So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、民生カメラ初となる「α7SII」による船外4K宇宙撮影に成功 [Cyber-shot/α]

SONYは、ミラーレスα「α7S II」が、民生用カメラとして世界で初となる国際宇宙ステーション(ISS)の船外で4K映像の撮影に成功したと発表しました。

α7SII_01.jpg

また、SONYは27日その映像を4Kで公開しています。

α7SIIは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が実施したカメラの検証試験の結果、高真空・宇宙放射線・急激な温度変化など、宇宙の過酷な環境に耐えうる耐久性と信頼性を持つと評価されました。

その結果、ISSの「きぼう」日本実験棟に設置される、新たな船外プラットフォーム用カメラシステムの内蔵カメラとして採用されました。

α7SII_on_the_ISS.jpg
↑「きぼう」の船外実験プラットフォームに設置された

種子島宇宙センターから2016年12月9日に打ち上げられた、ISS補給機「こうのとり」6号機で宇宙に運ばれ、2017年2月8日に「きぼう」の船外実験プラットフォームに設置。現在も、約90分ごとに地球を1周しながら、約400kmの上空で4K映像や静止画の撮影を行なっています。

今回公開された映像は、ISSから見える日本列島の昼と夜の姿で、雪に覆われた峰々の凹凸や、大都市圏の街明かり、色調の違いまでが鮮明に捉えられています。

SONYでは、「高感度性能をもち、高解像度4K動画記録が可能なα7S IIだからこそ捉える事が出来たもの」と説明しています。装着レンズはFE PZ 28-135mm F4 G OSSとの事。

宇宙空間の様な低光量環境でも、ノイズを抑えたクリアな高画質撮影がカメラである為、「例えば、宇宙から見る夜の地球等、これまで撮影が難しかった場面や、「こうのとり」等の補給機がISSに近づくシーン等でも、鮮明な4K映像で記録する事が期待されている」としています。

α7SIIは、35mmフルサイズ Exmor CMOSセンサーを搭載したミラーレスで、ISO 409600の高感度撮影が可能。広いダイナミックレンジに加え、光学式5軸手ブレ補正機能、画素加算の無い全画素読み出しによる4K動画を本体内に記録する機能も備えています。

ハウジングを装着しているでしょうけど、宇宙放射線や急激な温度変化に耐えられるというのは凄いですし、最高の宣伝になりますよね。

確かに、業務用カメラでISO409600なんていうカメラは有りませんから、白羽の矢が立つのは当然ですが…。

ところで、アップされたオフィシャル映像に、地名等をオーバーレイしているお陰でGoogle MAPみたいになっちゃってます…。地名はいりませんでしたね…。

■プレスリリース
国際宇宙ステーション船外で、フルサイズミラーレス一眼カメラ『α7S II』が民生用カメラとして世界初となる4K映像の撮影に成功
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201707/17-068/index.html

■α7S II:ISS船外から世界初の4K撮影 –日本列島–(YouTube SONYオフィシャルアカウント)
https://www.youtube.com/watch?v=0Vyz0a4bWWg




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る