して、直感的な操作で手軽に情報共有や共同作業を行えるコラボレーションシステム「Vision Exchange」を発売すると発表しました。

PEQ-C130_01.jpg
↑Vision Exchangeメインユニット『PEQ-C130』

発売は2018年1月予定。

販売予想価格は、メインユニット『PEQ-C130』が150万円前後。本体と連携し各グループ毎に利用するPod PC(子機)用ソフトウェア『PES-C10』が154万円前後。

続きを読む


SONY、デジタルペーパーの新モデル『DPT-RP1』発売 [企業向け製品/医療用機器]

SONYは、PDFなどの電子文書を「まるで紙のように読み書きできる」を追求したデジタルペーパー『DPT-RP1』を発売すると発表しました。

DPT-RP1_01.jpg

発売日は6月5日。

販売予想価格は8万円前後となっています。

続きを読む


SONY、手術中の視野を記録する1型の4Kビデオカメラ『MCC-S40MD』発売 [企業向け製品/医療用機器]

SONYは、手術部位の視野(術野)を4Kで高精細に撮影できる医療用ビデオカメラ『MCC-S40MD』を発売すると発表しました。

MCC-S40MD_01.jpg

発売日は2017年3月1日。

想定売価は三軸雲台やコントローラーとのセットで約280万円前後となります。

続きを読む


SONY、3D表示対応可能な4K液晶モニター『LMD-X550MT』、『LMD-X310MT』発売 [企業向け製品/医療用機器]

SONYは、高精細な3D表示も可能な医療用の4K液晶モニター、55型の『LMD-X550MT』、31型の「LMD-X310MT」を発売すると発表しました。

LMD-X550MT_01.jpg
↑55型『LMD-X550MT』

発売日は2017年1月10日。

想定売価は導入規模などによって異りますが、55型で300万円前後のイメージとの事。3Dアイシールドキットが付属。4K医療用モニタとしては業界に先駆けた3D表示対応となります。

続きを読む


SONY、InterBEE2016のSONYブースで「CLEDIS」展示 [企業向け製品/医療用機器]

SONYは11月16日から本日迄幕張メッセで開催されている国際放送映像機器展InterBEE2016のSONYブースで、画面表面R、G、B各色の微細なLEDからなる画素を、それぞれ毎に駆動させる独自の「CLEDIS」技術を使用したディスプレイを展示しています。

ZRD-1_01.jpg
↑CLEDISディスプレイユニット『ZRD-1』

発売時期は2017年1~3月で、価格は220型の4K×2Kシステムで約1.2億円の見込み(価格は設置方法、システム構成により異なる)となっています。

CLEDISは、「Crystal LED Display」の技術をベースに開発したディスプレイシステムで、ディスプレイユニット『ZRD-1』とコントローラ『ZRCT-100』で構成。6月に発表されており、発売が近づいたことで、詳細な仕様などが公開されています。

続きを読む


SONY、最大100台まで監視カメラの映像記録可能な4K対応ネットワークビデオレコーダー発売 [企業向け製品/医療用機器]

SONYは、4Kカメラネットワークに対応して長時間録画が可能なビデオレコーダーシステム「HAW-S エディション」、「HAW-E エディション」を発売すると発表しました。

HAW-EIBU_01.jpg
↑HAW-Eエディション

また、PCにインストールして使用する、ビデオマネジメントソフトウェア「SOW-S エディション」、「SOW-E エディション」も発売すると発表しました。

いずれも12月20日に発売。販売予想価格は、HAW-S エディション(カメラ16台、4TB HDD×2構成)が90万円より。HAW-E エディション(カメラ32台、4TB HDD×8)で260万円より。

続きを読む


SONY、Crystal LED Display技術ベースのディスプレイ「CLEDIS」発売 [企業向け製品/医療用機器]

SONYは、微細なLED素子を光源とする独自開発の高画質ディスプレイ技術「CLEDIS」を用いた新方式ディスプレイシステムを2017年1~3月に発売すると発表しました。

CLEDIS_01.jpg

ディスプレイユニット『ZRD-1』とコントローラ『ZRCT-100』から構成されていて、価格はオープンプライス

トータル価格は設置事例によって異なります。

続きを読む


SONY、レーザー光源の4Kプロジェクタ『VPL-GTZ270』『VPL-GTZ280』発売 [企業向け製品/医療用機器]

SONYは、4K SXRDパネルやレーザー光源を搭載した業務用液晶プロジェクタ『VPL-GTZ270』と『VPL-GTZ280』を5月上旬より発売すると発表しました。

VPL-GTZ270_01.jpg
↑VPL-GTZ270/VPL-GTZ280(筐体デザインは共通)

『VPL-GTZ270』は高輝度/広色域対応で、想定売価は800万円前後、『VPL-GTZ280』は4K/120P投写対応可能で実売価格は560万円前後となっています。

4,096×2,160pixの0.74型ネイティブ4K SXRDパネルを搭載したプロジェクタ。ネイティブコントラストは2万:1で、輝度はGTZ270が5,000ルーメン、GTZ280が2,000ルーメン。高輝度やハイフレームレート、HDR対応等、用途に合わせて構成を選択出来ます。

続きを読む


SONY、夜間でも高精細なカラー動画撮影が可能なネットワークカメラ『SNC-VB770』発売 [企業向け製品/医療用機器]

SONYは、35mmフルサイズのExmor CMOSセンサーを搭載し、Eマウントを採用、4K映像を撮影できる業務用ネットワークカメラ『SNC-VB770』を8月に発売すると発表しました。

SNC-VB770_01.jpg

業界最高水準の最低被写体照度0.004ルクス以下も実現。

レンズは別売で、想定売価は85万円前後となっています。

続きを読む


SONY、旋回リモートカメラ『SRG-360SHE』発売 [企業向け製品/医療用機器]

SONYは、旋回型リモートカメラSRGシリーズのフラッグシップモデルとして、フルHD/60Pでの映像出力に対応した、『SRG-360SHE』2016年2月に発売すると発表しました。

SRG-360SHE_1.jpg

販売価格は490,000円となっています。

『SRG-360SHE』は、フルHDの高画質に加え、1/2.8型Exmor CMOSイメージセンサーを搭載し、60P
での映像伝送が可能となっており、動きのある被写体の残像を抑え、講義中の講師の動きや表情もしっかり捉えるとしています。

続きを読む


前の10件 | - 企業向け製品/医療用機器 ブログトップ
メッセージを送る