So-net無料ブログ作成

SONY、モバイルバッテリーの新モデル『CP-E87C』、『CP-E61C』を発売 [バッテリー関連]

SONYは、いつの間にかモデルバッテリーの新モデル、『CP-E87C』と『CP-E61C』の発売を開始していました。

CP-E87C_01.jpg
↑CP-E87C

ソニーストアでの販売価格は、容量8,700mAhで1.5A出力x2の『CP-E87C』が6,880円。容量6,100mAhで1.5A出力x1の『CP-E61C』が5,380円となっています。

カラバリは量モデルとも、ホワイトとブラックの2色となっています。

CP-E61C_01.jpg
↑『CP-E61C』のカラバリ「ブラック」

両モデルとも現行モデル同様ハイブリッドゲルテクノロジーを採用。デザインも現行モデルを踏襲し、外装は傷がつきにくい表面加工が施されています。E87CとE61Cの違いは容量と出力ポート、サイズの他、E61Cのみオン/オフスイッチを搭載。

CP-E87C_02.jpg
CP-E61C_02.jpg
↑『CP-E87C』(上)と『CP-E61C』(下)。容量の違いで厚みが異なる

CP-E87C_03.jpg
CP-E61C_03.jpg
↑『CP-E87C』(上)と『CP-E61C』(下)の端子部。E61Cのみオン/オフスイッチを搭載

外形寸法と重量は『CP-E87C』が66.0×113.0×21.0(幅x高さx厚さ)mm、約 201g 。『CP-E61C』が68.8×118.5×13.4(同)mm、約 154gとなっています。

同梱品として、従来のマイクロUSB-USB Aケーブルの他、USB Type C-マイクロUSBの変換ケーブルも付属します。

CP-E61C_04.jpg
CP-E87C_04.jpg
↑マイクロUSB-USB Aケーブル(上)とUSB Type C-マイクロUSB変換ケーブル(下)

USB Type Cを採用したXperia XZの発売に合わせてType Cの変換ケーブルを同梱するのは良いですね。マイクロUSBケーブルはそこら中に溢れてるんで、変換ケーブルだけ単体で発売しても良いかと思います。

バッテリー事業を村田製作所に売却したとはいえ、現行製品はまだSONY製のバッテリーを搭載しているはずなんですが、自社開発のバッテリーのワリに、他メーカーに比べて容量あたりの価格が高いですね…。

アンカーのモデルバッテリーは10,000mAhで5,000円ぐらいで買えるのに…。しかもSONY製より軽いんですよね…。

バッテリー事業が移管されて、価格が高くなるのか安くなるのか、今度の動向が気になります。

■SONY商品情報・ストア>バッテリー>CP-E87C
http://www.sony.jp/battery/products/CP-E87C/
■SONY商品情報・ストア>バッテリー>CP-E61C
http://www.sony.jp/battery/products/CP-E61C/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る