So-net無料ブログ作成

SMC、国内でもXperia Ear『XEA10』を発売 [携帯/スマホアクセサリ]

ソニモバは、欧州で先行発表していたAndroidスマホと連携するイヤフォン型のスマートプロダクト「Xperia Ear(XEA10)」を国内でも発売すると発表しました。

XEA10_01.jpg

発売日は11月18日。

販売予想価格は2万円前後。カラーはグラファイトブラックのみとなります。

左右どちらかの耳に常時装着し、スマホの通話やSNS、メール/SMS、カレンダー、音楽、地図などを音声で確認/操作できるBluetoothイヤフォン型のスマートプロダクトとなります。

スマホが取り出し辛い時などに、声でメール返信や予定のチェックなどが行なえます。Android 4.4以降の端末に対応し、Bluetooth 4.1で接続。NFCでペアリング可能。プロファイルはA2DP/AVRCP/HFPをサポート。IPX2相当の防水性能を持ちます。

メッセージ機能として、SMSでは例えば「高橋さんにメッセージを送信」と話しかけると、アドレス帳から呼び出して送信可能。また、受信があった場合は内容を読み上げ、そのまま音声で返信も可能。EメールやGmailは、受信時の読み上げに対応しますが、返信や送信には非対応。

電話を受けた場合は、通話と拒否が選択でき、通話はハンズフリーで行なえます。「高橋さんに電話」と話して発信する事も可能。不在着信時には「10分前に高橋さんから着信がありました」といった通知を行ない、折り返しも出来ます。

SNSは、LINEや(Facebookの)Messenger、Twitterに対応。通知内容を音声で読み上げる他、返信も可能。但し、メッセージが送れるのは受信からの返信のみで、通知がない時に自分から送信する事は出来ません。

近接センサーと加速度センサー、ジャイロセンサーを搭載。キャリングケースから取り出すと自動で電源ONとBluetoothペアリングを行なう為、電源スイッチを押す操作等は不要。声で話す代わりに、装着したままうなずく事でYES、首を左右に振るとNOの操作をする事も可能。電車内で着信があった時などに、声を出さなくても小さく頭を動かす程度で拒否する事などが出来ます。

Xperia Ear専用のホストアプリが用意され、連携できるメールやSNSなどのアプリが一覧表示。通知を受けたいアプリを選んで連携をON/OFF出来ます。一覧に無いアプリとは連携しませんが、他のアプリ利用中に対応アプリへ通知が有った時には、自動でXperia Earが読み上げを行います。例えば、radikoなど連携非対応アプリを聴いている時にLINEが入ると、スマホを操作する事なくLINEの返信に移る事が出来ます。

カレンダーとの連携により、次の予定を読み上げる事も可能。その他、最新のニュースや、位置を指定しての天気予報読み上げ、アラーム、タイマーの設定、スマホとXperia Earのバッテリ残量確認、スマホを探す(アラームでスマホの所在を確認する)機能にも対応します。

音楽再生の操作にも対応し、Xperiaの場合は「Xperiaの曲かけて」と話すと、Xperiaの「ミュージック」アプリまたは「Google Play Music」アプリで曲を再生。どちらのアプリを使うかは予め設定可能。

検索機能はWikipediaと連携し、「SONYについて教えて」などと問いかけると、該当するページの上部2~3行程度を読み上げる。ナビゲーション機能は地図のGoogleMapsアプリと連携し、「東京駅まで車でナビして」、「東京タワーまで電車でナビして」と話すと、それぞれの交通手段で経路を音声案内します。

イヤフォン部にはバランスド・アーマチュアドライバを搭載。デュアルマイクを搭載し、エコーなどのノイズ低減を図っています。内蔵バッテリでの連続通話時間は4時間、待受けは80時間。キャリングケースがバッテリも兼ねており、Xperia Earを3回分(通話12時間分)フル充電可能。ケースにはマイクロUSB端子を備えますが、Xperia EarにはUSBがなく、充電は必ずケースを介して行なう必要が有ります。

XEA10_02.jpg
↑キャリングケースは、フタの部分を横に押すと上に開く機構。カバンの中などで不意に開いてしまうのを防ぐ

外形寸法と重量は、本体が約29.3×24.3mm、約6.6g、ケースが約29×41×60(幅×奥行き×高さ)mm、約39g。フィット感を調整する為、S/M/Lサイズのイヤーピースに加え、耳のくぼみに合わせて固定できるアークサポーターもS/M/Lサイズを同梱。尚、USB-ACアダプタやUSBケーブルは付属しません。

ケースから出せば自動で電源オンになってBluetoothのペアリングを行う等、色々利便性が高くなる様に考えれられていますが、SMSやSNSのメッセージは対応しながらGmail等のメールは非対応だったり、メッセージ系に関しては着信に対する返信しか出来ない等、ちょっと不満が残る仕様ですね…。

また、電話発信に関しては音声入力で掛けられるみたいですが、SmartWatch3で試した時は、スマホの電話帳の登録の仕方次第で上手く発信出来なかったりしたので、Xperia Earはどうなっているか気になります…。

ワタシはそもそも、外出中は殆どヘッドフォンを着けて音楽を聞いているので、この手のスマートウェアを装着出来ないんで興味がイマイチ湧きませんでした…。

■プレスリリース
耳に装着し自然な音声でコミュニケーションをサポートするスマートプロダクト
Xperia[トレードマーク] Earを発売
~ハンズフリーでの通話、メッセージの送受信、情報検索などが可能~
http://www.sonymobile.co.jp/company/press/entry/2016/1006_1_smartproducts.html




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る