So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、Eマウントα「α6500」を国内でも発売 [Cyber-shot/α]

SONYは、海外市場で先行発表していたα6500『ILCE-6500』を国内でも発売すると発表しました。

ILCE-6500_01.jpg

発売日は12月2日。

ボディの店頭想定価格は15万円前後となります。

発売中のα6300も高速なAFや連写機能を備えていますが、α6500ではボディ内5軸手ブレ補正や、バッファの大容量化、タッチパネルを使ったAFを可能にする等、より動体撮影への対応を強化したモデルとなります。

α6300はハイアマチュア向け、α6500はプロ・ハイアマチュア向けとされ、α7シリーズユーザーのサブ機としても訴求していくとしています。

3月に発売されたα6300から、あまり時間が経過せずに登場するAPS-Cセンサー搭載の最上位機種となりますが、α7 II等で搭載している光学式5軸手ブレ補正ユニットを形状を工夫する事でコンパクトなAPS-Cボディに搭載したのが大きな違いとなります。

センサーはAPS-CのExmor CMOS。有効約2,420万画素。ISO感度は100~51200まで設定可能。世界最多という425点の像面位相差検出AFセンサーを搭載する他、169点のコントラスト検出AFセンサーも搭載。これらを画面のほぼ全域に配置する事で、被写体をより高精度に捉えられるとしています。

ILCE-6500_03.jpg
↑世界最多の425点像面位相差AFセンサーによる広いAFカバー範囲

位相差検出AFとコントラスト検出AFを併用するファストハイブリッドAFと、最適化した画像処理エンジン「BIONZ X」の高速処理で、世界最速という0.05秒のAFも実現。像面位相差検出AFの高密度AF追従テクノロジーも使い、離れた場所で俊敏に走る動き等、複雑に動く小さい被写体でも高精度に捉え続けられるとしています。

ILCE-6500_04.jpg
↑ファストハイブリッドAFによる世界最速0.05秒のAF速度を実現

アフタービューになりますが最高11コマ/秒の連写も可能。表示ラグを抑えたライブビュー表示では最高約8コマ/秒も実現。フロントエンドLSIの大容量化したバッファメモリと組み合わせる事で、307枚(約36秒)までの連続撮影も可能。連続撮影後すぐに撮影画像の確認ができる他、書き込み状態をバー表示して、書き込み残り枚数も直感的に分かる様になっています。

ILCE-6500_05.jpg
↑大容量バッファメモリ搭載で、連写撮影後すぐに画像確認が可能。

専用位相差検出AFセンサーを搭載していないマウントアダプタ『LA-EA3』を介して、Aマウントレンズを装着した場合も像面位相差検出AFが可能。瞳を検出して緻密にピントを合わせる「瞳AF」も備えています。

背面モニタはタッチパネルで、画面上の被写体をタッチする事で、直感的にフォーカスを合わせる「タッチフォーカス」が利用可能。ファインダーを覗きながら、親指でモニタをなぞってAFを合わせる事もできます。

ILCE-6500_06.jpg
↑ファインダーを覗きながら操作できるタッチパッド機能搭載

α7 II、α7R II、α7S IIに採用している光学式5軸手ブレ補正機構を、SONY製APS-Cカメラに初搭載。シャッターユニットを含めた機構部を新規に開発する事で、α6300と同等サイズを維持しています。効果は最大5段分。動画撮影時でも利用可能です。

ILCE-6500_07.jpg
↑APS-Cモデルとしては初の光学式5軸手ブレ補正機構を搭載

3,840×2,160pixの4K動画撮影も可能。スーパー35mmフォーマットで高解像度な4K撮影が出来、4Kに必要な画素数の約2.4倍(6K相当)のデータを用いて4K映像を出力する為、より解像感の高い動画が撮影できるとしています。

ILCE-6500_08.jpg
ILCE-6500_09.jpg
↑スーパー35サイズ、6K相当の素子から4K動画を作りだす

XAVC S方式での記録が可能で、4K 30P/24P記録時や1080/120PのHS記録時には最大100Mbpsの高ビットレート録画が可能。新たに動画からの静止画切り出しも可能になりました。4K動画からは約800万画素、フルHDからは約200万画素の画像を作成できます。

S-Log3、S-Log2ガンマにも対応。白とび、黒つぶれを抑えた広いダイナミックレンジで撮影でき、色味やトーンを整えるグレーディングによって幅広い映像表現が可能。色域は、SONYが定義するS-Gamut、S-Gamut3、S-Gamut3.Cineにも対応します。


↑S-Log2/S-Log-3に対応

尚、ガンマ表示アシスト機能し、S-Log撮影時にはRec709のLUTを当てて液晶に表示する事が可能となっていります。

新たに、最大5倍までのHSと、最大60倍までのクイックモーション撮影機能も搭載。最大50Mbpsの高画質フルHDで本体内記録可能。撮影フレームレートは、1~120fpsまでの8段階、記録時のフレームレートは24P/30P/60Pから選択可能。撮影後の作業もなく、すぐにスロー効果、クイック効果をプレビュー確認出来ます。

ボディはフルマグネシウム合金で、約20万回のレリーズ耐久性を実現。シャッター後幕の走行完了前にブレーキ機構を追加し、シャッター走行によるブレの発生を低減。シャッター音も静音化しています。

ILCE-6500_11.jpg
↑高い堅牢性を実現するフルマグネシウム合金ボディを採用

ILCE-6500_12.jpg
↑レリーズ耐久性約20万回を実現した低振動・高耐久シャッター

α7 IIシリーズを継承した操作部材を備え、モードダイヤルやコントロールダイヤルの操作感も向上しています。

ILCE-6500_13.jpg
↑α7 IIシリーズを継承した操作部。更に操作ボタンの内の10個は任意の機能がアサイン可能。

ボタンンに任意の機能のアサインを行う事で、動画Recのスタート/ストップやFINDER/MONITOR切替、ISO AUTO低速限界、サイレント撮影、ブライトモニタリング、ガンマ表示アシストなども割り当て可能。また、再生時の機能をアサインする事も可能となっています。

約236万pixの有機ELを採用したファインダー「XGA OLED Tru-Finder」も装備。アイピースカップも柔らかな感触で使用感が向上。フラッシュも備え、無線LAN機能も用意します。

ILCE-6500_14.jpg
↑ファインダーは「XGA OLED Tru-Finder」

外形寸法は120×53.3×66.9(幅×奥行き×高さ)mmで、重量は本体のみで約410gとなっています。

海外での発表の際、相変わらず動画Recのボタンの位置がイマイチと記しましたが、別ボタンへのアサインが可能だったんですね…。

また、α7シリーズのサブ機的な位置づけとしながら、S-Log3/S-Gamut3.Cine対応なんで、バッチリ映画用途にも使用出来ますね…。しかも、液晶にViewLUT当てられますし、デジタルシネマカメラそのものなんですが…。

フルサイズカメラと異なり、APS-Cサイズはマニュアルフォーカス時もフォーカス合わせるのが楽ですし、素人には動画撮影時のピンボケが解消出来るかもしれませんね。

個人的にはちょっと欲しいです…。

■プレスリリース
高性能オートフォーカスと光学式5軸手ブレ補正機能を小型ボディに凝縮
オールラウンドに活躍するAPS-Cセンサー搭載ミラーレス一眼カメラの最上位機種 『α6500』を発売
~タッチパネルによる直感的で即時性の高いフォーカス操作を実現~
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201610/16-1028/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る