So-net無料ブログ作成

株式会社VAIO、東映、クラフター協力で劇場で楽しむ「VR映画」スタート [その他]

VAIOと東映、クラフターは、VR映像を映画館で鑑賞できる共同事業「VRCC(VR Cinematic Consortium)」を開始する事で合意しました。

VR_theater_by_VAIO.jpg
それぞれハードウェア技術、劇場興行、コンテンツ制作を手がける3社が、映画館で気軽にVR映画を楽しめる環境を提供。

2018年3月から試験営業を開始する予定で「成果を見ながら恒常的な興行を目指す。日本の映画興行にVR映画という新しい産業をもたらす」としています。

3社は現在のVRに対し、「ユーザー個々の体験にとどまり、本格的なVR機器も高価な事から一般への普及が遅れている」と指摘。VRを活用したゲームやアミューズメント施設は人気ですが、「映画館施設を用いた多人数同時鑑賞が可能な本格的VR映画の興行は世界初の試み」になるとしています。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

11月のまとめ [その他]

早いもので、今年も今月で終わりです。歳を取るごとに時間の流れが速く感じるというのは本当ですね…。

さて、今月も月初恒例の前月のまとめ記事からスタートです。

では、早速ですが11月の人気記事ベスト5の紹介です。尚、今月は2位が同率でしたので2記事あります。

●第5位
SONY、フルサイズ標準ズーム「FE 24-105mm F4 G OSS」発売

SONYが、Eマウント交換レンズ「FE 24-105mm F4 G OSS」(SEL24105G)を発売する事をお伝えした記事となります。

α7シリーズやα9が非常に人気なので、FEレンズの記事も人気だった様です。αシリーズはミノルタの系譜とはいえ、SONY製カメラがセミプロやハイアマチュアに支持される日が来るとは、一昔前は想像も出来ませんでした…。

●第4位
SONY、Media Goの提供を12月末で終了

SONYが、Windows向け音楽再生/管理ソフト「Media Go」のダウンロードを、2017年12月末で終了するとを発表した事をお伝えした記事となります。

SONYでは8月にリリースした「Music Center for PC」に切り替える様に喚起していましたが、Media
Goの方が使い易いのでインストーラを保持していたところ、「Media Go」のインストーラに脆弱性が見つかり、「Media Go」のインストールをしない様に と呼びかけているので、八方塞がりになってしまいました…。

せめて「Music Center for PC」のUIをアップデートで「Media Go」に近づけて貰えませんかね?

●第2位(同率)
SONY、「aibo」を復活!新型aibo『ERS-1000』を1月11日に発売

少し前から噂の有った、SONYがaiboの後継モデルを開発中というニュースを裏付けるべく、SONYが新型aiboの発売を発表した事をお伝えした記事となります。

2005年に旧aiboのディスコンが決まった際には、aiboの様な製品の開発・販売を止めてしまったらSONYらしさが無くなってしまうと嘆いたものですが、見事に現代の技術で復活となりました。本当に喜ばしい限りです。

●第2位(同率)
SONY、スマートスピーカー『LF-S50G』を国内でも発売

SONYがIFA2017で発表し、米英で先行して発売が発表されていたスマートスピーカー『LF-S50G』を国内でも発売する事をお伝えした記事となります。

Google HomeやAmazonのEchomそうですが、ワタシの予想以上に一般の方々は興味を持っている様ですね。個人的にはスマホやタブレットで同等の事が出来るんで、イマイチ興味は湧きませんが…。

●第1位
10月のまとめ

まさかの、11月に続き2ヶ月連続前月のまとめ記事が1位になりました…。しかも2位のトリプルスコアw

もはや、わざとまとめ記事を1位にしようと思っている読者の方がいるんじゃないかと思う程ですが、まとめ記事のリンクから人気記事に飛んで、ご覧頂いているみたいなんで、何とも言えませんがw

