So-net無料ブログ作成

米Sony Pictures Television、日本アニメ配給の米Funimationを買収 [その他]

ソニピの米子会社であるSony Pictures Television Networks(SPTN)は、米国で日本アニメの配給・配信事業を行なう米Funimation Productions(Funimation)の株式の大部分を、約1億5,000万米ドル(約165億円)の評価額で取得する事で合意しました。

Sony_Pictures_Television_01.jpg

取引完了は、関係当局の承認及び許可の取得等を条件としています。

尚、Funimation CEOの福永元氏は、同社の少数株主としてCEO職を継続します。

SPTNは、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPE)傘下で、世界10億以上の世帯にエンタテイメント番組を配信するテレビチャンネルを運営。「ANIMAX」や「AXN」等のテレビチャンネル、デジタルチャンネルを保有しています。

Funimationは、米国における日本のアニメコンテンツのライセンス管理や配給事業を手がけ、「ドラゴンボールZ」や「進撃の巨人」等の人気コンテンツを含む10,000時間を超えるアニメコンテンツと450以上のタイトルの権利を保有する、北米ナンバー1の英語でのアニメ配信会社となります。

PlayStation StoreやiTunes Store、モバイル向けの定額配信サービス「FunimationNOW」の運営、関連商品・DVDの販売などを行なっています。

Sony Pictures Television, Worldwide Networks Presidentのアンディ・カプラン氏は「Funimationの買収により、同社のIPとANIMAX、KIDS STATIONのIPと合わせ、あらゆるスクリーンやプラットフォームを通して世界中のアニメファンに最高のコンテンツを提供可能になる」とコメントしています。

先日、Netflixは国内でのオリジナルアニメ作品ラインナップ発表会を行い、国内だけでなく日本のアニメIPを世界に配信する事などを発表しましたが、ここに来て日本アニメIPの世界的な権利獲得がヒートアップして来た様ですね。

確かに、ハリウッドも興行収入が良いのはマーベル原作やピクサーのアニメ、「美女と野獣」の様なディズニーアニメの実写化ですから、複合的にアニメIPを獲得するというのはグローバル転回の経営戦略になるのかもしれません。

■プレスリリース(PDF)
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/IR/news/20170801_J.pdf




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る