So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、デジタルペーパーの新モデル『DPT-RP1』発売 [企業向け製品/医療用機器]

SONYは、PDFなどの電子文書を「まるで紙のように読み書きできる」を追求したデジタルペーパー『DPT-RP1』を発売すると発表しました。

DPT-RP1_01.jpg

発売日は6月5日。

販売予想価格は8万円前後となっています。

A4サイズ相当となる13.3型/1,650×2,200pixの高解像度電子ペーパーディスプレイを搭載したデジタル端末。重さ約349g、厚さ約5.9mmと10型以上のディスプレイ採用では、世界最薄最軽量としています。16GBのストレージメモリを内蔵し、うち11GBがユーザー領域。約1万ファイルのPDFを保存可能です。

前機種のデジタルペーパー『DPT-S1』は、現在、文献や論文等の文書を扱う大学教員や医師、大量の紙を扱う税理士や弁護士等に利用され、ペーパーレス化を実現していますが、2世代目の『DPT-RP1』は、利用者の声を参考に、より紙のような使い勝手を実現出来る様、一層の軽量化を図った他、前機種よりもページ送り速度を最大約2倍に高める等で、読みやすさを向上しています。ディスプレイも高解像度化し、更に字体を滑らかに表現、図や表の拡大にも対応します。

また、独自開発したノンスリップパネルを画面に採用。ペン先の滑りを抑え、適度な抵抗感を持たせる事で、より紙に近い書き心地を実現しています。2種類の芯から好みの書き味を選択可能。また、ペン先と描画位置のズレが少なく、ペンの動きに対する遅延も少ない為、手書き時の違和感を抑えられている他、新採用の静電容量タッチパネルと充電式アクティブスタイラスペンの組み合わせで、画面の端まで細かく書き込めるとしています。

DPT-RP1_02.jpg

文書を見比べる為の2画面表示や、ペンによる手書きのコピー&ペースト、[☆]、[*]の2種類のマークによる検索機能なども搭載します。

DPT-RP1_03.jpg

CPUは、Mervell IAP140。IEEE 802.11a/b/g/n/ac無線LANやBluetooth Ver.4.2を搭載。

PC用アプリ「Digital Paper App」も用意し、PCとの間でファイル転送や管理をワイヤレス経由で行なえます。microUSB経由での有線接続にも対応。アプリの同期機能を使う事で、フォルダやクラウドストレージなどと簡単に連携買おう。対応OSはWindows 7/8/10とMac OS Xとなっています。

また、PCの印刷メニューからプリンターとして「デジタルペーパー」を選べば、様々なファイル形式のドキュメントやメール、Web画面などをPDFに変換して、デジタルぺーパーに転送が可能。

充電時間は約3.5時間(ACアダプタ)/約5.5時間(USB)、バッテリ駆動時間は約3週間(Wi-Fi OFF)/約1週間(Wi-Fi ON)。外形寸法は約302.6×224×5.9縦×横×厚み)mm(。スタイラスペンやUSBケーブル、替芯、芯抜きなどが付属。スタイラスペンの電池持続時間は約1カ月となります。

DPT-RP1_04.jpg

『DPT-S1』同様、法人や業務向けの展開を見込んでおり、パートナー企業との業務システム連携が行なえる「デジタルペーパー連携サーバーソフトウェア」を有償で提供。WebAPIを利用して、業務システム連携を可能とし、高いセキュリティの中でのドキュメント管理が行なえるとしています。

具体的には大学のレポートやフィードバック、医療現場における同意書や問診票などの院内文書のデジタルペーパー化、介護現場や製造現場における書類改修や送付に伴う移動の軽減等を見込んでいるとの事。

尚、4月10日付けで、ソニーセミコンダクタソリューションズと電子ペーパーを手掛けるE Ink Holdingsが、電子ペーパーディスプレイ事業を運営する合弁会社設立で合意。電子ペーパーを活用した商品や関連するアプリケーション、連携プラットフォームの企画・開発・設計・製造・販売などを展開するとしています。

商品やアプリケーションを提供する他、パートナー企業とのサービスやシステム連携等を、様々な業態の事業者に働きかけ、市場の活性化や新市場の創造を推進。「将来的には電子ペーパーディスプレイを、社会基盤を構築する一つのツールにまで普及させる」としています。

合弁会社は台湾に登記され、日本における子会社は4月に発足予定。新会社の資本金は420百万台湾ドル(約15億円)。合弁会社の主要株主となるE Ink子会社と、ソニーセミコンダクタソリューションズの合計出資比率は約70%で、残りの株式については、ベンチャーキャピタル企業が保有する見込みとなっています。

前モデル『DPT-S1』よりディスプレイが大型、高解像度になりながら薄型となり、更に価格も安くなっているのは凄いですね。

システムごと売るのが販売モデルの様ですが、このスペックなら個人でも利用したくなります…。仕事の打合せとかで、ノートPCを持って行く程じゃないけど、メモは取りたいという事は良く有りますし…。

■プレスリリース
新開発ノンスリップパネル搭載の高解像度電子ペーパー採用により
読みやすさと書き味を大きく進化させたデジタルペーパー『DPT-RP1』を発売
パソコンやシステムとの連携で、業務の効率化や効果的な学習を支援
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201704/17-032/index.html




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る