So-net無料ブログ作成

SMC、小型プロジェクタ「Xperia Touch(G1109)」発売 [携帯/スマホアクセサリ]

ソニモバは、MWC2017で発表した、壁や床に投写した映像を指でタッチして操作できるAndroidベースの小型プロジェクタ「Xperia Touch(G1109)」を発売すると発表しました。

G1109_01.jpg

6月9日から予約受付開始し、6月24日より順次商品が届くとの事。

ソニーストアでの販売価格は149,880円。販売はソニーストアに加え、家電量販店でも行なうとの事です。

SXRD方式の小型プロジェクタ。素子は0.37型で、解像度は1,366×768pix。超短焦点レンズを備え、壁にピッタリと付けて設置して約23型、そこから少し離していって最大80型までの映像が投写可能。

G1109_05.jpg
↑SONY独自技術によるポータブル超短焦点プロジェクタ

光束は100ルーメン、光源はレーザーダイオードを使用。コントラストは最大4,000:1となっています。

加速度センサーを備えており、壁だけでなく、床への映写も可能。本体を配置した向きに合わせて、壁と床への投写は自動的に切り替わります。映写する壁との距離を測るセンサーも備えており、映写時のレンズはオートフォーカスで調整します。

Xperia_Touch_03.jpg
↑使用イメージ

最大の特徴は、赤外線と1,300万画素のイメージセンサーを搭載している点となります。床に映写した際に、23型の映写映像全体をカバーする様に赤外線を照射。映写した映像の上に指を置くと、その赤外線を指が反射する事になりますが、イメージセンサーも組み合わせてそれを読み取り、投写した映像の何処に指があるのかをXperia Touchが判断します。

スマホやタブレットのアプリを指でタッチした時と同じ様に、床に映写した映像をタッチして、様々な操作が可能となります。

G1109_02.jpg
↑Xperia Touchの正面。上から電源ボタン、ビデオチャット用カメラ、人感センサー、照度センサー、ボリュームキー、入力切り替えキー、NFCマーク、マイクを配置

読み取りの頻度は毎秒60フレームと細かく、遅延のないタッチ操作を実現。更に、最大10点のマルチタッチに対応する為、複数人での同時操作が可能となっています。

使用イメージとして、地図をテーブルに表示して複数人で見て、指で操作したり、アイスホッケーの様なゲームを2人でプレイ、ピアノ演奏アプリを両手で演奏、ドラムアプリを叩いて演奏といった事が可能です。

Xperia_Touch_02.jpg
↑テーブルにホーム画面を映写したところ

また、子供が指でお絵かきをしたり、数字を書き込むと計算してくれるアプリ、線を描くとそこを線路として電車が走る、といった知育アプリの利用も提案。

G1109_05.jpeg
↑知育アプリ等の利用も提案

壁への投写では、Googleカレンダーや時計、写真などを投写できる他、メモアプリなどを使い、子供のメッセージを登録し、仕事から帰宅したお父さんがそれを見るといった使い方も可能。

人感センサーも備えており、約2m範囲に人間が近づくと自動的に壁に投写をするといった事も可能。「ハイ、エクスペリア」と話しかけて、天気予報やニュースといった情報を表示させる事も可能。Google Nowにも対応します。

G1109_03.jpg
↑壁にメッセージ等を映写したところ

Android 7.0を採用している為、こうしたアプリは自由に追加可能。但し、全てのアプリには対応しておらず、主にタブレット向けの横向き表示に対応したアプリが使いやすいとしています。

スマホ向けの縦向きアプリも利用可能ですが、その際は画面がプロジェクタに対して横向きに表示される為、プロジェクタをユーザーの正面ではなく、横に設置する工夫が必要となります。また、スマホを傾けて操作する様なゲームでは利用出来ません。

また、赤外線とイメージセンサーを使って指の動きを読み取るタッチ機能は、赤外線がカバーする範囲が最小投写の23型の映像範囲のみのカバーとなる為、それ以上に投写映像を大きくした状態では利用出来ません。

通常のプロジェクタの様に、映画などの映像を壁に投写する事も可能。映像配信サービスのアプリを大画面で楽しめる他、Miracastをサポートしており、スマホの映像をXperia Touchに転送して表示する事も可能。背面にHDMI Type Dの入力端子も備えており、DVDプレーヤーなどを接続してその映像を投写する事も出来ます。

更に、PS4のリモートプレイにも対応。大画面でゲームを楽しむ事が可能となっています。

本体には他にも、照度センサー、GPS、地磁気、気圧、気温、湿度センサー、2ウェイのステレオスピーカー、NFC、マイク、ボリュームキーも装備。別途スピーカーを用意せず、音声も再生可能。カメラとマイクを使い、Skypeアプリを用いたビデオチャットも可能となっています。

G1109_04.jpg
↑ビデオチャットの様子

CPUはSnapdragon 650、メモリは3GB。ストレージメモリは32GBで、microSDXCカードスロットも装備。236GBまでのカードが利用可能。背面には給電、データ転送用のUSB Type-C端子も装備しています。

バッテリも搭載し、約1時間の投写が可能。電源はACアダプタを使用。尚、電源を抜いてバッテリで動作する際は、プロジェクタの最大輝度が約50%に自動調整されます。

外形寸法は69×134×143(幅×奥行き×高さ)mmとコンパクトで、重量は932g。USB Type-C端子を備え、ACアダプタ経由で充電しながらの映写も可能となっています。

また、前述の様にタッチ操作は画面が23型の時に限定されますが、赤外線を使わず、イメージセンサーを用いて操作する方法として、ジェスチャー入力への対応も検討中との事。

例えば、プロジェクタの前で特定の手の動きをすると、その動きに合わせた操作が出来るといった事が想定されています。

CPUこそハイエンドでは無いといえ、これだけのセンサーを搭載しているのは将来的な機能の拡張を見据えての事だとは思いますが、そのお陰で15万円とかなりの高額になってしまっていますね…。

基本的な概念はタブレット機能を搭載したプロジェクタといった製品なので、Andoroidタブレット+αぐらいの値段設定じゃないとなかなか売れないと思うんですが…。5万円はさすがに無理でも、せめて10万円を切るぐらいじゃないと厳しいかと思います。

機能的には非常に面白い製品なので、個人的には一世代限りで終わって欲しく無いと思っています。

■プレスリリース(SMC)
壁やテーブルに投写したスクリーンに触れて直感的に操作できるスマートプロダクトXperia[トレードマーク] Touchを発売
~家族や友人と楽しむ新しいコミュニケーションを提案~
http://www.sonymobile.co.jp/company/press/entry/2017/0420_1_smartproducts.html




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る