So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、ワイヤレスヘッドフォンの最上位モデル『MDR-1000X』を国内発売 [ヘッドフォン/Bluetoothヘッドセット]

SONYは、IFA2016で発表したワイヤレスのフラッグシップヘッドフォン『MDR-1000X』を国内でも発売すると発表しました。

MDR-1000X_01.jpg
↑カラバリ「ブラック

発売日は10月29日。販売予想価格は40,000円前後。

カラバリはブラックとグレーベージュの2色となっています。

Bluetooth 4.1に対応したワイヤレスヘッドフォン。ハイレゾ相当でのワイヤレス伝送が可能なLDACコーデックに対応。SBC/AAC/aptXもサポート。SCMS-Tにも対応する。

MDR-1000X_02.jpg
↑カラバリ「グレーベージュ」

更に、ヘッドフォンに独自のDSEE HXを搭載。非ハイレゾ楽曲を再生する場合も、圧縮音源をアップスケーリングして再生、ハイレゾ相当のサウンドが楽しめるとしています。このDSEE HXは常にONになっていますが、LDAC接続や有線接続時はOFFになります。ケーブル接続での利用も可能。

独自のデジタルアンプのS-Master HXも搭載。音質の劣化を抑えながら、ハイレゾ音源のディテールを忠実に再現できるとしています。

ノイズキャンセリング機能は「業界最高クラス」としており、それを実現する為に、デュアルノイズセンサーテクノロジーを導入。マイクでノイズを集音し、DNCソフトウェアエンジンを使い、騒音を打ち消す信号を高精度に生成し、ノイズをキャンセルします。ユニットやセンサーの配置を最適化する事で、キャンセル精度に磨きをかけています。

MDR-1000X_05.jpg
ヘッドホンの外側と内側に配置した2つのセンサーを配置

周囲の騒音を分析し、より効果的なキャンセルを行なう「フルオートAIノイズキャンセリング」も搭載します。

MDR-1000X_06.jpg
↑フルオートAIノイズキャンセリング

新機能として「パーソナルNCオプティマイザー」を搭載。これは、装着したユーザーに合わせて、最適な設定を行なうというものになります。ハウジング側面のNCボタンを長押しすると、試験信号が流れ、ユーザーの個人差、髪型やメガネの有無、装着のズレ具合などを計測。それを踏まえて、最適なノイズキャンセリングができる様になります。

MDR-1000X_07.jpg

ユーザーの装着状態に合わせてノイズキャンセリング機能を最適化

静かな状態を作りだすだけでなく、音楽を楽しみながら周囲の音を取り込む「アンビエントサウンドモード」も搭載。ノイズを低減しながら、人や声のアナウンスなどをピックアップで取り込むボイスモード、自然に周囲の音を取り込むノーマルモードを備えています。

MDR-1000X_08.jpg
↑アンビエントサウンドモードはシーン別に使い分けができる「ノーマルモード」「ボイスモード」の2モード搭載

更に、右側のハウジング全体を手のひらで抑える様にすると、外音を大きく取り込む「クイックアテンション」機能も用意。駅のアナウンスなどをとっさに、クリアに聞きたい時に利用出来ます。外部の音を取り込むだけでなく、再生している音楽のボリュームは小さくなります。

MDR-1000X_09.jpg
↑クイックアテンションモード

耳元の操作でSiriやGoogle Nowを簡単に起動する事も可能。さらに、右側ハウジングのタッチセンサーを操作する事で、再生制御も出来ます。

MDR-1000X_10.jpg
↑ハウジング部でスマホ等のタッチ操作が可能

ドライバユニットは40mm径。ハイコンプライアンス化による低域再現性を高めつつ、可聴帯域を超える高域再生を可能にするHD振動板形状を採用。軽量なCCAWボイスコイルも使う事で、高域のリニアリティの高いレスポンスを実現。感度も高める事で、ノイズキャンセリング性能の向上にも寄与できるとしています。

MDR-1000X_11.jpg
↑ドライバユニットの内部構造

ウォークマンの新製品で採用した高音質技術も導入。積層基板の層と層を繋げるスルーホールを銅で埋める事で、電気回路のインピーダンスを低下する技術や、高純度無鉛高音質はんだの使用、厚膜銅箔プリント基板も採用しています。

有線接続も可能で、付属のヘッドフォンケーブルには銀コートOFC線を使用。ケーブルは片出しで、長さは1.5mとなります。

イヤーパッドも新設計。表面素材には合成皮革を採用。内部には低反発ウレタンを仕様。ヘッドバンド構造の見直しで、軽量化も実現しています。

再生周波数帯域は4Hz~40kHz。内蔵バッテリでの連続使用時間は最大20時間。ノイズキャンセリング機能をOFFにした場合は22時間。重量は約275gとなります。

IFA2016での発表の際は、クイックアテンションモードがハウジング部を手のひらで覆う事で起動する事や、スマホの操作をハウジング部のタッチで行える等明らかになっていませんでしたが、音質にも拘った上で、「ノイキャン機能付きワイヤレスヘッドフォンで出来たらいいな」という事を見事に叶えてくれる製品だと思いました。

正直、ノイキャンヘッドフォンで音楽を聴きながら電車やバスに乗っていると社内アナウンスが聞こえず、慌ててヘッドフォンを外すという事が頻繁に有るんで、アンビエントサウンドモードとか、クイックアテンションモードとかかなり便利だと思います。

また、ワイヤレスヘッドフォンを使用していても、スマホやオーディオプレイヤーの操作の為に端末をポケットから出して操作するという事に疑問を持っていたので、ヘッドフォンから操作が可能というのも画期的だと思います。しかも、SiriやGoogle NOWの起動も可能なので、スマホを取り出さずに引き続き音声入力でオーディオプレイヤー機能以外の操作も可能になるというのは良く考えられていると思います。

久しぶりに、単体ヘッドフォンで欲しくなった製品です。

■プレスリリース
ワイヤレスでも圧縮音源をハイレゾ相当で楽しめる
業界最高クラスノイズキャンセリング性能の『MDR-1000X』など、ヘッドホン7機種発売
~JEITA統一規格φ4.4mmバランス接続対応ポータブルヘッドホンアンプ、ケーブルも同時発売~
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201610/16-1004/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る