So-net無料ブログ作成
検索選択
mylo/CLIE/LIBRIe/Reader ブログトップ
前の10件 | -

SONY、Reader端末のWi-Fi経由でのコンテンツ購入を終了 [mylo/CLIE/LIBRIe/Reader]

SONYは、電子書籍の「Reader」端末のWi-Fi機能を使い、Reader Storeからのコンテンツ購入をするサービスを今年の5月7日で終了すると発表しました。

PRS-T2_1.jpg

5月8日以降はPCやスマホなどのReader Storeで購入するよう呼びかけています。

Reader Storeでの電子書籍購入は、これまでReader端末、PC、スマホ、タブレット、PS Vitaから行なえましたが、5月7日でReaderからの購入が出来なくなります。対象となる端末は『PRS-T3S』、『PRS-T2』、『PRS-T1』、『PRS-G1』となります。

続きを読む


PEG-S500C(SONYの遺伝子) [mylo/CLIE/LIBRIe/Reader]

この製品は2000年9月9日に発売された、CLIEの記念すべき1号機になります。

PEG-S500C_1.jpg

元々Palm端末は充電一回で長期間使用できる事をコンセプトとし、高速なCPUや処理の重いアプリケーションを搭載していませんでした。

しかしながらSONYは、得意の省電力技術を活かし、PalmOSを搭載しながら比較的高速なCPUを搭載し、動画再生アプリケーション等をプリンストールした、CLIE "PEG-S500C"を開発、発売しました。

続きを読む


欧SONY、「Reader」の新モデル、"PRS-T3”発表 [mylo/CLIE/LIBRIe/Reader]

SONYは、電子書籍リーダー端末「Reader」の最新モデルとなる”PRS-T3”の発売を発表しました。

PRS-T3.jpg

9月から欧州での販売を開始予定ですが、価格は未定。国内でも近々発表があると見られています。

現行モデルの"PRS-T2"と比べ、サイズは厚みがまし、約40グラム重くなっています。これは、本体を包み込むカバーを標準装備した為。

続きを読む


FaceBookやEvernoteとの連携可能な新型Reader"PRS-T2"発売 [mylo/CLIE/LIBRIe/Reader]

SONYは、電子書籍端末Readerの新モデルとして、6型ディスプレイを採用した"PRS-T2"を9月21日より発売すると発表しました。

PRS-T2_1.jpg

価格は9,980円でカラバリはブラック、レッド、ホワイトの3色。ブラックは従来モデルの光沢処理を止め、マットな表面処理に変更されています。

尚、'11年発売の3Gモデル"PRS-G1"は継続して販売されるとの事です。

続きを読む


PEG-VZ90(SONY驚異の技術力!!) [mylo/CLIE/LIBRIe/Reader]

この製品は2004年9月25日に発売されCLIEで、CLIE最後の製品となります。

PEG-VZ90.jpg

特徴として、480×320pix表示対応3.8型のタッチ式カラー有機ELディスプレイを搭載する点で、当時市販される有機ELディスプレイ搭載機器として世界最大となっていました。

有機ELディスプレイの仕様は、応答速度1μsec、視野角上下左右とも180度、コントラスト比1,000:1。SONY独自の「Top Emission」方式により、従来タイプの有機ELよりも大きな開口率を実現していました。

続きを読む


PTC-500(SONY驚異の技術力!!) [mylo/CLIE/LIBRIe/Reader]

この製品は、1990年4月に発売されたパームトップコンピューターで、Palm Top PTC-500という名称で発売されていました。

PTC-500.jpg

当時のキャッチコピーは『1990年コンピューター手にひらにのる』というもので、PDAという言葉が無い時代に、そのモバイリビティを全面に打ち出した製品となっていました。

約A5サイズの筐体に512×342pixの液晶ディスプレイを搭載し、専用ペンで手書き文字認識が可能、テキストと図形を混在して使用できるという画期的な製品でした。

続きを読む


無線LAN/3Gに対応した電子書籍端末「Reader」 発売 [mylo/CLIE/LIBRIe/Reader]

SONYは、電子書籍端末「Reader」の新モデルとして、6型ディスプレイを採用した"PRS-T1"と、"PRS-G1"を10月20日より順次発売すると発表しました。

NEW_Reader.jpg

いずれも無線LANを内蔵し、電子書籍ストア「Reader Store」にアクセスして、Reader単体で電子書籍を購入可能。"PRS-G1"は無線LANに加え、3Gネットワークにも対応します。

10月20日に"PRS-T1"を、11月25日に"PRS-G1"を発売し、販売予想価格は"PRS-T1"が2万円前後、"PRS-G1"は26,000円前後との事。

続きを読む


米SONY、Android OS搭載Readerを8月に発売? [mylo/CLIE/LIBRIe/Reader]

米SONYは8月はじめにも電子書籍リーダーの既存製品ラインをアップグレードする計画を示しました。これにより、最近、新デバイスを発表したライバルのBarnes & Noble、Kobo、Amazon.comと競争する計画との事です。

NewReader.jpg

新しいSony Readerは180~300ドルの間で価格設定され、"PRS-350"と"PRS-650"の後継モデル2モデルがリリースされるとの事。

これらはハード、ソフト共にアップグレードされ、Wi-Fiを内蔵。「両モデルともS1およびS2タブレット販売前の8月に販売開始する予定だ」とSony Electronicsの電子書籍リーダー担当副社長、フィル・ルベル氏が語っているとの事です。

続きを読む


電子書籍端末"Reader"国内でも発売 [mylo/CLIE/LIBRIe/Reader]

SONYは、電子書籍端末の"Reader"を12月10日より発売すると発表しました。同時に専用の電子書籍販売サイト「Sony Reader Store」を開設し、日本市場において電子書籍ビジネスを本格的に展開するとしています。

PRS-650_2.jpg

端末は6型/800×600pixのモノクロ電子ペーパーを採用した、Reader Touch Edition"PRS-650"と、5型/800×600pixのReader Pocket Edition"PRS-350"の2モデルを用意。価格はオープンプライスで、販売予想価格は"PRS-650"が25,000円前後、"PRS-350"が2万円前後との事。

カラーバリは、"PRS-650"が、ブラック、レッド、シルバー、"PRS-350"がブルー、ピンク、シルバーの各3色が用意されています。

続きを読む


PEG-UX50(このSONYは惜しい?) [mylo/CLIE/LIBRIe/Reader]

この製品は2003年8月9日に発売されば、PalmOS搭載PDAの"CLIE"です。

PEG-UX50.jpg

UX50の特長として挙げられるのは、まずその小ささと形状。

男性の胸ポケットにも入る程小型なボディにも関わらず、480×320pixの横型液晶に、二軸ヒンジとキーボードと搭載し、ノートPCの様に使用したり、液晶を反転させて全面液晶端末として使用する事が出来る点です。

続きを読む


前の10件 | - mylo/CLIE/LIBRIe/Reader ブログトップ
メッセージを送る