So-net無料ブログ作成
検索選択

SMC、MWC2017でXperia Touchの発売を発表。他スマートプロダクト群を公開 [携帯/スマホアクセサリ]

ソニモバは、スペイン・バルセロナで2月末に開催されたMWC2017で、プロジェクタ型のスマートプロダクト「Xperia Touch」を今春以降に発売すると発表しました。

Xperia_Touch_01.jpg
↑Xperia Touch

また、周囲の音を聞きながら、音楽やコミュニケーションを楽しめるイヤフォン型の「Xperia Ear Open-style」を初公開しています。

今回のスマートプロダクトは、「Xperia XZ Premium」等のXシリーズ新機種に合わせて発表されたものとなります。

●Xperia Touch

壁やテーブルなどにプロジェクタで投写したスクリーンにタッチして操作する事で、家族や友人と一緒に楽しむ新しいコミュニケーションの形を提案するものとなります。昨年の「MWC 2016」や「IFA 2016」などでも展示されていた「Xperia Projector」が、「Xperia Touch」という名称で製品化されます。

Xperia_Touch_02.jpg

プロジェクタには、SONYの反射型液晶ディスプレイデバイスのSXRDを搭載し、超短焦点レンズにより、23~80型まで映写可能。

赤外線と1,300万画素カメラを組み合わせた毎秒60フレームのリアルタイム検出を行ない、遅延の無い快適なタッチ操作を実現するとしています。最大10点のマルチタッチに対応し、複数人でも操作が可能。ステレオスピーカーも内蔵しています。

Android OSを搭載し、Google Playのアプリケーションを利用可能。テーブルを囲んでゲームをしたり、壁に投写したスクリーンで動画を見られる他、ビデオ通話なども出来ます。その他、PS4のリモートプレイにも対応し、大画面でゲームを楽しめるとしています。

Xperia_Touch_03.jpg
↑テーブルを囲んでのゲームを行っているところ

外形寸法は69×143×134(幅×奥行き×高さ)mm、重量は932g。バッテリを内蔵し、動画再生時は約1時間駆動可能となっています。

●Xperia Ear Open-style

SONYによる技術/研究開発プログラムのFuture Lab Programで開発した「オープンイヤー」オーディオ技術を搭載したワイヤレスステレオヘッドセットを参考展示。

Xperia_Ear_Open-style_01.jpg

耳を塞がず、周囲の音を聞きながら、音楽を聴いたり会話を楽しむという新しいリスニングスタイルを提案しています。

2016年より各市場で発売中の「Xperia Ear」と同様に、声またはヘッドジェスチャーで直感的に操作出来、ハンズフリー通話や、メッセージ送受信、情報検索など、ソニーエージェントテクノロジーによる自然な音声コミュニケーションが行なえるとしています。

Xperia_Ear_Open-style_02.jpg
↑耳を塞がずに装着できる

●Xperia Agent

ユーザーの顔を認識し、自然な会話と仕種で、日々の生活をアシストするというエージェント型のプロダクトとなります。ユーザーの好みに合った情報を提供したり、音楽をかけたり、コミュニケーションのサポート家電のコントロールなどが行なえます。

Xperia_Agent_01.jpg

このスマートプロダクトに搭載しているソニーエージェントテクノロジーと、LINEが新たに推奨するクラウドAIプラットフォームとの連携について検討を開始。双方の技術/サービスを活用し、スマートプロダクトのより豊かな体験を提供していくとしています。

Xperia_Agent_02.jpg

Xperia touchは思ってたより面白そうな製品ですね。オフィシャル動画を見る限り、映写された画像のタッチ操作のレスポンスは良さそうですし、アプリ次第で色んな使い方が出来そうです。

また、PS4リモート対応という事が初めて発表されましたが、DUAL SHOCK4は無線接続可能なんですかね?Bluetooth 4.2搭載なので、出来ると思いたいですが…。

■プレスリリース(SMC)
http://www.sonymobile.co.jp/company/press/entry/2017/0227_1_mwc2017.html




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る