So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、4K有機ELパネル搭載BRAVIA A1シリーズ国内発売 [BRAVIA/WEGA/その他TV]

SONYCES2017で発表した有機ELテレビBRAVIA A1EシリーズをBRAVIA A1シリーズとして国内で発売すると発表しました。

KJ-A1_01.jpg

発売日は6月10日となります。65型の『KJ-65A1』と55型『KJ-55A1』を用意。

販売予想価格は65型が80万円前後、55型が50万円前後となります。

BRAVIA初の有機ELテレビで、有機ELの特性を生かした漆黒の表現やコントラスト感等の画質性能に加え、画面そのものが震え、「映像と融合した音」が楽しめる「アコースティックサーフェイス」を採用。スタンドと画面を組み合わせ、映像だけが浮かんで見えるデザインも特徴としています。

KJ-65A1_01.jpg
↑65型『KJ-65A1』

KJ-55A1_01.jpg
↑55型『KJ-55A1』

SONYではBRAVIAの最高画質は、液晶のZ9Dと有機EL A1の2シリーズと位置付けています。「高輝度コントラストや高輝度の階調表現で高画質を実現するZ9Dと、点光源の煌めきや黒の締まり、暗部の階調表現で高画質を実現するA1、とデバイスの特性を活かして、それぞれの特長/能力を最大限引き出している。視聴環境や好みによって最適な表現がありますが、Z9DとA1はそれぞれ方向性での最高画質。A1は音やデザインの斬新な提案はもとより、業界の有機ELテレビの中で最高と言われる画質をめざしている」とコメントしています。

尚、海外で発表している75型については、今秋以降の発売を検討しているとしています。

65/55型のいずれも3,840×2,160pixの有機ELパネルと、HDR対応の高画質プロセッサ「X1 Extreme」を搭載。自発光デバイスである有機ELパネルを活かし、UHD BD等のHDR高画質を引き出すとしています。
KJ-A1_02.jpg
↑X1 Extremeプロセッサー

有機EL向けに、暗部の階調表現などの処理を新たに導入。また、広色域なトリルミナスディスプレイやデータベース超解像を行なう「4K X-Reality Pro」も搭載しています。

HDR信号は、UHD BD等で採用されている「HDR 10」に加え、4K放送で採用される「Hybrid Log Gamma(HLG)」にも対応。またDolby Vision at Homeにも今後のアップデートで対応予定。尚、3Dには非対応となっています。

また、BRAVIA A1は、前面がほぼ映像表示画面となっており、その裏側に映像処理系やサブウーファを内蔵したデザインを採用。画面は5度上方向に傾いており、ローボードや床置きでの映像の見やすさを高めています。
KJ-A1_03.jpg

有機ELによる画質に加え、サウンドもA1の大きな特徴。テレビの画面そのものを振動させる「アコースティックサーフェイス」を搭載。画面を振動板として利用するもので、4基のアクチュエータと1基のサブウーファによる2.1ch構成を採用。総合出力は50Wとなります。

KJ-A1_06.jpg

左右や上下のスピーカーではなく、「画面自体から音が出る」為、自然なリップシンクやセリフの聞こえやすさを実現。「映像のリアリティを向上する」としています。デジタルアンプのS-Masterやフロントサラウンド技術の「S-Force Surround」により、広がりあるサウンドを実現。AACなどの圧縮音源を補間して高音質化する「DSEE」も搭載しています。

KJ-A1_04.jpg
KJ-A1_05.jpg
↑アクチュエータ部とサブウーファー部

チューナは、スカパー! プレミアムサービスチューナ×1と、地上/BS/110度CSデジタル×2。別売の外付けUSB HDDを接続し、番組録画も可能。USB端子×3を装備。EthernetとIEEE 802.11ac/a/b/g/n無線LAN、Bluetoothを備えており、映像配信サービスの視聴やスマホ連携(Video & TV SideView)が行なえます。

OSはAndroid TVで、映像/音楽配信サービスや写真やゲームアプリ、検索などに対応。Google Playからのアプリダウンロードや、Chromecast built-inによるスマホからのコンテンツ出力操作に対応します。