人気記事以外も面白い記事が有ると思うんで、そちらも読んで貰えればと思います。

と、こんな感じとなりました。先月末から色々SONY、VAIO等が発表した製品が多くなかなか書けていませんが、今月中にはInterBEE2017の報告記事を書きたいと思います。




nice!(1)  コメント(0) 

10月のまとめ [その他]

関東地方は季節外れの台風が去った途端、急激に寒くなって来ましたね。やっとAV機器にもワタシにも過ごしやすくなってエアコン代の心配をする事が無くなり嬉しいですw

さて、今月も月初恒例の前月のまとめ記事からスタートです。

それでは、10月の人気記事ベスト5のご紹介です。

●第5位
SONY、4Kネイティブレーザープロジェクタ『VPL-VW754』発売

SONYが、IFA2017で発表されたレーザー光源採用のホームプロジェクター『VPL-VW760ES』の国内版、『VPL-VW754』の発売を発表した記事となります。

前モデルのVW5000が800万円もした為、個人で購入するにはなかなかハードルが高かった為、映像に拘るマニア層が個人で購入出来る価格を目指して開発したそうですが、それでも170万円もします…。

今時のAV機器としてはかなり高価ですよね…。

●第4位
SMC、AAC対応のBluetoothレシーバセット『SBH24』発売

ソニモバがイヤフォンとBluetoothレシーバをセットにした『SBH24』の発売を発表した事をお伝えした記事となります。

ソニモバ製のスマホ周辺機器は、SONY本体の製品とくらべてデザイン的によりスタイリッシュでは有りますが、スペック的には劣るものが多いんですが、新たにAACコーデックに対応した事により、やっと現実的なレベルの音質で無線音楽再生が可能な製品が出たといったところです。

このデザインで、LDACとかapt X HDとかに対応していれば即欲しいんですが…。

●第3位
SIE、新型PS VRを10月14日に発売!

SIEが、PS VRのマイナーチェンジモデル『CUH-ZVR2』の発売の発表をお伝えした記事となります。

ケーブルのスリム化云々より、HDR信号のパススルーの対応はかなり喜ばしい改善です。

●第2位
SIE、torne mobileアプリアップデートでビデオ書き出しに対応

SIEがモバイル用アプリ「torne mobile」のアップデートを行った事をお伝えした記事となります。

端末へのビデオ書き出しが可能になった為、nasneとの連携では「Video & TV Side View」を上回り、無敵の操作性を獲得するに至りました。

これでBDレコとの連携も出来たら完璧なんですけどね…。

●第1位
9月のまとめ

10月の人気記事ナンバーワンはまさかの「9月のまとめ」記事でした…。IFA2017で発表された新ウォークマンAやZX300の記事や、注目度の高いSONY初のGoogleアシスタント搭載ワイヤレススピーカー『LF-S50G』の記事にリンクされているので、それがランクインの原因だとは思いますが…。

と、こんな感じとなりました。まとめ記事のランクインは嬉しい半面、ダイレクトにSONYの同行をお伝えしている訳では無いのでちょっと複雑な心境です…。






nice!(0)  コメント(0) 

9月のまとめ [その他]

