So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、Media Goとx-アプリをアップデート [アプリケーションソフト]

SONYは、オーディオプレーヤーソフト「Media Go」の最新バージョンMedia Go 3.1のリリースを9月9日に開始しました。

MediaGo3.1_01.jpg

新たにハイレゾオーディオフォーマットを追加し、11.2MHz DSDなどに対応しています。

10月発売の新ウォークマン『NW-WM1Z』、『NW-WM1A』に合わせて、新たにDSD 11.2MHz(.dsf 、.dff)や、384kHz/32bitまでのWAV、FLAC、ALACファイル等、ハイレゾフォーマット対応を強化。

加えて、高DPIディススプレイをサポート。また、パフォーマンスやセキュリティ、操作性の強化、対応機器の拡充も図られています。対応OSは、Windows Vista/7/8/8.1/10となります。

また、音楽再生/管理ソフトウェア「x-アプリ Ver.6.0」も9月6日にアップデート。操作利便性の改善、信頼性と動作安定性の向上が図られています。

対応OSはWindows Vista/7/8/10。x-アプリはウォークマンの2012年モデルまで音楽管理/転送、再生ソフトとして利用されており、2013年モデルからはMedia Goの利用が推奨されています。

ちょっと前までWindow PCでもiTunesの方がまだ使い勝手が良かったり、レスポンスが速かったりしましたが、iTunesが勝手に改悪アップデートし続けているお陰で、すっかりMedia Goの方が使い勝手が良くなりましたね。

ハイレゾ再生も遂にDSD11.2MHzや384kHz/32bit迄のWAV、FLAC対応にもなりましたし、Windowsユーザーが手軽に扱うオーディオプレイヤーとしてはお薦め出来ると思います。

x-アプリも2012年迄に発売されたウォークマンユーザー向けにアップデート対応しているだけみたいですし、この調子だとx-アプリもあと何年かでMedia Goに統合されそうですね。開発リソースを分断しない為にも早く統合した方が良いと思います。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る