Android TVは最新バージョン(Android TV 7.0)にアップデートされ、Android TV表示画面にテレビ放送等の小画面表示が行なえる様になった他、タスク切換機能も追加。また、テレビやHDMI入力などの画面を表示しながら、設定画面をオーバレイしてAndroid TVの設定が行なえます。番組表の拡大、縮小にも対応しました。

KJ-A1_07.jpg
↑小画面表示やタスク切り替えにも対応

Netflixや、ひかりTV、Hulu、Amazonビデオ、dTV、YouTube、DAZN、スポナビライブ、AbemaTVなどの映像配信サービスに対応。Google Play Movieにも対応し、リモコンに専用ボタンを備えています。

録画やYouTubeなどのネットサービス、好みの番組ジャンルなどに、ワンボタンでアクセスできる「番組チェック」にも対応。新たに「かんたんメニュー」も追加。番組を見ながら画面下に表示したUIを確認し、番組表の起動やHDMI入力切替が行なえます。

また、これまでのAndroid TV対応BRAVIAでは、電源OFF時にリモコンの局ボタン(8chなど)を押しても、テレビは起動しませんでしたが、新BRAVIAでは見たい局のボタンを押すだけで、テレビが起動し、選局も行なう「チャンネルポン」に対応。例えば、8chボタンを押せば、電源が起動し、8ch(フジテレビ)がすぐに表示されます。

リモコンは音声操作対応で、録画番組検索やYouTubeの検索などが可能。SONY独自の音声解説技術により、音声予約や絞込み検索機能を新搭載し、時制(いつ)×キーワード(何を)×アクション(録画/再生)による、操作に対応。例えば、「今週末のお笑い番組を予約」といった文章で、録画予約が行なえる様になります。

HDMI入力は4系統で、HDMI2/3入力が4K/60P 4:4:4対応。コンポジットビデオ入力×1、光デジタル音声出力×1、ヘッドフォン出力×1(サブウーファ兼用)などを装備。消費電力は65型が490W、55型が370W。年間消費電力量は65型が234kWh/年、55型が226kWh/年。

スタンドを含む外形寸法は65型が145.1×33.9×83.2(幅×奥行き×高さ)cm、55型が122.8×33.9×71.0(同)cm。重量は65型が36.2kg、55型が28.8kgとなります。

SONYとしても約10年ぶり、BRABVIAブランドでは初となる有機ELテレビという事で、ニュース番組でも取り上げられていましたが、価格だけ報道されても一般ユーザーは「高い」としか思わないでしょうね…。

テレビが大型化するに連れて、スピーカー位置の問題はつきまとって来ていましたが、テレビの画面そのものを振動させる「アコースティックサーフェイス」というアイディアは有機ELパネルだからこそ可能ですし、良いアイディアだと思います。

そもそも、映画館の音響は、LCRはスクリーン裏から出ている訳ですし、劇場のマルチサラウンドの定位をそのままホームサラウンドに縮小すれば良いというのはより、制作者サイドの意図する音作りの再現になります。

また、4K/60Pの4:4:4入力対応とか、チャンネルポン機能やタスク切り替え対応等4K BRVIAの不満点を解消する機能改善を行っていますから、50万円という価格にも納得出来ます。

一昔前は、マニアじゃなくてもカタログスペックを比較してのAV機器購入なんて当たり前だったんですが、最近はAV機器の購入は価格優先という方が殆どですし、しょうがないって言えばしょうがないんですが…。

ところで、米国ではCES発表時と同じA1Eシリーズとして発売する様ですが、なんで国内ではA1にしたんですかね?

個人的には超欲しい製品です。

■プレスリリース
4K高画質プロセッサー「X1[トレードマーク] Extreme」を搭載し、有機ELも液晶も高画質を実現
映像と音を融合させた『A1』や、ハイレゾ対応の『X9500E』など4Kブラビア[レジスタードトレードマーク]全12機種発売
~さらに使いやすくなった音声検索で、録画やコンテンツ視聴もさらに快適に~
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201705/17-0508/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

メッセージを送る