So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、HLG方式のHDR対応4Kホームプロジェクタ『VPL-VW535』発売 [その他映像関連機器]

SONYは、ネイティブ4K解像度のHDR対応SXRDプロジェクタ『VPL-VW535』を発売すると発表しました。

VPL-VW535_01.jpg

発売時期は10月中旬。価格は100万円となっています。

2015年発売の『VPL-VW515』をリファインし、新たに放送用のHDR「Hybrid Log Gammma(HLG)」対応やコントラストの強化を図っています。価格はVW515より10万円アップ。カラバリはブラックとホワイトの2色となります。

0.74型/4,096×2,160pixの4K SXRDパネルを搭載したプロジェクタ。Ultra HD Blu-rayのHDR(ハイダイナミックレンジ)信号に対応し、ダイナミックコントラストは35万:1(VW515は30万:1)に強化。輝度は1,800ルーメンとなります。

VPL-VW535_02.jpg

レンズは光学2.06倍の電動ズーム/フォーカスレンズ。レンズシフトも可能で、上85%、下80%、左右方向31%の投写画面移動に対応します。レンズシフト位置はリモコンから調整可能。60~300型の投写に対応。ランプは高圧水銀で出力は280W。ランプ[低]時の寿命は6,000時間となります。

VPL-VW535_03.jpg

VPL-VW535_04.jpg
↑レンズシフト位置はリモコンから可能

データベース型超解像処理LSI「リアリティクリエーション」によるフルHDの高精度な4K化を搭載。ゲーム使用時の低遅延モードも備えていて、一部の高画質処理を省略する事で、遅延発生を抑制し、画質モード[ゲーム]選択時には自動的に低遅延が働く様に設計されています。対応カラースペースは、BT.2020とBT.709が選択可能。

3D表示にも対応。メガネ別売で、「フルHDグラス・イニシアチブ」準拠のものであれば、他社製メガネを含めて利用可能との事です。

使用時間の経過により発生する色バランスのズレを、自動で初期状態に補正する「オートキャリブレーション」も搭載。本体に内蔵のカラーセンサーにより、ホワイトバランスなどのカラーマネジメントを自動で補正。常に最良な状態を維持するとしています。

入力端子はHDMI×2のみ。VW535ならではの強化ポイントとして、4K/60PのYCbCr(4:2:0):10bit信号の入力に対応(VW515は4K/60P YCvCr 4:2:0 8bitまで)し、4K/60PのHDR信号もサポート。また著作権保護技術のHDCP 2.2対応もHDMI 1/2の2系統となりました(VW515はHDMI 2のみ)。HDMI以外に、2系統のトリガー端子やEthernet、RS-232C、IR IN、USB端子などを装備しています。

VPL-VW535_05.jpg
↑端子部分

消費電力は、最大410W(待機時0.3W)。動作音は約26dB。外形寸法は495.6×463.6×195.3(幅×奥行き×高さ)mm、重量は14kg。リモコンが付属します。

これは、先日IFA2016で発表された『VPL-VW550ES』の国内版ですね。

しかし、SONYはBRAVIAにしろ、ホームプロジェクタにしろ、頑なに4K信号の入力は4:2:0に留まってますね…。VW535は10bit迄対応したとはいえ、パナは4K/60Pでも4:4:4 8bit、4K/24Pでは4:4:4 12bit迄対応しているというのに…。

放送やUHD BDでは4:4:4は使用されませんが、最近のレコやプレイヤーはアップコンして出力しますからね…。人間の目は8bit以上の階調を区別出来ないと言われているので12bitは必要無いと思いますが、ビデオサンプリングは最低4:2:2は欲しいですよね…。

■プレスリリース
レーザー光源を採用した家庭用4Kホームシアタープロジェクター最上位機種 『VPL-VW5000』発売
高輝度5000ルーメンを実現し、HDR*コンテンツの臨場感を忠実に再現
~4K・HDR対応モデル『VPL-VW535』も発売~
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201609/16-0906/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る