So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、XBシリーズのイヤフォン『MDR-XB510AS』を含むスポーツ向けイヤフォン3モデル発売 [ヘッドフォン/Bluetoothヘッドセット]

SONYは、重低音再生にこだわった「EXTRA BASS」シリーズのカナル型イヤフォン『MDR-XB510AS』、耳にフィットする樹脂製ループを備えたスポーツ向けイヤフォン2モデル、計3モデルを発売すると発表しました。

MDR-XB510AS_02.jpg
↑MDR-XB510AS

発売日はいずれも3月11日となります。

販売予想価格は、スポーツ利用を想定したIPX5/7相当の防水イヤフォン『MDR-XB510AS』が6,000円前後。スポーツ向けカナル型イヤフォン『MDR-AS410AP』が4,000円前後、インナーイヤー型イヤフォン『MDR-AS210』が2,000円前後となります。

●防水EXTRA BASSイヤフォン『MDR-XB510AS』

『MDR-XB510AS』は、新たにIPX5/7相当の防水性能を備え、スポーツ利用でもEXTRABASSシリーズならではの重低音再生が楽しめる有線イヤフォンとなります。2014年発売の『MDR-XB70』の後継モデルで、12mmドライバを搭載。再生周波数帯域は4Hz〜24kHzとなります。

MDR-XB510AS_01.jpg

ケーブルにはスマホ用リモコンマイクを搭載。装着性向上の為、本体形状をエルゴノミックデザインに刷新、3サイズのアークサポーターが付属します。

MDR-XB510AS_03.jpg
↑、3サイズのアークサポーターが付属

ケーブルを除く重量は9g。カラバリはブラック、レッド、ブルー、グリーンの4色となります。

●スポーツ用の防滴耳掛けイヤフォン『MDR-AS410AP』、『MDR-AS210』

EXTRABASSシリーズとは別に、汗やしぶきに強い防滴仕様の耳掛け型スポーツ向けイヤフォンのラインナップも刷新。

カナル型『MDR-AS410AP』は、耳のサイズに合わせて調整できる「アジャスタブルイヤーループ」や、絡みにくいセレーションコードを採用しており、ケーブルにはスマホ用リモコンマイクを搭載します。

MDR-AS410AP_01.jpg
↑MDR-AS410AP

MDR-AS410AP_02.jpg
↑「アジャスタブルイヤーループ」機構を搭載

9mm径のダイナミック型ドライバを搭載し、再生周波数帯域は5Hz~24kHz。ケーブルはY型/長さ1.2m。カラバリはホワイト、ブラック、イエローピンク、ブルーの5色となります。

インナーイヤー型の『MDR-AS210』は耳掛けの部分にループハンガーを備えています。

MDR-XB510AS_01.jpg
↑MDR-AS210

13.5mm径ユニットを搭載し、再生周波数帯域は17Hz~22kHz。ケーブルはY型/長さ1.2m。重量は約12g。カラバリはブラック、ピンク、ブルーの3色となります。

やっと、『MDR-XB70』の後継モデルが発売となりましたね。以前使用していた『MDR-XB41EX』はかなりお気に入りだったんですが、紛失してしまいその後『MDR-XB60EX』を購入したものの、残念な音質だった為、その後XB50やXB70も購入を見合わせていました。

今回、XB70の後継モデルXB510ASが若干気になります…。6,000円前後と、XB70発売時の8,500円前後に比べてお買い得ですし、試聴して音質的に好みだったら購入しようかと思います。

■プレスリリース
迫力の重低音をノイズキャンセリング機能とワイヤレスリスニングで快適に楽しめる
アプリで音楽をお好みのテイストに設定できる『MDR-XB950N1』などヘッドホン 6機種発売
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201702/17-0222/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る