So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、IFA2016でワイヤレスヘッドフォンの最上位モデル『MDR-1000X』発表 [ヘッドフォン/Bluetoothヘッドセット]

SONYは、ドイツで開幕したIFA2016で、業界最高クラスというノイズキャンセリング(NC)機能を備え、音質にもこだわったワイヤレスのフラッグシップヘッドフォン『MDR-1000X』を発表しました。

MDR-1000X_01.jpg

10月に海外市場で発売予定。価格は429ユーロとなっています。

カラバリはブラックとグレーベージュの2種類を用意しています。

MDR-1000X_02.jpg

Bluetoothに対応したワイヤレスヘッドフォンで、ハイレゾ相当でのワイヤレス伝送が可能なLDACコーデックに対応。SBC/AAC/aptXもサポートします。

更に、ヘッドフォンに独自のDSEE HXを搭載。非ハイレゾ楽曲を再生する場合も、圧縮音源をアップスケーリングして再生、ハイレゾ相当のサウンドが楽しめるとしています。

「業界をリードする」というNC機能を装備。フィルタリング処理の進化や、デュアルノイズセンサーテクノロジー、新開発のイヤーパッドを組み合わせて実現したとしています。

新機能「Personal NC Optimizer」も搭載。装着したユーザーに合わせて、最適なNC設定を行なうというものとなります。

この他にも、外の音を取り込んでアナウンスなどを聞きもらさない様にする「Quick Attention」や、適度に外音を取り込む「Ambient Sound Mode」等も利用可能。これらの技術は、新開発の「SENSE ENGINE」で実現しています。

ドライバユニットは40mm径。振動板は液晶ポリマーにアルミニウム薄膜をコーティングしたものを採用。再生周波数帯域は4Hz~40kHz。ステレオミニケーブルの優先接続にも対応し、銀コートOFCの1.5mケーブルも同梱します。ハウジング部はスイーベルします。

MDR-1000X_03.jpg

内蔵バッテリでの連続使用時間は最大20時間。ノイズキャンセリング機能をOFFにした場合は22時間。重量は約275gとなります。

ヘッドフォン内部にDSEE HXやPersonal NC Optimizer等用の回路を搭載しているんですね…。確かにワイヤレスヘッドフォンの場合、LDACコーデックを使用していたとしても圧縮された音声になりますから、ヘッドフォン側でデコード後に更に処理するというのは良いアイディアかもしれませんが、再生周波数帯域が4Hz~40kHzですから、ハードウェア的には『MDR-10R』シリーズレベルかもしれませんね。

■プレスリリース(英SONY/英文)
http://presscentre.sony.co.uk/pressreleases/sony-announces-the-mdr-1000x-wireless-headphones-with-industry-leading-noise-cancellation-performance-1541728




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る