So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、ハイレゾレコードプレイヤー『PS-HX500』の録音アプリアップデート [アプリケーションソフト]

SONYは、アナログレコードをDSDの5.6MHzや192kHz/24bitのPCM等のハイレゾ録音できるレコードプレーヤー「PS-HX500」用のアプリ「Hi-Res Audio Recorder」をアップデートし、レベルメーター機能などを追加しました。

PS-HX500_4.jpg

Windows版とMac版が用意され、対応OSは、Windows 7/8/10と、Mac OS X 10.9~10.12となります。

Hi-Res Audio Recorderは、PS-HX500のUSB入力信号をハイレゾ録音できるアプリとなります。

最新版のVer.1.10では、新たにレベルメーターを追加し、録音/再生時のレベルを直感的に確認可能。ピークホールドや、レベルが0dBに到達した場合に[OVER]表示を行なう機能も備えています。

PS-HX500_14.jpg
↑Hi-Res Audio RecorderのUI

また、ゲイン調整に対応。録音時のデータでは無く、ファイルとして書き出しする際に設定したゲインを反映するもので、ゲインは0~+6dBまで1dB刻みで設定可能。録音後の編集時再生の音声出力やレベルメーターには、設定したゲインがリアルタイムで反映されます。PCMだけでなくDSD系ファイルでもゲイン調整が可能です。

民生用とはいえ、録音アプリなのにレベルメーターやゲイン調整が無い方がおかしかった訳で、今回のアップデートは当然の事だと思います。

実家のロフトに大量のLP版が眠ってるんで、実は『PS-HX500』欲しいんですよね。だいぶ値段も下がって来たので買っちゃいそうです…。

■SONY商品情報・ストア>コンポーネントオーディオ>PS-HX500>特長 : デジタル録音・保存
http://www.sony.jp/audio/products/PS-HX500/feature_2.html#L1_130




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る