So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、BA+ダイナミック型のハイブリッドイヤフォン新モデル『XBA-N3』、『XBA-N1』発売 [ヘッドフォン/Bluetoothヘッドセット]

SONYは、バランスド・アーマチュア(BA)ユニットとダイナミック型を両方搭載した、ハイブリッドタイプのイヤフォン新モデル『XBA-N3』、『XBA-N1』を発売すると発表しました。

XBA-N3_01.jpg
↑XBA-N3

発売日は10月29日。

販売予想価格は『XBA-N3』が35,000円前後、『XBA-N1』が22,000円前後となります。

それぞれ『XBA-A3』と『XBA-A2』の後継機種。新モデルのN3とN1はどちらも、ダイナミック型ユニット×1基と、BA×1基の2ウェイとなります。従来機のA3は3ウェイ、A2も3ウェイでしたが、音質を追求した結果、新モデルではどちらも2ウェイになったとの事です。

XBA-N1_01.jpg
↑XBA-N1

N3は、LCP振動板を採用した9mm径のダイナミック型ユニットと、小型化したBAユニットを組み合わせています。LCP振動板は、振動板材料として理想的な特性を持つというもので、色付けの少ないクリアなサウンドが特徴となります。

XBA-N3_02.jpg
↑LCP振動板採用小型高感度9mmダイナミックドライバーユニット

N1は、外磁型磁気回路を採用した9mmのダイナミック型ユニットと、小型化したBAユニットを搭載しています。

両モデルに搭載するBAユニットの振動板は、新たに形状を見直す事で、軽量化を実現。より自然で伸びのある高音再生が可能になったとしています。更に、高精度な組み立て技術を用いる事で、体積を約30%削減。小型化と高音質の両立を実現したとしています。

N3のみの特徴として、ドライバユニットの後方に設けた拡張音響空間に、極細の音響管を接続。振動板背面の通気を精密にコントロール。豊かで最適なバランスの中音域の再生と、低音域から高音域にかけての自然な音のつながりも実現したとしています。

XBA-N3_03.jpg
↑『XBA-N3』の内部構造。N3はドライバーユニットの後方に設けた拡張音響空間に極細の音響管を接続する

XBA-N1_02.jpg
↑『XBA-N1』の内部構造

ケーブルはどちらのモデルも着脱可能で、MMCX端子を採用。インピーダンスは16Ω。再生周波数帯域と重量(ケーブル含まず)は、N3が3Hz~40kHzで、約7g。

N1が4Hz~40kHzで約7g。2種類の硬度のシリコンゴムに、独自開発のシリコンフォーム素材を組み合わせた「トリプルコンフォートイヤーピース」を3サイズ、ハイブリッドイヤーピース4サイズを同梱します。

BA+ダイナミック型のイヤフォンはどうしても大きくなるといった弊害が有りましたが、見事に小型化しているのに驚きました。しかも、ダイナミック型はドライバ部分が大きい程高音質という常識にとらわれず、小型でも高音質というドライバっを作るとは…。

バランス接続ヘッドフォンが欲しいけどオーバーヘッド型は嵩張るから嫌だという方にはうってつけですね。製品展示されたら、是非とも試聴したいと思います。

■プレスリリース
ワイヤレスでも圧縮音源をハイレゾ相当で楽しめる
業界最高クラスノイズキャンセリング性能の『MDR-1000X』など、ヘッドホン7機種発売
~JEITA統一規格φ4.4mmバランス接続対応ポータブルヘッドホンアンプ、ケーブルも同時発売~
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201610/16-1004/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る