So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、Reader端末のWi-Fi経由でのコンテンツ購入を終了 [mylo/CLIE/LIBRIe/Reader]

SONYは、電子書籍の「Reader」端末のWi-Fi機能を使い、Reader Storeからのコンテンツ購入をするサービスを今年の5月7日で終了すると発表しました。

PRS-T2_1.jpg

5月8日以降はPCやスマホなどのReader Storeで購入するよう呼びかけています。

Reader Storeでの電子書籍購入は、これまでReader端末、PC、スマホ、タブレット、PS Vitaから行なえましたが、5月7日でReaderからの購入が出来なくなります。対象となる端末は『PRS-T3S』、『PRS-T2』、『PRS-T1』、『PRS-G1』となります。

但し、Reader端末でのコンテンツ閲覧や、コンテンツのダウンロードは従来通り利用可能となります。

SONYは2010年にReader端末を発売し、Reader Storeも開設。電子書籍ビジネスを開始しましたが、2014年に海外での電子書籍事業から撤退。日本では2016年7月に、Reader Store事業をソニーマーケティングからSMEへと移管しています。

海外市場ではKindleとiBookで電子書籍のシェアを独占しているので、Reader Storeも海外市場では撤退しましたが、国内の電子書籍市場はコミックが牽引している為、比較的Reader Storeも戦えていました。

ただ、コミックが牽引しているが故に電子ペーパー搭載のモノクロ端末は普及せず、スマホやタブレット等カラー端末で読むのが主流となった結果、Readerの販売台数も頭打ちとなっていましたから、Reader端末からの電子書籍購入プラットフォームを維持するのが苦しくなって来たんでしょうね…。

Reader端末で活字本しか読んでいない方はいい迷惑だとは思いますが、PCやスマホでコンテンツを購入し、Readerでダウンロードという手法は取れるので、Reader端末の普及率からいって、そこまで影響は無さそうです。

個人的には、活字本の表紙だってカラーでデザインされているんですから、カラー端末で電子書籍を読むのが出版社への礼儀だと思っている為、モノクロ端末で電子書籍を読むのには反対です…。

■プレスリリース
電子書籍リーダー“Reader”ご愛用のお客様へ
“Reader Store”における電子書籍コンテンツの購入方法の変更について




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る