関東地方はすっかり朝晩涼しくなり、過ごしやすい季節となりました。日中はまだ暑い日も多いので、皆さん風邪を引かない様にご注意下さい。

さて、今月も前月のまとめ記事からスタートです。

それでは、9月の人気記事ベスト5のご紹介です。

●第5位
SONY、Walkman Aシリーズの新モデル「NW-A40」シリーズを国内発売

IFA2017で発表されたウォークマンAシリーズの新モデル『NW-A40』シリーズが国内でも発売される事をお伝えした記事となります。

新たにDAC機能も搭載されましたし、今のところ一番欲しいSONY製品です。

●第4位
SONY、新ハイレゾWalkman『NW-ZX300』、『NW-A40』シリーズ発表

SONYが、IFA2017でウォークマンの新モデル『NW-ZX300』と『NW-A40』シリーズを発表した事をお伝えした記事となります。

ZX300はZXシリーズとしては新たにバランス出力に対応したので、比較的低価格にバランス接続環境が導入されるのは喜ばしい事です。

ただ、ハイレゾ対応でローカルストレージ容量が64GBというのはちょっと少ないですよね…。

●第3位
SONY、『MDR-1A』と『XBA-N3』に4.4mmバランスケーブル同梱モデル追加

ハイレゾ対応ヘッドフォン『MDR-1A』と『XBA-N3』にバランスケーブルを付属したマイナーチェンジモデル『MDR-1ABP』と『XBA-N3BP』の発売をご紹介した記事となります。

両者ともヘッドフォン/イヤフォンとして人気のモデルという事に加え、ウォークマンZX300の登場で低価格でバランス接続環境が構築出来る事から、こちらの記事も人気だった様です。

●第2位
SONY、新開発センサー搭載6Kデジテルシネマカメラ「CineAlta VENICE」(MPC-3610)発売

SONYがCineAltaブランドのデジタルシネマカメラとしては久しぶりになる「CineAlta VENICE」の発売をご紹介した記事となります。

普段、あまり業務用機器は人気記事にランクインしないんですが、事前情報が殆ど無かったせいか、上位にランクインしました。

HS撮影が低速だったりと不満は有りますが、カメラは画質を見ない事には何とも言えないので、InterBEEの出展が楽しみです。

●第1位
SONY、同社初のGoogleアシスタント搭載スピーカー『LF-S50G』発売

SONYが、IFA2017でSONYが初となるGooglアシスタント搭載のスピーカー『LF-S50G』を発表した事をお伝えした記事となります。

国内での発売予定は今のところありませんし、GoogleアシスタントやAmazonのEchoも国内では未発売ですし、SIRIがあまり普及していない事から、対話型のAIアシスタント自体、日本人は興味が無いものだと思っていたんですが、まさかの2位にWスコアの差をつけてのランクインとなりました。

本文でも触れましたが、AIアシスタントってスピーカー内蔵とかでは無く、Echoの様に専用端末が有って、照明やIoT家電を操作するのが本来だと思うんですが…。

と、こんな感じとなります。例年の事ですが9月はIFAに始まり、IBCや東京ゲームショウが開催される為、新製品や新サービスが多く発表されますが、今年はここ最近では無いぐらいSONYが新製品を発表した為、ネタが豊富で助かりました。若干記事を書くのが大変でしたが…。

例年は、9月のIFAで発表された新製品が10月に国内で発売が発表されるケースが多かったのですが、今年はIFA後すぐに国内での発売が発表された為、逆に10月は新製品情報が寂しい事になるかもしれませんね…。




nice!(0)  コメント(0) 

8月のまとめ [その他]

今年の関東地方の8月は雨続きでわりと涼しく、個人的に助かったと思っていたら、8月末にはちゃんと猛暑になりましたねw

今月も月初恒例前月のまとめ記事からスタートです。

早速、8月の人気記事ベスト5のご紹介となりますが、8月は1位同率が2件となっていますのでご了承下さい。

●第5位
SONY、バーチャルアナウンサー「沢村碧」を開発

SONYが、原稿を音声とCGに変換し、自動で読み上げさせるバーチャルアナウンサー「沢村 碧(さわむら みどり)」を開発したと発表。「アバターエージェントサービス」用ツールとして提供を開始しました事をお伝えした記事となります。

合成音声はまだいまいち、イントネーションとか不自然ですから、どれだけ採用、普及するか微妙ですね…。まだ日本語版は提供されていませんが、米国では、人物の読み上げ原稿等を30分程サンプリングすると、スムーズにどんな言葉でも喋らせる事が出来るソフトのベータ版を提供しています。

