So-net無料ブログ作成

SONY、同社初のUltra HD Blu-rayプレーヤー『UBP-X800』を国内発売 [BD/DVD/LDプレイヤー]

SONYは、米SONYでは今春発売としていた同社初の4K Ultra HD Blu-rayプレーヤー『UBP-X800』を国内で発売すると発表しました。

UBP-X800_02.jpg

発売日は6月24日。

販売予想価格は45,000円前後となっています。

UHD BDの4K/HDR映像再生に対応。ドライブはソニーが開発した「Precision HDドライブ」で、UHD BD/BD、DVDビデオに加え、SACDやDVDオーディオの再生もサポートします。

UBP-X800_03.png
↑Precision HDドライブ

音質を重視したシャーシ設計を行ない、縦方向に溝を入れ。Beamをつける事で剛性を高めた「FBシャーシ」を搭載。

UBP-X800_03.jpg
↑FBシャーシ

HDR非対応のテレビやプロジェクタに、HDRテイストで4K出力できる「SDR→HDR変換」機能も搭載。SPE協力のもと変換アルゴリズムを開発し、テレビの輝度に合わせて5段階、プロジェクタの場合は10段階で効果を選択可能。

映像配信サービスもサポート。Netflixなどの4Kストリーミング配信も表示出来、SDやHDコンテンツを4Kにアップスケーリング可能。YouTube、Netflix、Amazonビデオの4K出力に対応しています。

ネットワークプレーヤーやUSBメモリ内の音楽再生機能を装備。ハイレゾ音楽再生もサポートしており、PCM(WAV/FLAC/Apple Lossless/AIFF)は192kHz/24bit、DSDは11.2MHzまでの再生が可能。アプリ「Music Center」(旧Song Pal)による操作が行なえます。音楽CDやMP3などの信号を96kHz/24bitにアップサンプリングして再生する「DSEE HX」も搭載しています。

Bluetooth送信機も備え、高音質コーデックの「LDAC」もサポート。リビングのテレビとスピーカーで同時に音声出力可能。無線LANはMIMO対応。アプリ「Video & TV SideView」によるビデオ操作に加え、新アプリの「Sony | Music Center」により音楽再生操作も行なえます。

HDMI出力は2系統で、ビデオとオーディオ信号を分離して出力可能。同軸デジタル音声出力も装備すしています。

UBP-X800_04.jpg
↑背面

消費電力は15W(待機時0.35W)。外形寸法は430×265×50(幅×奥行き×高さ)mm、重量は3.8kgとなります。

てっきり、国内ではUHD BDプレイヤー発売は無いと思っていましたが、発売が決まり何よりです。現行の4Kテレビはスカパー!4K対応チューナー内蔵なので、ここ1年以内に発売された4Kテレビと、X800が有れば現状の4Kコンテンツは殆ど試聴可能になりますね。

今後、4K本放送が始まった際は、本放送対応チューナーが無いと試聴出来なくなりますから、その際はUHD BDプレイヤーにチューナー内蔵した製品を発売すれば、一定の需要を見込めるんじゃないでしょうかね?

■プレスリリース
ソニー初のUltra HD ブルーレイプレーヤー発売
4K HDRの美しい映像に加え、次世代音声フォーマットによる臨場感あふれるシアター体験
~ 高音質設計構造により高品位なハイレゾ音源再生を実現~
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201705/17-0508B/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る