So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、2017年夏迄に大型有機ELテレビの世界展開へ [BRAVIA/WEGA/その他TV]

日経新聞の電子版は、SONYが2017年夏迄に画像が鮮明な有機ELテレビの世界展開を始めると報じました。

bravia_logo1.jpg

4K対応のBRAVIAは 販売好調で市場に普及した為、次世代の高級テレビの目玉となる基幹製品が必要と判断したとしています。

また、2007年に世界で初めて 小型有機ELテレビを発売したSONYによる大型機種の本格展開で、今後の普及に弾みがつきそうだ。ともしています。

日経新聞によると、SONYは2017年春から夏にかけ欧州や米国、中国で順次発売。基幹部品であるパネルは韓国LGディスプレーから調達するとの事です。

65型が中心とみられ、画像処理に独自の技術を使用。価格は未定ですが、日本円換算で100万円前後になるとみられています。 尚、国内発売は海外の販売状況を見て判断するとの事です。

まぁ、大型の有機ELパネルの開発はSONYとパナの協業でもうまく行かず撤退。サムスンもそれに続いて撤退した為、LGしか作ってませんから、調達先がLGというのは当然ですね。

そもそも、SONY、パナ、サムソンが撤退したのに、なぜLGが大型有機ELパネルの開発に成功したかというと製造方法が異なるからです。

SONY、パナ、サムソンが開発していた有機ELパネルは、RGBの各色で発色するサブピクセルを有機EL素材で形成させる方式でした。

このRGB有機EL画素の形成方式としてパナが開発を進めていたのは「RGBオール印刷方式」。印刷方式は、一度、ドットピッチを決定して印刷ヘッドを開発してしまえば、このヘッドを共用して、画面サイズに依存しない生産が可能であることに未来を見出そうとしていました。

有機EL材質を蒸着させる方式とは違って、真空環境や高温製造プロセスが不要なので生産工程がシンプルでコスト的に安くしやすいという利点も有りました。

ただ、パナ方式では印刷技術で形成すると発光効率に問題が有る青色が影響したのか色再現が悪くなってしまっていました。

また、SONYは、印刷技術と真空蒸着を組み合わせたハイブリッド型形成方式の開発を進めていました。ハイブリッド方式では印刷技術で形成しても問題ないとされる赤色発光層と緑色発光層の形成に印刷技術を用い、印刷で形成すると発光効率や寿命の面で難がある青色については青色共通層として蒸着技術を用いて形成させていました。

ただ、SONY方式では歩留まりが非常に悪くコスト高になるという問題が有りました。

結果的に、このRGB有機EL画素形成方式は、色再現が悪かったり、コストが高くつくわりには歩留まりも上がらず、「価格競争の激しい薄型テレビ向けとして不向き」と判断され、開発中止となりました。

一方、LGは最初から製造難度の高いRGB有機EL画素個別形成方式を選択せず、量産性と輝度性能に優れる白色有機EL画素だけを形成する方式を選択しました。白色有機EL画素だと白黒映像しか表示出来ない事になりますが、これに液晶パネルで使うようなカラーフィルタを貼り合わせてフルカラー表現を行ないます。

実際には、RGBカラーフィルタに加えて、白色光をそのまま取り出す白(W)サブピクセルも確保するのでLGの有機ELパネルは「RGBW有機ELパネル」とも呼ばれています。

この白色サブピクセルは、主に画素単位の輝度の嵩上げ効能に用いられます。暗色や暗色階調は、この白色サブピクセルを光らせた上で、色味をカラーフィルタを通して取り出すRGBサブピクセルから作り出します。これには階調力表現の向上と省電力性能を両立させる副次効果も有ります。

また、黄(Y)サブピクセルを追加したシャープのQUATTRONと同じ理屈の「サブピクセルレンダリング」を実践して、広色域表現や一段上の高解像度表現も行えるとLGは主張しています。

2013年にLGが有機ELテレビの開発機を発表した際には、色再現が悪く製品化は難しいと思ったのですが、2015年に発表されたモデルでは色再現も良く、暗部の階調表現も良くなっていた為、恐らくカラーフィルターの改良やカラーマネージメントの見直しが行われたと考えられます。

最終的には、LGの有機ELテレビは国内で発売される唯一のDolby Vision対応テレビとなっていますので、画質のレベルは保証されています。

4Kテレビも普及機に入り、低価格化が進んでいますから、新しい付加価値としてHDR映像の画質の向上をどのメーカーも目論んでいますが、黒の締りが悪い液晶ではどうしてもアドバンテージが低い為、今回のSONYの大型有機ELテレビの発売も、HDRの画質向上を目指しての事だと思われます。

BRAVIA Z9Dシリーズも液晶デバイスを採用しながらもHDRの画質はかなりのものですが、LEDバックライトを多数搭載しなくてはならない事から、筐体が大型化してしまいますし、有機ELパネルの採用は懸命かもしれませんね。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る