So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、他のスマホから無線で電力を借りられる特許を出願 [テクノロジー]

SONYが3月2日付けで「NFC(近距離無線通信)におけるデータと電力の送受信法」という特許を出願している事が米国特許商標庁のサイトで明らかになりました(原題は「Configuration of Data and Power Transfer in Near Field Communications 」)。

Power_Transfer_NFC.jpg

出願特許にはモバイル同士で電力をやり取りしている図が含まれており、将来的には「友人のスマホから無線で電力を借りる」という事が可能になるかもしれません。

米国時間2日に公開された特許は、「データ用と電力用の2種のアンテナを持った電気製品において、相互に通信しながら供給する電力を制御する」というものとなります。

双方向に通信する事で、電波強度や指向性を細やかに制御した送受電が可能な点が特徴的となります。

出願特許は、同機能を持つ機器を複数利用する事でantenna arrayと呼ばれるデバイス同士のグループ形成機能についても言及。グループ内の機器は双方向に通信可能な為、1台が離脱したとしても機能が保たれます。

また、この双方向通信により、ユーザーはGUIを通じて電力の送受信をコントロール出来る為、電力を盗まれる心配も無くなります。

更に、グループ内でスマートに電力を分配するシステムについて触れられています。コンセントとの接続や、内蔵バッテリなど、接続されているパワーソースの種類に応じてどのデバイスから優先的に電力を受信するかを自動で決定できる機能などが考えられています。

Power_Transfer_NFC_02.jpg
↑複数の機器が同技術で接続される模式図

同様の技術が普及すれば、1つのコンセントから家中のIoT機器全てに電力を供給する事などが可能になり、IoT機器やスマートホーム機器の普及に拍車を掛ける事が予想されます。

アイディアとしては面白いですが、スマホやタブレット端末とのやり取りでは無く、PCにも同様のモジュールを搭載して、通信(はWi-Fi使用)も電力供給(こちらはNFCを使用)もワイヤレスで行えるという方が便利だと思うんですが…。いずれIoT機器への給電を視野に入れて、まずはスマホからという事かもしれませんが…。

また、NFCとしか記載されていないので、NFCのどの規格を採用するか言及されていませんが、FeliCaで採用されているNFC Type-Fは微弱電流しか流せ無いので、電力供給用に新たなNFC規格を作るんでしょうかね?

特に、複数の機器が同技術で接続される模式図を見る限り、モニターやSTBの様なイラストが見られるのでこうした機器に給電するにはかなり電力容量が必要になりますし。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る