So-net無料ブログ作成

SONY、面記録密度201Gbit/inch2を達成した磁気テープストレージ技術を開発 [テクノロジー]

SONYは8月2日、スイス・チューリッヒにあるIBMチューリッヒ研究所と共同で、テープストレージメディアとして業界最高の面記録密度201Gbit/inch2を達成した磁気テープストレージ技術を開発したと発表しました。

Magnetic_tape_01.jpg

従来比220倍の密度により、従来技術によるデータカートリッジ1巻あたり15TBの記録容量に対し330Tバイトの大容量記録を実現します。

これは、SONYが新開発した潤滑剤などを採用した磁気テープ技術に、IBMチューリッヒ研究所が手掛けた新開発の記録、再生用ヘッドサーボ制御技術、信号処理アルゴリズム等を組み合わせる事により実現したものとなります。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る