合成音声より、そうした実際の人物の音声のサンプリングの方が良いんじゃないですかね?「OK Google」の音声アシストも合成音声では無く、ナレーターさんのセリフ収録していますし…。

●第4位
7月のまとめ

最近、ちょくちょくまとめ記事がランクインしますね…。以前は嬉しかったんですが、最近は、皆さん人気記事しか呼んでないのでは?と疑心暗鬼になっていますw

●第3位
新Xperiaスマホのフラグシップ「Xperia XZ1」とされる画像がリーク

ネット上に「Xperia XZ1」とされるリーク画像が複数サイトでアップされた事をお伝えした記事となります。

XZ1の紹介記事は後ほどアップしますが、今年も、例年通りリークされた画像そのものでしたw個人的にはデザインも好みなんで良かったんですが、事前リーク情報を知っていると、イマイチ正式リリースの際に盛り上がりませんね…。まぁ、分かっていても好奇心から情報を仕入れてしまうんですが…。

●第1位
XperiaシリーズのAndroid8.0アップデート予定機種がリークされる

ネット上に既発売のXperiaシリーズのAndroid 8.0へのアップデート予定がリークされている事をお伝えした記事となります。

Andoroid OSはバージョンによっては、致命的な問題を抱えていたりするので、できるだけバージョンアップ対応して欲しいものです…。

●第1位
SONY、新音楽管理アプリ「Sony | Music Center for PC」をリリース

SONYが、新音楽管理PC用アプリ「Sony | Music Center for PC」のリリース予告を行い、今後Media Goから「Sony | Music Center for PC」に軸足をシフトして行くと発表した事をお伝えした記事となります。

先日、リリースされたのでインストールして実際に使用してみた記事を書きましたが、その中でも触れた様に、個人的には改悪としか言いようが無いというのがファーストインプレッションでした。

機能はアップデートで追加されるとしても、UIはx-アプリの例から言って変更される事は無いと思われるので非常に残念です。

現状、iTunesも使い辛いUIを使用していますが、SONYにしろAppleにしろ本当にユーザーが使い易いものを目指して開発してるんでしょうか?

と、こんな感じで8月の人気記事はハードウェアというより、ソフトやシステム的なものに注目が浴びた様です。

9月は本日から独ベルリンでIFA2017が開催されますし、ハードウェア関連の記事がいっぱい書けそうです。




nice!(0)  コメント(0) 

SPE、ライオンズゲートのテレビドラマをBD/DVD化。パッケージ分野で業務提携 [その他]

SPEは、米ライオンズゲートのテレビドラマ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」と「グレイス&フランキー」のBD/DVDを今冬に発売すると発表しました。

SPE_Lionsgate_01.jpg

SPEとライオンズゲートは4月に、パッケージメディア事業で提携。

米国、英国、カナダを除く世界各地で、ライオンズゲートのテレビドラマシリーズのパッケージ版販売をSPEが担当する複数年契約を締結しています。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

米Sony Pictures Television、日本アニメ配給の米Funimationを買収 [その他]

ソニピの米子会社であるSony Pictures Television Networks(SPTN)は、米国で日本アニメの配給・配信事業を行なう米Funimation Productions(Funimation)の株式の大部分を、約1億5,000万米ドル(約165億円)の評価額で取得する事で合意しました。

Sony_Pictures_Television_01.jpg

取引完了は、関係当局の承認及び許可の取得等を条件としています。

尚、Funimation CEOの福永元氏は、同社の少数株主としてCEO職を継続します。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

SONY、バーチャルアナウンサー「沢村碧」を開発 [その他]

SONYは、テレビ番組などの原稿を音声とCGに変換し、自動で読み上げさせるバーチャルアナウンサー「沢村 碧(さわむら みどり)」を開発したと発表。「アバターエージェントサービス」用ツールとして提供を開始しました。

Virtual_Announcer_01.jpg

事業パートナーの共同通信デジタルを介して、テレビ局やラジオ局などの番組制作やコンテンツ制作会社に提供していく予定との事です。

文字情報として入力された原稿を、専用の音声合成エンジンによって自然な発話に変換し、CGアニメーションキャラクターであるバーチャルアナウンサーに読み上げさせるアプリとなります。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

7月のまとめ [その他]

関東地方は、晴れれば猛暑、曇りや雨でもとんでもない湿度で毎日暑苦しくなっておりますが、皆様お体は大丈夫でしょうか?

