So-net無料ブログ作成

SONY、4K Handycam連携やSQV対応BDレコの新モデル5モデル発売 [BD/HDDレコーダー/VTR]

SONYは、BDレコの新製品『BDZ-ZT3500』など5モデルを発売すると発表しました。

BDZ-ZT3500_01.jpg
↑最上位モデル『BDZ-ZT3500』(但し他モデルも筐体は同じ)

発売日は6月24日より順次発売。

販売予想価格は、3TB HDD内蔵の『BDZ-ZT3500』が10万円前後、2TB『BDZ-ZT2500』が83,000円前後、1TB『BDZ-ZT1500』が7万円前後で、いずれも地上/BS/110度CSデジタル3チューナを搭載し、7月8日に発売。

2チューナモデルは、1TBの『BDZ-ZW1500』が6万円前後、500GB『BDZ-ZW550』が5万円前後で、6月24日より発売となります。

SONYの4K BRAVIAやハンディカムとの連携を強化した新たなスタンダードモデルと位置づけ。HDD容量とチューナ数以外の主な機能は5機種共通で、従来モデルの『BDZ-ZT2000/ZT1000/ZW1000/ZW500』からの機能強化として、4KハンディカムからのMP4動画取り込みに対応した他、ハイレゾ音源の再生や、高音質化機能のDSEE HXに対応。

SeeQVault対応HDDへの直接録画やバックアップも可能になりました。更に、録画や視聴のパフォーマンス向上など操作性も向上。尚、UHD BDの再生は非対応となっています。

SONYの調査では、4Kハンディカムユーザーの3割が、「4K映像をディスクに保存したい」という意向を持っているとの事。新モデルでは、レコーダに取り込んでフルHD AVCHDなど共に一括管理、4K BRAVIAに表示したり、データディスクとしてBDにバックアップするといった用途を提案しています。

BDZ-ZT3500_07.jpg

取り込んだ4K動画をレコーダで再生する場合は、ジャンル別リストで2Kと4Kを一括表示。「日付まとめ表示」により目的の動画を探しやすくしています。

また、レコーダから4K BRAVIAへ入力する際に、レコーダでは4Kへのアップコンバートをせず、BRAVIA側で2Kから4Kへ変換する事で最適な画質が得られるという「4Kブラビアモード」を従来モデルから引き続き搭載しています。

BRAVIAの機能強化に伴い、操作面の連携も向上。2017年モデルのBRAVIAは、進化した音声検索により、多様な自然言語に対応。例えば「今週の◯◯が出ている番組を録画したい」の様に、キーワードだけでなく「時制(いつ)」、「アクション(録画/再生)」の要素にも対応。

SONY独自の音声解析技術を用いた音声予約や絞込検索機能を新搭載しています。同一ホームネットワーク内にBRAVIAとレコーダを接続する事で、音声検索で表示された候補番組を、レコーダに録画予約可能。尚、この場合はBRAVIAから他社製レコーダは選択出来ません。

USB HDDの増設も可能で、SeeQVault(SQV)対応HDDもサポート。レコーダに機器登録する事で、HDDへの直接録画、おでかけ転送ファイル生成、再生、編集、ダビング、DLNA配信が、外付けHDDと同様に行なえます。

BDZ-ZT3500_04.jpg

寝室用などにもう1台レコーダを買い増しした場合も、同じくSONY製のSQV対応機種であれば、機器登録不要で再生や編集(削除のみ)、ダビングが可能となります。

PCで購入したハイレゾ音源を、ホームネットワーク経由でレコーダのHDDにコピーして再生する事も可能。ハイレゾは最大192kHz/24bitのリニアPCM(WAV)やFLACに対応する他、AAC/MP3も再生可能。CDやDTS-CD再生も可能。テレビ放送のAACなど、ハイレゾではない音源をハイレゾ相当にアップスケーリングするDSEE HXにも新たに対応しています。

BDZ-ZT3500_06.jpg
↑ハイレゾ音源もホームネットワーク経由でローカルに移動して再生可能

音楽再生向けに、アーティスト別の絞り込み表示にも対応。PCで取得した音楽情報を元に、聴きたい楽曲を探しやすくなっています。

自動録画の「おまかせ・まる録」も引き続き搭載。データベースを最新版に更新しています。「トリプルおまかせチャプター『ZT3500/2500/1500』」、「Wおまかせチャプター『ZW1500/550』」にもそれぞれ対応。また、他のSONY製レコ(nasneは対象外)で人気の番組が分かる予約ランキング機能は、従来は10位までの表示でしたが、最大20位まで拡大。番組名予約にも対応し、特番などで放送時間が変わってても追従して録画されます。

編集機能も改善。チャプター編集の他、前モデルの『BZT2000』等ではオミットされていたた、タイトル結合/分割やプレイリスト機能が、新モデルにおいて復活しました。

番組表や録画リストなど基本操作のユーザビリティを向上。番組表を表示する際に、放送画面の下に表示される簡易番組表や、放送波選択画面を省略し、直接全画面で番組表を見られる様にしています。また、録画リストのスクロール速度も向上しているとの事。

上記の機能強化の内、SQV対応(直接録画/バックアップ)と、編集のタイトル結合/分割/プレイリスト、パフォーマンス向上については、2016年モデルにおいてもアップデートにより対応予定。アップデート時期は7月中を予定しているとの事です。

無線LANとLAN端子を備え、Android/iOS向けアプリ「Video & TV SideView」と連携可能。スマホなどから宅内外で放送中/録画番組の視聴、録画予約、録画した番組の転送/持ち出し等が出来ます。スマホの接続は同時に2台迄との事。

本体は、BRAVIAの2017年モデルと同様に「Slice of Living」デザインで統一。BRAVIAのスタンドとレコーダの下段の色相も合わせています。

BDZ-ZT3500_02.jpg
↑本体下部とBRAVIAのスタンド部分の色あいを合わせている

HDMI出力端子は1系統で、4K/30P、24P出力対応。入力端子はコンポジット×1、アナログ音声×1。USBは前面と背面に各1系統備え、背面はUSB 3.0対応。

BDZ-ZT3500_03.jpg
↑背面

外形寸法は430.7×208.6×43.9(幅×奥行き×高さ)mmで共通。重量は、ZT3500/ZT2500が約2.9kg、ZT2500/ZW1500/ZW550が約2.7kgとなります。

BDZ-ZT3500_05.jpg
↑付属リモコン

消費電力と年間消費電力量は、ZT3500が28W、約26kW/年。ZT2500が27W、約24.5kWh/年。ZT1500が27W、約24.5kWh/年。ZW1500が25W、約24kWh/年。ZW550が25W、約24kWh/年となります。

4Kハンディカム動画取り込み対応。SQV対応。ローカルHDDにコピーしてのハイレゾ再生等前モデルからかなり進化しましたね。録画番組の分割・結合も復活しましたし、かなり魅力的な製品だと思います。

ただ、早見がx1.3だというのが残念なのと、これでUHD BD再生対応だったら即買いだったんですが…という印象です。

■プレスリリース
4Kハンディカム[レジスタードトレードマーク]の動画取りこみや、外付けハードディスクの利便性を高める「SeeQVault[トレードマーク]」対応など
さらに機能を拡充したブルーレイディスク[トレードマーク]レコーダー全5機種発売
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201705/17-0531/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る