So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、スタンダード4K BRAVIA「X8500E」、「X8000E」シリーズ発売 [BRAVIA/WEGA/その他TV]

SONYは、4K BRAVIAのHDR対応スタンダードシリーズとして、HDR X1チップ搭載で75/65/55型の「X8500E」シリーズと、49/43型の「X8000E」シリーズを発売すると発表しました。

KJ-65X8500E_01.jpg
↑65型『KJ-65X8500E』

発売日は6月10日より順次発売。

販売予想価格は17万円~60万円前後。

X8500Eシリーズは、映像プロセッサ「HDR X1」を搭載。また、BRAVIAで75型の大画面までラインナップしています。6月10日に発売し、販売想価格は、75型『KJ-75X8500E』が60万円前後、65型の『KJ-65X8500E』が37万円前後、55型の『KJ-55X8500E』が28万円前後。

X8000Eシリーズは、49型『KJ-49X8000E』と43型『KJ-43X8000E』の2モデル展開で、カラバリはブラックとシルバーの2色が選択可能。6月24日に発売し、販売予想価格は49型が21万円前後、43型が17万円前後となっています。

KJ-49X8000E_01.jpg
↑49型『KJ-49X8000E』

いずれも3,840×2,160pixの4K液晶パネルを搭載。UHD BDなどで採用されるHDR映像信号入力に対応し、HDR方式は「HDR10」と、4K HDR放送の「Hybrid Log Gamma(HLG)」をサポートします。

上位機のX8500Eシリーズと、X8000Eシリーズの主な違いは、高画質プロセッサの「HDR X1」が省かれた点。またX8000Eシリーズは、液晶パネルが120Hz倍速非対応となり、残像低減技術の「モーションフローXR240」も省略されています。

但し、X8500E/X8000Eシリーズともに、SONYの長年のノウハウを集約した「4K X-Reality PRO」を搭載。データベース超解像やノイズ低減により、2K/4K映像を高画質に4K化します。両シリーズとも、LEDバックライトの部分駆動には非対応となります。

画質やデザイン以外の主な仕様は、X8500EとX8000Eシリーズでほぼ共通。チューナはスカパー! プレミアムサービス×1と、地上/BS/110度CSデジタル×2で、別売のUSB HDDを追加して裏番組録画に対応します。EthernetとIEEE 802.11ac/a/b/g/n無線LAN、Bluetoothを備えており、映像配信サービス視聴やスマホ連携(Video & TV SideView)が行なえます。

スピーカーはフルレンジ×2。出力は10W×2chで、デジタルアンプの「S-Master」を搭載。サラウンド技術の「S-Forceフロントサラウンド」や、AACなどの圧縮音源を補間して高音質化する「DSEE」も備えています。

OSはAndroid TVで、映像/音楽配信サービスや写真やゲームアプリ、検索等に対応。Google Playからのアプリダウンロードや、Chromecast built-inによるスマホからのコンテンツ出力操作に対応します。

以前ご紹介した、A1シリーズX9500E/9000Eシリーズ同様、Android TVは最新バージョン(Android TV 7.0)にアップデートされ、Android TV表示画面にテレビ放送等の小画面表示が行なえる様になった他、タスク切換機能も追加。

また、テレビやHDMI入力などの画面を表示しながら、オーバレイする形でAndroid TVの設定を行なえる様になっています。番組表の拡大、縮小にも対応。

Netflixや、ひかりTV、Hulu、Amazonビデオ、dTV、YouTube、DAZN、スポナビライブ、AbemaTVなどの映像配信サービスに対応。Google Play Movieにも対応し、リモコンに専用ボタンを備えています。

こちらもA1シリーズ等と同様、新たに「かんたんメニュー」も追加。番組を見ながら画面下に表示したUIを確認し、番組表の起動やHDMI入力切替が可能。「チャンネルポン」にも対応し、リモコンの局ボタン(8chなど)を押すだけで、テレビが起動し、そのチャンネル(8ch)がすぐに見られる様に改善されています。

HDMI入力は4系統で、HDMI 2/3が4K/60p 4:4:4対応。コンポーネント映像入力×1や、コンポジットビデオ入力×2、光デジタル音声出力×1、ヘッドフォン出力×1(サブウーファ兼用)などを装備。

X8500Eシリーズの消費電力は、75型が231W、65型が187W、55型が172W。年間消費電力量は75型が191kWh/年、65型が175kWh/年、55型が155kWh/年。スタンドを含む外形寸法/重量は、75型が167.7×28.4×103.2(幅×奥行き×高さ)cm/35.2kg、65型が145.4×26.6×90.5(同)cm/22.1kg、55型が123.2×25.2×77.2(同)cm/19.5kg。

X8000Eシリーズの消費電力は49型が141W、43型が131W。外形寸法/重量は49型が109.6×25.2×69.1(幅×奥行き×高さ)cm/12.9kg、43型が96.4×24.2×61.7(同)cm/10.8kgとなります。

X8000Eは4Kとはいえ43型で17万円っていうのは高く感じますね。『KJ-43X8000E』を買うぐらいなら、24万円の『KJ-49X9000E』を買った方が良いと思います。

付加価値をつける為に4Kパネルを搭載するというのは分かりますが、まだまだ4Kコンテンツが少ない中、ラインナップの殆どを4Kテレビにするのはやり過ぎだと思います…。

■プレスリリース
4K高画質プロセッサー「X1[トレードマーク] Extreme」を搭載し、有機ELも液晶も高画質を実現
映像と音を融合させた『A1』や、ハイレゾ対応の『X9500E』など4Kブラビア[レジスタードトレードマーク]全12機種発売
~さらに使いやすくなった音声検索で、録画やコンテンツ視聴もさらに快適に~
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201705/17-0508/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る