So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、α6000に新ボディカラー追加 [Cyber-shot/α]

SONYは、Eマウントαのα6000『ILCE-6000』に新カラバリ「グラファイトグレー」を追加すると発表しました。

α6000_12.jpg
↑α6000グラファイトグレー(『SEL1670』レンズ装着時)

12月2日に発売。販売予想価格は6万円前後となっています。

レンズキットは無く、ボディ単体での販売となります。

α6000は、2014年3月に発売開始したαシリーズの小型モデル。撮像素子はAPS-Cサイズの「Exmor APS HD CMOS」で、有効画素は約2,430万画素。映像エンジンに「BIONZ X」を搭載してます。

α6000_13.jpg
↑ボディのみの販売

本体カラー以外は、発売中のα6000と共通ですが、新色グラファイトグレーで「本物の金属が持っている『重み』を表現」し、手触りも「道具、ものとしての深み」に拘り、プロット塗装によるマットな手触りとし「プレミアム感を演出した」としています。

像面位相差AFとコントラストAFを組み合わせた「ファストハイブリッドAF」は、像面位相差AFセンサーを179点としており、コントラストAF検出エリア(25点)と組み合わせ、広いAFカバーエリアを誇ります。AFは0.06秒のAFで、秒間11コマ連写でもAFが追尾し、ファストハイブリッドAFは動画撮影でも利用可能。ロックオンAFや、瞳AFにも対応しています。

動画撮影機能は、AVCHD Ver.2.0とMP4に対応。AVCHDは1080/60Pの28Mbpsや、60i/24Pの撮影が可能。MP4は1,440×1,080/30P、640×480/30Pとなります。

0.39型の有機ELファインダーも搭載。両面非球面レンズを4枚使った新しい光学系を用いて、約33度の広視野角を実現しています。液晶モニタは3型、92万画素でチルト可能。記録メディアはメモステ PRO/PRO-HG/XC-HG デュオ、SD/SDHC/SDXC。

α6000_14.jpg
↑液晶モニタは3型、92万画素

α6000_15.jpg
↑チルトモニター

IEEE 802.11b/g無線LAN機能を搭載し、NFCに対応。スマホやタブレットと連携し、撮影動画の転送や、カメラの遠隔制御に対応します。

α6000_17.jpg
α6000_18.jpg
α6000_16.jpg

バッテリは『NP-FW50』。静止画は310枚(ファインダ利用時)、動画は約60分の撮影が可能。HDMIマイクロ出力も装備します。外形寸法は約120×45.1×66.9(幅×奥行き×高さ)mmで、本体のみの重量は約285gとなります。

α6000シリーズは人気ですが、ハイアマチュア向けはα6300、ハイアマチュア・プロ向けはα6500として、エントリーモデルはα5100にその座を譲り、ディスコンになるかと思ってたんですが、ここに来て新カラバリ追加とは…。

人気シリーズだけあって、販売以来価格の上下はあれど、現状発売当初とほぼ同じ金額で推移しているんで、価格定価を防ぐ為のカラバリ追加でも無さそうですが…。余剰パーツを出し切る為の策なんでしょうか?

個人的には、ミラーレス機やデジイチのボディはブラック以外認めていないんで、食指が動く事は有りませんが…。

■SONY商品情報・ストア>デジタル一眼カメラ α>お知らせ
http://www.sony.jp/ichigan/info2/20161125.html




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る