So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、ライブ来場者限定の映像販売サービス「PROJECT REVIEWN」開始 [Web/クラウド/配信サービス]

SONYは、音楽ライブなどの映像コンテンツをイベント会場に訪れた人だけが購入し、持ち帰る事が出来るサービス「PROJECT REVIEWN」(プロジェクト レビューン)を開始しました。

PROJECT _REVIEWN_01.jpg
↑「PROJECT REVIEWN」のアプリ画面

1月14日に大阪城ホールで開催されたの「ANIMAX MUSIX 2017 OSAKA」で初導となります。

参加したイベントに関連する映像コンテンツを、イベント会場で購入してスマホやタブレットなどの端末にダウンロードし、好きな時に視聴できるサービス。

アプリ「PROJECT REVIEWN」の対応OSはAndroidとiOSとなります。イベント会場の指定の場所でチェックインして映像を購入する仕組みとなります。イベントの映像やアーティストの楽屋での様子など、開催イベントに関連する様々な映像コンテンツを販売。画質はSD/HD/フルHDに対応しています。

PROJECT _REVIEWN_02.jpg
↑「PROJECT REVIEWN」のサービスイメージ

アプリは気に入ったシーンで拍手を送る「Clap機能」を備え、どのシーンが心に残ったか、ユーザーからアーティストに伝えられる。アプリのコンテンツリストに、Clapした場面をサムネイル保存する事も可能。

Clapした部分の情報をもとに盛り上がりを可視化する「ヒートマップ機能」では、イベント運営側がどのシーンがファンの心を掴んだかを知り、次のイベントの演出に役立てるなどの活用が出来るとしています。

PROJECT _REVIEWN_03.jpg
↑映像コンテンツの視聴画面例。Clap機能やヒートマップ機能を備える

映像コンテンツの視聴画面例。Clap機能やヒートマップ機能を備える決済は、各種クレジットカード、ドコモ ケータイ支払い決済、ソフトバンクまとめて支払い、LINE Pay、WebMoneyに対応。著作権保護技術のMarlin DRMを採用し、1つのIDで同時に5台まで登録可能となります。

SONYは近年の国内のライブ・エンタテインメント市場規模の拡大に注目しており、新規事業創出プログラム「Seed Acceleration Program」の一環としてPROJECT REVIEWNをスタート。サービス名は見直す、回想するなどの意味を持つ“REVIEW”にandの”N”を付け加えた造語で、「REVIEWのさらにその先に続く可能性を表し、音楽体験そのものを『見直す』という志を込めた」としています。

今後は音楽ライブの他、演劇、スポーツ、テーマパーク領域も視野に入れ、エンタテインメント分野で幅広く展開するとしています。

このビジネススキームでは、何かと公演だけでは黒字になりにくく物販等で儲ける仕組みの
ライブビジネスにおいてコンテンツ供給側は物販以外の「商品」が増えますし、観客側はライブ限定「アイテム」の選択肢が増え、更にはそれがアーティストのオフショット等お宝映像をゲット出来るという特典がつきます。更に演出側には映像コンテンツの様にリアルタイムに(近いタイミングで)評価箇所が判明するというメリットが有ります。

更に、ワタシの様な映像業界側では、新規映像コンテンツの創出により飯の種が増えるというメリットも有りますが…。

うまく行けば、コンテンツ供給側にもユーザー側にもウィン・ウィンな関係を気づけると思いますが、フィードバックしてもらう評価が増えないとならず、コンテンツ供給側には質と量の両方が潤沢な供給が必要になるんじゃないでしょうか?

また、大々的な告知をしないと、知らない内にサービス自体が終わりそうな危うさを感じますね…。こうしたサービスはデファクトスタンダードにならないと生き残れませんし…。

■プレスリリース
ライブの感動をそのままに、モバイル端末で映像を購入・視聴できる
イベント会場限定の映像コンテンツ販売プラットフォーム PROJECT REVIEWN[トレードマーク]を開始
1/14開催、「ANIMAX MUSIX 2017 OSAKA」にてサービスを初導入
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201701/17-003/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る