So-net無料ブログ作成

SONY、4.4mm5極バランス出力を備えたDAC搭載ポータブルアンプ『PHA-2A』国内発売 [その他オーディオ関連機器]

SONYは、IFA2016で発表した、4.4mm 5極のバランス出力にも対応したヘッドフォンアンプの新モデル『PHA-2A』を国内でも発売すると発表しました。

PHA-2A_01.jpg

発売日は10月29日。予想価格は6万円前後となっています。

既発売の『PHA-2』から、デザインと細かな仕様を変更しつつ、新たに4.4mm 5極のバランス出力を備えたのが特徴となります。

JEITAが今年の3月に規格化した4.4mm5極の端子も新たに搭載。ハイエンドウォークマン『NW-WM1A』や『NW-WM1Z』も対応しています。

バランス出力に加え、ステレオミニのアンバランス出力も1系統備えています。

ポータブルアンプやDACとしての主なスペックは従来モデルを踏襲。DACも搭載しており、PCMは192kHz/32bitまで、DSDは5.6MHzまでの再生に対応。

デジタル入力として、XperiaやPC、ウォークマンと接続する為のマイクロUSBと、iPhone/iPod/iPadと接続する為のUSB A端子を各1系統備えています。内蔵バッテリの充電も別のUSB端子から行ないます。

PHA-2A_04.jpg

アンプの最大出力は約320mW×2ch(バランス接続/32Ω時)。ゲイン切り替え機能も従来から踏襲していますが、新モデルではNORMAL/HIGHに加え、新たにLOW設定も追加されました。

PHA-2A_05.jpg
↑ゲイン切り替えに「LOW」が追加

内蔵バッテリでの動作時間は約5時間。充電所要時間は約8時間。外形寸法は133×80×23(縦×横×厚さ)mmで、重量は約290gとなります。

IFA2016ではあまりフィーチャリングされていなかったので、国内発売を心配していましたが、無事発売される事となりましたw

個人的に欲しい製品ですが、量販店で実機展示されたら、試聴して来たいと思っています。

■プレスリリース
ワイヤレスでも圧縮音源をハイレゾ相当で楽しめる
業界最高クラスノイズキャンセリング性能の『MDR-1000X』など、ヘッドホン7機種発売
~JEITA統一規格φ4.4mmバランス接続対応ポータブルヘッドホンアンプ、ケーブルも同時発売~
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201610/16-1004/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る