So-net無料ブログ作成

SONY、海外市場でEマウントα「α6500」発表 [Cyber-shot/α]

SONYは、APS-Cセンサー搭載ミラーレスデジタルカメラα6500『ILCE-6500』を海外市場で発売すると発表しました。

ILCE-6500_01.jpg

北米では11月、欧州では12月より発売。

ボディ単体の価格は約1,400ドル/1,700ユーロ。また、レンズ『SEL1670Z』付きのキットは欧州では約2,800ユーロで販売されます。

APS-Cサイズで有効2,420万画素のExmor CMOSセンサーを備えた、Eマウントのミラーレスデジタルカメラ。

現行機種α6300と同様に、425点の像面位相差センサーを搭載。AF 0.05秒以下の「4Dフォーカス」システムを備え、高速連写は最高11コマ秒(ライブビュー連写は8コマ秒まで)。高速な内部処理とバッファメモリ拡張などにより、307枚の連続撮影が可能です。

SONY製APS-C搭載カメラで初となるボディ内の5軸手ブレ補正を“α6300とほぼ同サイズ”という本体に内蔵。動画撮影時のファストハイブリッドAFや、ハイスピード撮影中のAFにも対応します。タッチスクリーンAFにも対応し、フォーカスロックや動画AFなどに利用可能です。

ILCE-6500_02.jpg
↑タッチAF対応

動画の記録フォーマットはXAVC SとMP4、AVCHDで、XAVC S 4Kは、3,840×2,160pix、30p/24p、ビットレート100/60Mbpsが選択可能。XAVC SのフルHDは、ハイスピードの120pが100Mbps、60Mbps、60p/30p/24pが、50Mbpsとなります。

AVCHD/MP4は、最高1080/60p、28Mbps。S-Log2、S-Log3や、S-Gamutもサポートします。

新機能の「Slow and Quick(S&Q)モード」も搭載。フレームレートを1~100fpsまで8段階で設定可能で、50倍までのクイックモーションや、4倍までのスローモーションに対応。4K動画から800万画素の静止画、フルHD動画から200万画素静止画の切り出しに対応しています。

本体デザインも見直され、α6000シリーズの携帯性を保ちつつ、α7 IIシリーズのユーザビリティを追求。0.39型/240万画素有機ELのビューファインダも備えます。液晶モニターはタッチパネル式で3型92万画素となります。

ボディはマグネシウム合金製。IEEE 802.11b/g/n無線LANを搭載し、NFCに対応。PlayMemories Camera Appsでスマホやタブレットと連携し、撮影動画の転送や、カメラの遠隔制御が行なえます。

記録メディアはSD/SDHC/SDXCと、メモステPRO/PRO-HG デュオ。HDMIマイクロ出力を装備し、3,840×2,160pix/30p出力等に対応します。外形寸法は約120×53.3×66.9(幅×奥行き×高さ)mmで、本体の重量(バッテリ/メモステ込み)は約453gとなります。

α6300よりグリップ部が山なりになり、ホールド感が良くなってそうですね。ただ、相変わらず動画Recボタンが微妙な位置に配置されてて押し辛そうなままですが…。まぁ、α7シリーズも同様なので「α7 IIシリーズのユーザビリティを追求」というのに偽りは無いんですが…。

Recボタンの位置を除けばα6000シリーズはコストパフォマンスが良い製品ですから、ちょっと欲しくなって来ました…。

■プレスリリース(米SONY/英文)
http://www.sony.com/en_us/SCA/company-news/press-releases/sony-electronics/2016/sony-introduces-new-6500-camera-with-exceptional-a.html
■プレスリリース(英SONY/英文)
http://presscentre.sony.co.uk/pressreleases/sony-introduces-new-a6500-camera-with-exceptional-all-around-performance-1594724




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る