So-net無料ブログ作成
検索選択

英SONY、高速AF搭載Cyber-shot「RX100V」発表 [Cyber-shot/α]

SONYは、1型のCMOSセンサーを搭載したデジタルカメラ「RX100」シリーズの新モデルRX100V『DSC-RX100M5』を発表しました。

DSC-RX100M5_01.jpg

AFを高速化し、秒間24コマの高速連写、4K動画撮影、最高1,000fpsのHS撮影などが可能になっています。

欧州での発売は11月予定。価格は1,200ユーロとなっています。

RX100Vの特徴はAFの強化で、コントラストAFと像面位相差AFを組み合わせた「ファストハイブリッドAF」を搭載。1型センサーのデジカメとしては世界最速という0.05秒での合焦を実現したとしています。

AFポイントはフレームの約65%をカバーする315点。秒間24コマの高速連写も可能。ローリングシャッター効果を抑える高速アンチディストーションシャッターも装備します。

1型の積層型Exmor RS CMOSセンサーを搭載。画素数は約2,010万画素。レンズはツァイスのバリオ・ゾナーT*の24~70mm(35mm換算)で、明るさはF1.8~2.8となっています。

DSC-RX100M5_02.jpg
↑レンズはツァイスのバリオ・ゾナーT*の24~70mm

バッファメモリを拡充した他、画質を最適化するというフロントエンドLSIチップや処理システムも刷新。画像処理はBIONZ Xとなります。

全画素読み出しによる、高画質な4K動画撮影にも対応。XAVC Sコーデックで、最高100Mbpsのレートで記録可能。S-Log2、S-Gamutにも対応。動画撮影時もファストハイブリッドAFが利用可能。AFの駆動速度や追尾AFの感度などは、ユーザーが細く調整可能。4K撮影中に200万画素の静止画撮影も可能。連続動画記録時間は約5分となります。

最高1,000fps、500fpsや250fpsのスローモーション撮影も可能。235万画素の有機ELファインダーも搭載。無線LAN機能やNFCなども備えています。

また、新たなオプションとして、水中ハウジング『MPK-URX100A』も発売。RX100Vだけでなく、これまでのRX100シリーズでも利用できるとの事です。

DSC-RX100M5_03.jpg
↑液晶ディスプレイはチルト式

DSC-RX100M5_04.jpg
↑ポップアップ式有機ELファインダーやフラッシュも内蔵

コンデジで1,000fpsのHS撮影って凄いですね…。2016年10月現在の為替から円換算すると138,000円となりますが、このスペックでRX100IVから2万円弱しか高くなっていないなら買いかもしれません。

ところで、RX100シリーズは初代からIV迄併売でしたが、Vの発売でも併売されるんでしょうか?それだと以前のモデルがどんどん安くなるんで嬉しいんですが…。

■プレスリリース(英SONY/英文)
http://presscentre.sony.co.uk/pressreleases/sony-announces-new-addition-to-acclaimed-line-of-cyber-shot-r-rx-cameras-1594722




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る