So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、FMラジオ録音対応のICレコーダー『ICD-PX470F』発売 [その他オーディオ関連機器]

SONYは、ICレコーダの新モデルとして、FMラジオ録音も可能な『ICD-PX470F』を10月22日に発売すると発表しました。

ICD-PX470F_01.jpg

販売予想価格は8,000円前後。

カラバリはブラック、ホワイト、ゴールドを用意。内蔵メモリ容量は4GBとなります。

FMラジオ搭載の2015年モデル『ICD-UX533FA』と、2014年に発売したMP3録音のシンプルモデル『ICD-PX440』を1モデルに集約。

PX440には搭載されていなかった高感度/低ノイズの「Sマイク・システム」や、録音レベルを自動で最適な感度にする「おまかせボイス」などを装備します。

また、ワイドFM(FM補完放送)にも対応したラジオを搭載し、録音も可能。インタビューや議事録作成などに使える「書き起こし再生モード」も備えています。ミュージックプレーヤー機能も利用可能です。

ステレオマイク内蔵で、録音形式はリニアPCM(44.1kHz/16bit)またはMP3の48kbps(モノラル)、128/192kbps(ステレオ)。録音のシーンセレクトや、録音した日付でファイルを探せる「カレンダーサーチ」、再生速度調整機能(DPC)、再生時のノイズカットやデジタルボイスアップなどを行なう「クリアボイス」、ローカットフィルタなどを装備する。よく使う設定項目をオプションボタンですぐに呼び出す事も可能となっています。

内蔵メモリの他に、最大32GBのmicroSDHCカード対応のスロットも搭載。インターフェイスはUSBで、スライド収納式。PC用ソフト「Sound Organizer」を本体メモリ内に収録します。

ICD-PX470F_02.jpg
ICD-PX470F_03.jpg
↑USBでPCに直挿し可能

電源は単4電池2本で、付属のアルカリ電池利用時の連続録音時間は、リニアPCM録音時が約34時間、MP3 192kbpsで約40時間。ステレオミニのマイク入力とヘッドフォン出力を装備。モノラルスピーカーも内蔵する。外形寸法は約114.1×38.3×19.3(縦×横×厚さ)mm、約47gとなります。

一昔前は、ICレコーダーも数多くのラインナップを揃えていましたが、最近は最早年1製品発売されるか、されないかになっちゃいましたね…。会社の議事録用途ぐらいなら、スマホのボイスレコーダーアプリで事足りますし、スマホアプリの方がトリックプレイも楽ですから、しょうがないですね。

むしろ、記者向けなどの高品位製品の方が需要が有りそうな気がするんですが、どうなんでしょうか?

■SONY商品情報・ストア>ICレコーダー/ラジオレコーダー>ICD-PX470F
http://www.sony.jp/ic-recorder/products/ICD-PX470F/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る