So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、4K動画撮影に最適なEマウント用電動標準ズームレンズ、FEの単焦点2本等発売 [その他デジカメ関連機器]

SONYは、Eマウントレンズの新製品を発売すると発表しました。

SELP18110G_03.jpg
↑α7シリーズに取り付けた使用イメージ

S-35/APS-Cフォーマット向けで4K動画撮影に最適という電動標準ズーム「E PZ 18-110mm F4 G OSS」(SELP18110G)、「FE 100mm F2.8 STF GM OSS」(SEL100F28GM)、「FE 85mm F1.8」(SEL85F18)の3製品が追加されます。

発売は4月としています。

価格は「E PZ 18-110mm F4 G OSS」が444,000円、「FE 100mm F2.8 STF GM OSS」が188,000円、「FE 85mm F1.8」が74,000円。

尚、これらの製品は、2月23日~26日にパシフィコ横浜で開催される「CP+ 2017」に出展されます。

電動標準ズームレンズ「E PZ 18-110mm F4 G OSS」はS-35mm/APS-Cフォーマット向け。残り2本は35mmフルサイズ向けのFEレンズで、「FE 100mm F2.8 STF GM OSS」は「αレンズ史上最高のぼけ味が特長」というGマスターの中望遠単焦点レンズ。「FE 85mm F1.8」は、小型軽量の大口径中望遠単焦点レンズとなります。

●E PZ 18-110mm F4 G OSS『SELP18110G』

SELP18110G_01.jpg

動画撮影に求められる性能と操作性を追求、プロの動画撮影においてスタンダードとなっているS-35/APS-Cフォーマットに対応したGレンズ。業務用カムコーダー『PXW-FS7 II』や、ミラーレスの「α6500」などで利用できる他、35mmフルサイズのα7シリーズでも自動クロップ機能を利用してAPS-Cサイズの撮影で利用出来ます。

ズーム全域で開放絞りF4。焦点距離は35mm判換算時27~165mm相当。ズーム倍率は6.1倍。「インタビュー撮影時の全身からバストショットへのズームアップなど、幅広い画角に対応できる」としています。

Gレンズとして光学性能も追求し、ズーム全域で画面周辺まで4K画質に対応した高い解像力を持ち、独自のSMO(Smooth Motion Optics)機構で、動画撮影時における映像の安定化も図っています。

AF/MFをワンタッチで切り替えるスライド式フォーカスリング、ズームリング・アイリスリングの3連リングを搭載し、動画撮影での操作性を考慮。ズーム操作はサーボ(電動)ズーム・メカニカルマニュアルズーム切換え式。滑らかなズーム動作とダイレクトな操作感を両立したとしています。

ズーム速度範囲の低速限を拡張し、既発売の「FE PZ 28-135mm F4 G OSS」(SELP28135G)と比べ、約3倍となるスローズーム撮影も可能。レンズ内手ブレ補正機能も備え、防塵防滴に配慮した設計にもなっています。

最短撮影距離はワイド端で0.4m、テレ端で0.95m。フィルタ径は95mm。外形寸法は110×167.5(直径×長さ)mmで、重量は約1,105gとなっています。

●FE 100mm F2.8 STF GM OSS『SEL100F28GM』

SEL100F28GM_01.jpg

FE 100mm F2.8 STF GM OSSは、花や、ポートレート、ファッション、ウェディング撮影などに適したレンズ。新開発のアポダイゼーション(APD)光学エレメントを採用し、ピント面からピントが合っていない部分への遷移や、明るい部分の輪郭などをSTFレンズ特有の洗練されたぼけ味でなめらかに描くとしています。ぼけ像の歪み(口径食)も抑制したとの事。

コントラストAFと像面位相検出AFの両方に対応。ダイレクトドライブSSM(Super Sonic wave Motor)も備え、「静止画・動画を問わず、静粛で高速・高精度なピント合わせができる」としています。マクロ切り替えリングによる、最短撮影距離0.57m、最大撮影倍率0.25倍の近接撮影も可能となっています。

●FE 85mm F1.8『SEL85F18』

SEL85F18_01.jpg

FE 85mm F1.8」(SEL85F18)は、シャープな描写と柔らかいぼけが手軽に楽しめる大口径中望遠単焦点。αレンズ史上最高のぼけ味にこだわったSTF(Smooth Trans Focus)レンズで、EDガラス1枚と9枚羽根の円形絞りを採用。ダブルリニアモーターにより、高速・高精度で静かなフォーカス駆動を可能にしたとしています。

尚、レンズに加え、電波式ワイヤレス通信に対応した外付けフラッシュ『HVL-F45RM』も43,000円で発売。

HVL-F45RM_01.jpg

従来機『HVL-F43M』と比べ、体積約12%減の小型化と、最大ガイドナンバー45の大光量を両立。αの電波式ワイヤレスコマンダー『FA-WRC1M』と組み合わせた、ワイヤレスライティングが可能となっています。

E PZ 18-110mm F4 G OSSは昨年9月にアムステルダムで開催されたIBC2016で発表され、米国では11月、欧州では12月に発売されていたんですが、国内発売はかなり遅れましたね…。

まぁ、海外市場の方がデジイチは売れるというのは有るんですが…。しかし、Eマウントレンズのラインナップばかり充実して行き、もう完全にαの主流はAマウントではなくEマウントになっちゃったのはちょっと寂しいです…。

■プレスリリース
α[トレードマーク]レンズ史上最高のぼけ味が特長のSTF(Smooth Trans Focus)レンズをGマスター[トレードマーク]に追加
小型の中望遠単焦点レンズと動画用6.1倍電動ズームレンズ、電波式ワイヤレス通信対応フラッシュも発売
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201702/17-0208/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る