So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、FES Watchの新モデル「FES Watch U」発売 [その他ハードウェア]

SONYは、電子ペーパー採用腕時計の新モデルFES Watch U『FES-WA1』を6月12日より発売開始しました。

FESWatchU_01.jpg

3種類のカラバリを用意し、価格はPremium Black(B)が6万円、Silver(S)とWhite(W)が各46,000円となっています。

FES WatchはSONYの新規事業創出プログラム「Seed Acceleration Program(SAP)」から生まれ、本モデルは2015年11月に発売された「FES Watch」に続く電子ペーパー採用腕時計の第2弾モデルとなります。

文字盤だけでなくベルト部分にも省電力のモノクロ電子ペーパーを採用し、服装やシーンに合わせて、時計全体の柄を変えて楽しめるのが特徴となります。側面のボタンを押すとデザインが切り替わります。

新モデルのFES Watch Uは、スマホとの連携にも新たに対応。Bluetooth 4.1 LE(Low Energy)接続により、スマホでダウンロードしたデザインを時計に転送する事で、より多くのパターンの柄を利用可能。

専用アプリ「FES Closet」を使って、様々なクリエイターがFES Watch U向けに制作した「TOKYO MONOCHROME COLLECTION」のデザインを無料でダウンロードして利用可能となります。

FES-WA1_02.jpg
FES-WA1_03.jpg
↑プリインストールのデザイン

TOKYO MONOCHROME COLLECTIONの参加クリエイターは、6月時点で7名が発表。アートディレクターの井上嗣也、ANREALAGEデザイナーの森永邦彦、書道家の書道家 万美(Calligrapher Mami)、イラストレーターの長場雄、エドツワキ、JULIUSデザイナーの堀川達郎、FULL BKデザイナーのDJ DARUMA。

当初は8種類のデザインからスタート。12月までに10名のクリエイターが参加予定で、新たなデザインも順次追加されます。

更に、スマホのカメラで撮影した写真やライブラリ内の画像をFES Watch Uの形に合わせて切り出し、オリジナルのデザインを作る事も可能。スマホ用アプリの対応OSはiOS 9以上とAndroid 5.0以上。独自プロファイルを採用しています。

FES-WA1_07.jpg

3モデルとも機能は共通ですが、Premium Blackモデルは使用する素材を変更して質感を高めているのが特徴となります。風防の部分に反射加工を施したサファイアガラスを採用し、強度を向上した他、高い透明度によりデザインを引き立たせるとしています。

ブラックの部分にはチタン加工物をコーティングしたイオンプレーティング処理を行ない、ファッション性と耐傷性の高さを両立。Silver/Whiteはミネラルガラスを採用します。

FES-WA1_04.jpg
↑側面

FES-WA1_05.jpg
↑背面

ディスプレイはアクティブマトリクス型フレキシブル電子ペーパー。IPX5/IPX7防水に対応する。ケースの外形寸法は43×12(直径×厚さ)mm、ベルト幅は23.5mm。ケース材質はステンレス鋼のSUS316。ベルト材質は表面がシリコン、裏面がポリウレタンエラストマー。重量は75gとなります。

リチウムイオン電池を内蔵し、連続動作時間は約2週間(通常モード時)。充電クレードルが付属し、充電時間は約2.5時間。精度は平均月差±30秒となります。

FES-WA1_06.jpg
↑クレードル装着時

FES Watch Uは昨年8月からFirst Flightで先行発売されていましたが、今回は一般販売となります。

クラウドファウンディングだけでなく、一般発売に至ったという事はそれなりに人気なんですかね?個人的にはwena wristの方が好みなんですが…。

■First Floight>FES watch U
https://first-flight.sony.com/pj/feswatch-u




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る