So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、BRAVIA Z9D/X8300D/X7000Dシリーズのアップデートで「スカパー! 4K HDR放送」対応 [BRAVIA/WEGA/その他TV]

SONYは、BRAVIA「Z9D/X8300D/X7000D」シリーズのファームウェアを更新。「スカパー!4K」のHDR放送に対応しました。

KJ-75Z9D_01.jpg
↑Z9Dシリーズの75型『KJ-75Z9D』

また、その他、軽微な機能改善も行なわれています。

アップデート後のファームウェアバージョンは「PKG6.0908.0010JPA」。

Z9D/X8300D/X7000Dシリーズは、UHD BDやAmaon等で採用されている「HDR 10」に対応していますが、それに加え、Hybrid Log Gamma(HLG)で行なわれている「スカパー! 4K HDR放送」にもアップデートで対応すると製品発表時に予告していました。

そのアップデートが今回行なわれた形となります。

対象モデルは、『KJ-100Z9D』『KJ-75Z9D』『KJ-65Z9D』、『KJ-49X8300D』『KJ-43X8300D』、『KJ-49X7000D』となります。

本来、HLGに対応するのは『BVM-X300』には既に実装されている、EOTFをHLG Variable 1.2のカーブに対応するだけなのですぐに対応は出来たと思いますが、スカパー!4KでのHDR放送コンテンツが本格化するのを待ってたんですかね?

■SONY商品情報・ストア>ブラビア>本体アップデート情報
http://www.sony.jp/bravia/update/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る