So-net無料ブログ作成

SONYと東大が新学問「人間拡張学」を始動 [テクノロジー]

SONYと東京大学は、次世代を牽引する技術系人材の育成と強化を目的とし、新たな学問領域「ヒューマンオーグメンテーション(人間拡張)学」を東京大学大学院情報学環において推進していく事で合意しました。

Human_Augmentation_01.jpg

SONYの寄付講座として2017年4月1日~2020年3月31日(3カ年度)まで実施予定。

担当教員は特任准教授・味八木崇氏の予定となっています。

ヒューマンオーグメンテーション(Human Augmentation)とは、東京大学大学院情報学環教授でソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)の副所長でもある暦本純一氏が提唱するコンセプト。

「人間と一体化して、人間の能力を拡張させるテクノロジーを開拓していく」というもので、能力の範囲は、知覚能力・認知能力・身体能力・存在感や身体システム(健康)まで幅広くなっています。

これ迄に、視線を認識するウェアラブルコンピュータ、ドローンやロボットによる体外離脱視点を用いたトレーニング支援、人間の体験をウェアラブルセンサーやネットワークにより他の人間と共有・接続する“人間=人間接続型テレプレゼンス”などの研究を行なっています。

更に、人間とテクノロジー・AIが一体化し、時間や空間の制約を超えて相互に能力を強化しあう、IoA(Internet of Abilities:能力のインターネット)という未来社会基盤の構築を視野に入れた、最先端の研究を体系化していく学問領域でもあるとの事。

東大とSONYの連携は、東京大学大学院情報学環・学際情報学府が使命とする、「情報学分野の総合的で高度な研究と教育を先端的かつダイナミックに推進する組織であり、知の構造化に積極的に参画し、知の公共性を担保していく」事と、SONYが目指す「新技術を通じて人類、社会へ貢献する」未来像が繋がった為、実現したとの事です。

ヒューマンオーグメンテーション学という新たな学問領域を開拓していく事で、「産業界と教育界を活性化させ、未来を創る人材の育成と強化に繋げていく」としています。

既に米国の研究機関では、工事等の利用を想定した3本腕の義手等の研究を行っています。これは、パワードスーツ型のサイバーダイン社等の身体機能補助ツールとは異なり、人間には無い3本目の腕を脳波でコントロールするという事で、作業効率を上げる事を目指した研究となっています。

それと同様、今回のヒューマンオーグメンテーションの研究成果次第では、ドローンやマイクロマシン等が捉えた映像を人間の目で見た様に知覚し、それらの操作を自分の手足の様に行えるといった事が可能になるかもしれませんね。

また、時間や空間の制約を超えて相互に能力を強化しあう、IoAは、まさに時間や空間の制約がボトルネックとなる宇宙開発に必要な技術の為、期待が膨らみます。

個人的には非常に興味深い研究ですが、「ターミネーター」に出てくるサイバーダイン社の様にはならないで欲しいですがw

■プレスリリース
ソニーと東京大学「ヒューマンオーグメンテーション(人間拡張)学」を始動
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1049114.html




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る