So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、EXTRA BASSシリーズのBluetoothワイヤレススピーカー3モデル発売 [その他オーディオ関連機器]

SONYは、重低音再生にこだわった「EXTRA BASS」シリーズのポータブルBluetoothスピーカー3モデルを発売すると発表しました。

SRS-XB40_05.jpg

発売日は5月13日。

販売価格は『SRS-XB40』が24,000円前後、『SRS-XB30』が19,000円前後、『SRS-XB20』が13,000円前後となっています。

いずれも一体型のステレオBluetooth 4.2スピーカーで、IPX5防水に対応し、アウトドアなどでも使えるポータブルモデルとなります。迫力のある重低音を再生できるXBシリーズで、新たに中/小音量でも低域を増強できる機能をDSPに搭載したのも特徴となっています。

シリーズ最上位となるXB40には61mm径ユニットを2基搭載。XB30は48mm径ユニット×2、XB20は42mm径ユニット×2。いずれもパッシブラジエータ2基を備え、低域を強化しています。音声コーデックはSBC/AAC/LDACに対応。プロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSPをサポート。

SRS-XB40_06.jpg
↑いずれもパッシブラジエータを2基備える

内蔵アンプ出力は、XB40が32W×2ch、XB30が20W×2ch、XB20は12.5W×2ch。尚、ハイレゾは非対応となります。

本体カラーには、アウトドアや音楽フェスなどのファッションに合わせたグリーンも採用。各モデルのカラバリは、XB40がブラックのみ。XB30がブラック/オレンジレッド/ブルー/グリーンの4色。XB20がブラック/オレンジレッド/ブルー/グレイッシュホワイト/グリーンの5色となります。

SRS-XB40_01.jpg
SRS-XB40_02.jpg
↑SRS-XB40

SRS-XB30_01.jpg
SRS-XB30_02.jpg
↑SRS-XB30

SRS-XB20_01.jpg
SRS-XB20_02.jpg
↑SRS-XB20

3モデル共通のユニークな使い方として、最大10台を連動させて同じ曲を同時に流せる「ワイヤレスパーティーチェーン」に対応。

この機能では、スマホ等の再生機器に最初に接続した1台を親機として、合計10台を連動。XB40/30/20であれば異なる機種でも連携できる為、友人と持ち寄って楽しむという使い方も可能。但し、この機能を利用する際のコーデックはSBCのみとなります。

その他、同モデル2台をワイヤレス接続して同時に音を出す「Speaker Add」機能を利用可能。一体型ステレオスピーカー2台から同じ音を出す「ダブルモード」の他、1台でLチャンネル、もう1台でRチャンネルを出力してセパレートのステレオスピーカーのように使える「ステレオモード」にも対応します。

SRS-XB40_07.jpg
↑Speaker Add機能の利用可能

本体にカラフルなライトも備え、パーティを盛り上げる様な利用にも対応。ライトの色や光り方などはモデルによって異なり、最大12種類の光り方で演出出来ます。XB40はマルチカラーのラインライトとストロボフラッシュ、スピーカーの振動板部分を照らして白く見せるスピーカーライトを搭載。

SRS-XB40_05.jpg
↑モデルによって光り方が異なる

SRS-XB40_04.jpg
↑XB40は縦置きにも対応

XB30はマルチカラーのラインライトとストロボフラッシュ、XB20は本体カラーに合わせたラインライト(ブラック/ホワイトモデルはライトがホワイト、レッド、ブルー、グリーンはそれぞれ本体と同じカラー)を備えます。

SRS-XB30_03.jpg
↑XB30

SRS-XB20_02.jpg
↑XB20

ストロボフラッシュ等が点灯するタイミングは、音楽ファイルに含まれるBPMなどのメタデータと連動。ライトのON/OFF設定は本体ボタンで行なえる他、スマホアプリ「Music Center」でのコントロールも出来ます。

このアプリでは音楽の再生/一時停止といった操作や、イコライジングにも対応。更に、XB40で利用できるアプリ「Fiestable」も用意。ドラムパッドのように音楽に合わせてタッチすると音を出せる機能などを持つ「DJ Control」や、光り方を調整できる「illumination」、「Motion Control」の各機能を使用出来ます。

SRS-XB40_08.jpg
↑Fiestableアプリ

デジタルアンプのS-Masterを内蔵。3機種とも、DSPに新開発の低域増強機能を搭載。中/小音量での周波数のピーク位置とブーストする帯域が可変型になり、ボーカルを際立たせたまま、小音量時にも低域を改善可能としています。これにより、音量をあまり出せない宅内環境等でも音質を向上出来るとしています。

Bluetooth 3.0+EDR対応で、プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSPをサポート。SCMS-Tの著作権保護にも対応。NFCを使って対応スマホとワンタッチでペアリングも出来ます。

本体ボタンで、ペアリングしたスマホなどの曲送り/戻しや、再生/一時停止などの操作も可能。ボイスガイダンス機能も備え、ペアリングの状態や、バッテリの残量などを音声で確認出来ます。

SRS-XB40_09.jpg
↑本体ボタンでスマホ等の再生や曲送りが可能(画像はXB40のもの)

内蔵バッテリでの連続使用時間は、XB40とXB30がそれぞれ約24時間、XB20が約12時間。XB40/30は、スマホの充電も行なえます。

外形寸法と重量は、XB40が約279×105×100(幅×奥行き×高さ)mm、約1,500g、XB30が約228×86×82(同)mm、約980g、XB20が約198×69×68(同)mm、約590gとなります。

尚、各モデルとも充電用USB端子の他、アナログ入力端子も備えています。

SRS-XB40_03.jpg
↑XB40の背面

SRS-XB30_04.jpg
↑XB30の背面

SRS-XB20_04.jpg
↑XB20の背面

海外市場では、この手のパリピ仕様のワイヤレススピーカーは大型のものが発売されていますが、さすがに国内では大型スピーカーを持ち寄ってパーティーをする様なシチュエーションが有りませんからね…。

ラインライトやストロボフラッシュをポータブルスピーカーに搭載したのは良いアイディアかもしれませんね。既存のポータブルスピーカーとの差別化にもなりますし。

■プレスリリース
様々な場所に持ち出してスマートフォンの音楽を迫力の重低音で楽しめるEXTRA BASS[トレードマーク]シリーズ
豊富なカラーと防水性能を備えたワイヤレスポータブルスピーカー4機種発売
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201704/17-0419/?s_pid=jp_top_PRESS_20170419_01_PRESS




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る