So-net無料ブログ作成
その他映像関連機器 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

SONY、4Kホームプロジェクタ『VPL-VW315』『VPL-VW515』アップデート [その他映像関連機器]

SONYは、4K SXRDホームシアタープロジェクタ『VPL-VW315』と『VPL-VW515』の本体ソフトウェアを5月24日にアップデート。

VPL-VW315_1.jpg
↑VPL-VW315

アップデートプログラムの適用で、VW315は新たにHDR対応となる他、VW515はHDR画質が向上します。

2015年10月に発売された上位機の『VPL-VW515』(90万円)と、リビングシアター向けモデル『VPL-VW315』(75万円)の大きな違いは、VW515のみHDRに対応するという点でしたが、アップデート後はVW315もHDR対応となります。既にHDR対応のVW515は、今回のアップデートでHDRの画質が向上します。

続きを読む


SONY、『LSPX-P1』のアップデートでWindowsのMiracastに対応 [その他映像関連機器]

SONYは2、長短焦点プロジェクタ『LSPX-P1』の最新ファームウェアをリリースしました。

LSPX-P1_05.jpg

アップデートを行なう事で、Windows PCのMiracastに対応します。

『LPSX-P1』は、壁際やテーブルに置いて最大80型の映像投写を楽しめる「ポータブル超短焦点プロジェクタ」。直販価格は92,500円で2月から発売していますが、予想を上回る注文により供給が追いつかず、7月上旬の出荷予定としています。

続きを読む


SONY、ポータブル超短焦点プロジェクター『LSPX-P1』発売 [その他映像関連機器]

SONYは、壁際やテーブルに置いて最大80型の映像投写を楽しめるポータブル超短焦点プロジェクター『LSPX-P1』を2月13日に発売すると発表しました。

LSPX-P1_01.jpg

販売予想価格は93,000円前後となります。

『LSPX-P1』は住空間に馴染むシンプルなデザインを目指した一体型プロジェクターとなります。

続きを読む


SONY、4Kチューナー『FMP-X7』アップデートでNetflixなど4K VOD対応 [その他映像関連機器]

SONYは、4K放送対応の124/128度CSデジタルチューナ『FMP-X7』のソフトウェアアップデートを12日より開始しました。

FMP-X7_1.jpg

新たに、映像配信サービス「Netflix」や、「4Kアクトビラ」、「ひかりTV 4K」のVOD映像再生に対応しています。

アップデートにより、「Netflix」、「4Kアクトビラ」、「ひかりTV 4K」のVOD映像に対応し、各サービスに加入する事で視聴可能となります。

続きを読む


SONY、ベータマックス、MICROMVのテープ出荷を2016年3月で終了 [その他映像関連機器]

SONYは、ベータマックスのビデオテープとMICROMVテープの出荷を2016年3月で終了すると発表しました。

BETAMAX_01.jpg
↑ベータマックス方式のビデオテープ

「アナログ地上波放送の終了や、需要の推移など市場の状況を鑑みて、販売を終了する」としています。

ベータマックスは、家庭用のビデオ記録用途に向け開発した磁気テープ記録方式「ベータマックスフォーマット」の記録メディアで、1975年より生産して来ました。尚、ベータマックス方式のVTR機器の生産は2002年に完了しています。

続きを読む


米SONY、レーザー光源の4K/HDRプロジェクター『VPL-VW5000ES』発表 [その他映像関連機器]

米SONYは、レーザー光源を採用したHDR 4K SXRDプロジェクタ『VPL-VW5000ES』を2016年春に発売すると発表しました。

VPL-VW5000ES_1.jpg

予想販売価格は約6万ドルとなっています。

ホームシアター向けのプレミアムプロジェクタで、4K SXRDパネルとともに、レーザー光源を搭載し、高輝度かつ広色域映像を可能にしています。輝度は5,000ルーメンで、色域はDCI-P3をすべてカバーしています。

続きを読む


SONY、新映像エンジン搭載フルHDプロジェクター『VPL-HW60』発売 [その他映像関連機器]

SONYは、4Kモデル相当の映像エンジンを搭載し、画質向上や映像遅延最小化を図ったシアター用のフルHDプロジェクタ『VPL-HW60』を10月9日より発売すると発表しました。

VPL-HW60_01.jpg
↑HW60のカラバリ「ブラック」

価格は35万円。カラバリはブラックとホワイトの2色となります。

従来のSONYのフルHDシアター用プロジェクタは、アドバンストアイリスを備えた上位機『VPL-HW55ES』(345,000円)と、エントリー機『VPL-HW35ES』(245,000円)を用意していましたが、今期のフルHD機は、『VPL-HW60』の1モデルに集約。

続きを読む


SONY、4Kホームプロジェクター2モデル発売 [その他映像関連機器]

SONYは、ネイティブ4K解像度のSXRDプロジェクタとして、HDR対応の『VPL-VW515』を10月9日より発売すると発表しました。

VPL-VW515_1.jpg
↑HDR対応4Kプロジェクター『VPL-VW515』

価格は90万円となっています。

また、リビングシアター向けの『VPL-VW315』も同日より発売、こちらの価格は75万円となります。

続きを読む


SONY、4K放送チューナ『FMP-X7』のアップデートでLANダビング中の利用機能追加 [その他映像関連機器]

SONYは、4K放送対応の124/128度CSデジタル放送チューナ『FMP-X7』のソフトウェアアップデートを7月14日より開始しました。

FMP-X7_1.jpg

LANダビング中に利用できる機能の追加を行なっています。

アップデートする事で、録画番組のLANダビング実行中も、現在番組表の表示や録画予約情報の表示/削除がで出来るようになります。

続きを読む


SONY、4K放送チューナ『FMP-X7』のアップデートでがスカパーのLANダビング対応 [その他映像関連機器]

SONYは、4K放送対応の124/128度CSデジタル放送チューナ『FMP-X7』のソフトウェアアップデートを27日より開始しました。

FMP-X7_1.jpg

アップデートプログラムの適応により、『FMP-X7』で別売USB HDDなどに録画したスカパー! プレミアムサービスの番組を、LAN経由でダビング(ムーブ/コピー)する機能が追加されます。

但し、4K番組は同機能の対象外との事。アップデート後のソフトウェアバージョンは「PKG2.057JPP」。

続きを読む


前の10件 | 次の10件 その他映像関連機器 ブログトップ
メッセージを送る