ワタシはここのところ、仕事で日中外出が多く辟易しております。隔週ミーティングで六本木ヒルズとか、もう最悪です…。

さて、今月も月初恒例の前月のまとめ記事からスタートとなります。

早速ですが、7月の人気記事ベスト5となります。

●第5位
SIE、PS4の「グレイシャー・ホワイト」を通常販売へ

SIEがPS4の限定カラーバリエーション「グレイシャー・ホワイト」を通常販売開始した事をお伝えした記事となります。

PS4もFF15とかバイオ7、ドラクエ11効果で普及しましたし、今後カラバリが増えるかもしれませんね。

●第4位
SRS-XB20(このSONYが欲しい!)

久しぶりに、自身の物欲は書き綴る「このSONYが欲しい!」記事でした。以下にお風呂用にワイヤレススピーカー『SRS-XB20』が欲しいかという事を書き綴っただけなのに、ランクインするとは思いませんでしたw

●第3位
SIE、PS4の初音ミクコラボモデル発売

SIEがPS4用ソフト『初音ミク Project DIVA Future Tone DX』の発売を記念して、初音ミクコラボモデルのPS4を発売する事をお伝えした記事となります。

SIEに限らず、SONYグループは初音ミクが好きですし、今年は初音ミク誕生10周年ですから、まだまだコラボモデルの発売はありそうです。

●第2位
6月のまとめ

まさかの、6月のまとめ記事が2位にランクインしました…。

6月の人気記事にXperia、4K BRAVIA、BDレコ等の記事がランクインした為、そこらへんの人気製品のキーワードが検索で引っ掛かったのだと思います。

●第1位
SMC、IFA2017でベゼルレスXperia発表の噂

ソニモバが、9月に開催されるIFA2017でベゼルレスのXperiaスマホんおフラグシップモデルを発表するという噂をご紹介した記事となります。

アクセス数がダントツに多かったんですが、やはり皆さんベゼルレスXperiaに興味が有るんですかね?個人的にはディスプレイ破損の確率が高くなるベゼルレスは好きじゃないんですが…。

と、こんな感じで7月もXperiaやPS4といった人気製品関連の記事のアクセス数が多くなっていましたが、その中で『SRS-XB20』の物欲記事がランクインしたのは嬉しい限りです。

ビックカメラもヨドバシもAmazonも価格が横並びだったんで、久しぶりに価格.comの最安値店で購入となりそうです…。

例年8月のSONYは業務用カムコーダーの発表が有ったり、昨年は液晶4K BRAVIAの最上位モデルZ9Dシリーズが発表されたりと秋冬発売の製品が多く発表されるので、今年も楽しみにしています。




エアロセンス、米スウィフト製VTOLドローンの日本展開で協業 [その他]

ソニモバとZMPの合弁会社であるエアロセンスは、米スウィフト・エンジニアング製VTOL(:垂直離着陸型固定翼)ドローンの日本国内での事業化に向けて7月に提携し、協業を開始しました。

Aerosense_Swift_020.jpg
↑スウィフト・エンジニアリングの自律飛行型VTOL「Swift 020」

スウィフト・エンジニアリングは、1983年にレーシングカーの設計・製造会社として創業。先進的な機体設計・製造技術を強みに、2000年以降は航空宇宙分野にも進出。

ボーイング、ノースロップ・グラマン、シコルスキーなどの次世代製品の開発・生産プロジェクトを受託しています。

続きを読む


メッセージを送る