So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、LEDフリッカーを抑えてHDR撮影可能な車載CMOSセンサーサンプル出荷開始 [テクノロジー]

SONYは、LED標識や信号機などの撮影時に起こるLEDフリッカーを抑えながら、HDR撮影が行なえる車載カメラ向けCMOSイメージセンサー『IMX390CQV』を5月からサンプル出荷すると発表しました。

IMX390CQV_01.jpg

サンプル価格は5,000円。

量産出荷時期は2018年3月を予定しているとの事です。

車載カメラ向けの1/2.7型245万画素CMOSイメージセンサー。近年、標識や信号機などの交通設備やヘッドライト、ブレーキランプなど、車の装備の光源にLEDが多用されています。

しかし、高速で点滅を繰り返すというLEDの特性上、一般的なCMOSイメージセンサーでLED光を撮影すると、高確率でLED特有のフリッカーが生じ、信号機や周囲の自動車を正しく認識でき無い場合があります。

そこで、『IMX390CQV』では、露光時間をLEDの点滅周期よりも長くする事で、LEDフリッカーを抑えます。

もう一つの車載カメラの課題として、トンネルの出入り口や夜間の市街地等、明暗さの大きな場面で用いられた際に、黒潰れや白飛びを起こす可能性が有りました。『IMX390CQV』では、独自の画素構造と露光方法により、120dBの広いダイナミックレンジを低ノイズで撮影するHDR機能を実現しています。

また、従来比で約1.5培という1,935mVの高感度(標準値 F5.6)とし、月明かり相当の0.1ルクスの低照度でもカラー撮影が可能。欧州のEuroNCAPでは自動ブレーキの衝突回避対象として、2018年から夜間歩行者を加える事が決まっており、車載向け市場では今後夜間における高感度・高画質撮影能力が必要となる為、強化したとしています。

SONYでは、先進運転支援システム(ADAS)向けの前方センシングカメラや、バックミラーの代わりとして車への採用拡大が期待されるカメラモニタリングシステムなどでの応用を想定しているとの事です。

ドライブレコーダーは低価格化、小型化によりかなり普及して来ましたが、センシングカメラやバックミラーの代替えカメラ用途としてこれから需要が高まる事が予想されますが、車に外装されるカメラの耐久性はどうなんですかね?

機構が単純だからこそ、猛暑や極寒に耐えられるんであって、センサー系を搭載してしまうとかなり脆弱になる気がするんですが…。航空機の監視モニターの様に耐久性の高い風防を全ての車種に搭載出来るとも思えませんし…。

■プレスリリース
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1054528.html




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る