So-net無料ブログ作成

SONY、HD BRAVIA『KJ-43W730E』、『KJ-32W730E』発売 [BRAVIA/WEGA/その他TV]

SONYは、BRAVIAのフルHDスタンダードモデル「W730E」シリーズを発売すると発表しました。

b01KJ-43W730E_01.jpg
↑43型の『KJ-43W730E』

発売日は2月11日。

43型『KJ-43W730E』、32型「KJ-32W730E』の2モデルを用意し、店頭予想価格は43型が9万円前後、32型が75,000円前後となります。

いずれも、フルHD液晶パネルを採用。32型もフルHD解像度となります。2016年発売のW730Cシリーズの後継機で、自動チャプターや早見再生など録画機能を大幅に強化しています。

KJ-32W730E_01.jpg
↑32型の『KJ-32W730E』

一方、Huluやアクトビラなど一部ネットワークサービス機能が省かれた他、HDMI入力が4系統から2系統に削減されています。

映像エンジンは、X-Reality PROを搭載し、超解像技術などの高画質化機能を内蔵。チューナは地上/BS/110度CSデジタル×2で、別売のUSB HDDへの録画に対応。録画機能を強化し、早送り/戻し、一時停止、30秒送りに加え、自動チャプター機能と1.3倍速再生を新搭載。録画番組のチャプタ送りが簡単に行なえる様にしています。

また、野球などの番組延長に自動追従する「自動録画延長」や、ジャンルで検索して番組表から予約できる「ジャンル検索予約」にも対応。但し、30秒戻しは削除されました。

KJ-32W730E_02.jpg
↑利用イメージ

録画対応にあわせてリモコンを一新。録画リストや録画消去ボタンの位置を変更し使いやすくした他、再生やスキップ操作用のボタン配置も見直し、録画番組の操作性を高めています。

KJ-32W730E_03.jpg
↑付属リモコン。録画消去ボタン等が追加されている

スピーカーは10W×2ch。クリアボイスにより音声の聞き取りやすさを向上しています。IEEE 802.11n/b/g無線LANやEthernetに対応。映像配信サービスはNetflixとYouTubeの2つに対応すします。

尚、W730Cとの比較では、DLNA/DTCP-IPクライアント「ソニールームリンク」が省略され、Hulu、アクトビラ、TSUTAYA TVなどの機能も省かれました。スマホアプリ「Video & TV SideView」操作も非対応。また、D端子や光デジタル音声出力なども省略されています。

入出力端子は、HDMI×2、コンポジット×1。出力端子はアナログ音声×1とヘッドフォン出力×1となります。

消費電力、43型が98W、32型が76W、年間消費電力量は43型が78kWh/年、32型が62kWh/年。外形寸法/重量は43型が97.0×22.6×62.3(幅×奥行き×高さ)cm/9.8kg、32型が72.8×17.4×47.3(同)cm/5.6kgとなります。

W730Cの後継モデルと謳いながらも、48型がラインナップからオミットされていたり、ホームネットワークが省略、ネフリとYouTube以外のストリーミングサービスにも非対応で、HDMI入力が2系統という事から、寝室や子供部屋用として設計されたんじゃないでしょうか?

さすがにリビングに置くテレビとしては今時スペック的に脆弱過ぎますし…。

また、レコーダーの様に早見再生に対応したのは良いんですが、1.3倍という現行のSONY製BDレコと同じ再生スピードというのはどうなんでしょうか?BDレコはPS4からtorne PS4からリモート再生すれば最大2倍速での再生が可能ですが、W730Eはホームネットワーク非対応の為、PS4からのリモートも出来ませんし…。

ハイスペックHDモデルでもこの仕様ですから、今後まともなスペックを搭載したBRAVIAは4K BRAVIAのみになりますね…。

■SONY商品情報・ストア>ブラビア>W730Eシリーズ
http://www.sony.jp/bravia/products/KJ-W730E/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る