So-net無料ブログ作成
コンポ/ホームオーディオ ブログトップ
前の10件 | -

SONY、スマートスピーカー『LF-S50G』を国内でも発売 [コンポ/ホームオーディオ]

SONYは、IFA2017で発表した、音に拘り、時刻表示機能等も備えたGoogleアシスタント内蔵のスマートスピーカー『LF-S50G』を国内でも発売すると発表しました。

LF-S50G_01.jpg

発売日は12月9日。

販売予想価格は25,000円前後。カラバリはホワイト、ブラック、ブルーの3色となります。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

SONY、CDラジカセ『CFD-S401』にWeb限定カラバリ「ブルーグレー」追加 [コンポ/ホームオーディオ]

SONYは、発売中のCDラジカセ『CFD-S401』に、新カラバリのブルーグレーを追加すると発表しました。

CFD-S401_07.jpg

発売日は10月7日。

販売予想価格は13,000円前後となっています。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

SONY、肩に乗せるウェアラブルスピーカー『SRS-WS1』発売 [コンポ/ホームオーディオ]

SONYは、肩に乗せて臨場感と開放感ある音を楽しめ、音に連動して震えるウェアラブルネックスピーカー『SRS-WS1』を発売すると発表しました。

SRS-WS1_01.jpg

発売日は10月14日。

販売予想価格は25,000円前後となります。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

SONY、重低音重視のXBシリーズの大型スピーカー『SRS-XB60』発売 [コンポ/ホームオーディオ]

SONYは、重低音再生にこだわったBluetooth搭載アクティブスピーカー「EXTRA BASS」シリーズの大型モデル『SRS-XB60』を発売すると発表しました。

SRS-XB60_01.jpg

発売日は10月21日。

販売予想価格は4万円前後。カラーは「ブラック」のみとなります。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

SONY、IFA2017でタワー型ハイパワーオーディオ『MHC-V90DW』発表 [コンポ/ホームオーディオ]

SONYは、IFA 2017でタワー型のハイパワーオーディオシステム『MHC-V90DW』を発表しました。

MHC-V90DW_01.jpg

SONYによると、「“魂が揺さぶられる音(soul shaking sound)”、“重圧なデザイン”を意味する日本語名「MUTEKI」を冠しているとしています。

発売は9月、価格は1,200ポンド/1,400ユーロとなっています。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

SONY、同社初のGoogleアシスタント搭載スピーカー『LF-S50G』発売 [コンポ/ホームオーディオ]

SONYは、IFA2017に先駆けて行われたプレスカンファレンスで、同社初のGoogleアシスタント搭載ワイヤレススピーカー『LF-S50G』を発表しました。

LF-S50G_01.jpg

11月に英国、ドイツ、フランスで発売予定。米国での発売も予定しているとの事。

販売価格は、欧州で約230ユーロ/200ユーロで発売予定との事です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

SONY、CDラジカセ『CFD-S401』発売 [コンポ/ホームオーディオ]

SONYは、CDラジカセの新製品『CFD-S401』を発売すると発表しました。

CFD-S401_01.jpg
↑カラバリ「ベージュ」

発売日は6月10日。

販売予想価格は13,000円前後。カラバリはブラック(B)、ホワイト(W)、ベージュ(TI)の3色を用意します。

続きを読む


SONY、Blutooth搭載CDラジオ『ZS-RS81BT』発売 [コンポ/ホームオーディオ]

SONYは、Bluetooth搭載のCDラジオ『ZS-RS81BT』を発売すると発表しました。

ZS-RS81BT_01.jpg

発売日は5月27日。

販売予想価格は14,000円前後。カラーはブラック(B)のみとなります。

続きを読む


IFA2016で発表された国内では発売されないであろうスピーカーたち [コンポ/ホームオーディオ]

IFA2016の開催からひと月以上経ってしまいましたが、IFAで発表された国内ではほぼ確実に発売されないであろうハイパワーオーディオをご紹介します。

GTK-XB5_10.jpg

欧米ではパーティー文化が根付いているんで、そんなパーティー開催時のBGM再生や、そもそもダンスパーティーを開催する時に使用する事を目的としているみたいです。

●MHC-V77DW

続きを読む


SONY、『HAP-Z1ES』『HAP-S1』アップデートで音楽サーバー機能やUSB DAC [コンポ/ホームオーディオ]

SONYは、ハイレゾ楽曲再生に対応するHDDオーディオトランスポート『HAP-Z1ES』と、アンプ内蔵のHDDオーディオプレーヤー『HAP-S1』のソフトウェアを更新しました。

HAP-Z1ES_1.jpg
↑HAP-Z1ES

アップデートの適用で、ネットワーク経由で音楽を配信するメディアサーバー機能や、本体USB端子からSONY製USB DACへのデジタル出力機能が追加されます。

どちらもDSD 5.6MHzや、192kHz/32bitのWAV等のハイレゾ音源に対応するHDDオーディオ機器。『HAP-Z1ES』はDSDリマスタリングやフルサイズ筐体を採用した上位モデルで、『HAP-S1』は500GB HDDに加え、40W×2chアンプを内蔵しています。

続きを読む


前の10件 | - コンポ/ホームオーディオ ブログトップ
メッセージを送る