So-net無料ブログ作成

InterBEE2015に行ってきたVol.1 [プロフェッショナル映像機器]

今年も11月18日~20日の日程で幕張メッセで開催された放送業務機材展InterBEEに行って来ましたので、遅まきながらのレポートとなります。

Interbee2015_01.JPG

尚、全てをずらずらと書くと長くなりそうなので、何回かに分けてのレポートとなります。

今回は第1回として、SONYが出品していた製品概要をお届けしたいと思います。

続きを読む


11月のまとめ [その他]

関東地方は日に日に寒くなって来ましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

今月も月初恒例の11月のまとめ記事からスタートです。

早速ですが、11月の人気記事ベスト5の発表です。尚、11月は同率2位だった為、3位は有りませんので悪しからず。

●第5位
SONY、撤退を決めた東芝のイメージセンサー部門を獲得

イメージセンサー部門からの撤退を決めた東芝から、SONYが製造ライン、人を譲り受ける事が決定した事をお伝えした記事となります。

SONYのイメージセンサー部門は、圧倒的な売上規模を持っていますが、更にその体制を盤石にするものになります。

本文でも触れましたが、モバイル機器向けのイメージセンサーは今後縮小が決まりましたが、今後はセキュリティー分野や車載カメラ市場の需要が見込めます。

しかも、国交省が車のサイドミラーに代わりカメラを搭載する事を認可し、2016年6月から許可されるのでSONYの追い風になるかもしれません。

●第4位
SONY、Xperia用独自プロセッサー自社開発の噂

台湾のデジタルガジェットサイトが、SOINYがXperia用独自アプリケーションプロセッサーの開発を検討している事を報じた事をお伝えした記事となります。

ARM系プロセッサーといえ、Android OSに最適化した自前プロセッサーを開発する事は他社との差別化を図れますし、充分アドバンテージになると思いますが、プロセッサー開発には莫大な資金がかかりますから、体力の有る内に事業を開始しなきゃですね…。

●第2位
Xperia Z4 Tablet/SO-05GレビューVol.5~音楽再生機能編~

ソニモバさんからお借りしていたXperia Z4 Tablet『SO-05G』の音楽機能のレビュー記事となります。

スマホの内蔵スピーカーで音楽を楽しむのはちょっと厳しいですが、タブレットではその可能性が広がるのではないか?と思わされる端末でした。

●第2位
Xperia Z4 Tablet/SO-05GレビューVol.6~TV機能編~

音楽機能のレビューに続き、『SO-05G』のTV機能に関するレビューが、奇しくも同率2位となりました。

画質だけでなく、機能的にも進化しているのに驚きました。逆説的ですが、Xperia Tabletに搭載されているTV機能がこれだけ優れているという事は、Android搭載BRAVIAも期待出来るのでは?と思わされました。

●第1位
SONY、Cyber-Shot『RX1RII』を国内発売

サイバーショットの最上位機種『DSC-RX1RM2』の発売をご紹介した記事となります。

ローパスフィルターのオン/オフが可能なのに驚かされましたが、コンデジで43万円というお値段にも驚かされました。

コンデジにこれだけの技術を注ぐ様は、在りし日のSONYを彷彿とさせ、非常に交換が持てます。

と、こんな感じで、11月は相変わらずXperia関連やデジカメ関連の記事が人気となりました。こうした事から、イメージセンサーや赤字でもソニモバを切り捨て無いSONYの方針は間違っていないと思います。

今月は、InterBEEのレポートの続きとかをゆっくり書いていこうかと思っています。ところで、今年はBDレコの新製品の発表が無いですね…。最上位機種だった『BDZ-EX3000』はディスコンになっていますし、フラグシップモデル不在の展開となっています。

まさか、4Kへのシフトに伴い、BDレコには最上位機種を据えないつもりなんですかね?それならそれで、UHD-BD対応BDレコの投入を行って欲しいんですが…。




メッセージを送る