So-net無料ブログ作成

SONY、Blutooth搭載CDラジオ『ZS-RS81BT』発売 [コンポ/ホームオーディオ]

SONYは、Bluetooth搭載のCDラジオ『ZS-RS81BT』を発売すると発表しました。

ZS-RS81BT_01.jpg

発売日は5月27日。

販売予想価格は14,000円前後。カラーはブラック(B)のみとなります。

BluetoothとUSBメモリ/SDカード再生にも対応したCDラジオ。2015年に発売し、1万円以上のモデルのなかでシェア約30%(全モデル内で約5%)を獲得したという『ZS-RS80BT』の後継機となります。

従来モデルと同様にワイドFM対応のAM/FMラジオを内蔵し、新たにワイドFM放送局の表記を拡大したのが変更点となります。それ以外の主な仕様は継承。従来モデルから再生速度調整/A-Bリピート/イージーサーチ機能を継承し、語学学習にも適したモデルとしています。

NFC対応のスマホとワンタッチでBluetoothペアリングして、スマホの音楽をワイヤレスで受信/再生可能。ステレオスピーカーを内蔵し、ユニットは8cm径のフルレンジ2基、アンプ出力は2W×2ch。低音を増強する「MEGA BASS」機能を搭載します。

ワイドFM(FM補完放送)対応のAM/FMラジオを搭載。3局までのラジオ登録ボタンを装備。10件までのラジオの予約録音(USB/SD)が行なえます。

音楽CDや、MP3/WMAを収録したCD-R/RW、USBメモリ/SDカード内のMP3/WMA/AACを再生可能。音楽CDからUSBメモリ/SDカードに2倍速で録音する事も可能。録音フォーマットは128kbpsのMP3となります。

本体上部に、持ち運び用のハンドルを装備。電源はACアダプタまたは単2電池6本を使用。外形寸法は約320×215×133(幅×奥行き×高さ)mmとなっています。

スペック的にはRS80BTと同じなので、単純に新モデルとして発売する事で、販売価格を維持しようとしたマイナーチェンジモデルとなります。

CDラジオとしての機能は網羅しているのでこれ以上スペックが向上するとも思えませんが、それだけ完成された製品だとも言えます。

高年層や、自分の端末を持っていない小学生等は語学学習となると、スマホやタブレットは使えず、未だにCDが主体ですからCDラジオに一定の需要が有るんでしょうね。

■SONY商品情報・ストア>ラジオ/CDラジオ・ラジカセ>ZS-RS81BT
http://www.sony.jp/radio/products/ZS-RS81BT/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る