So-net無料ブログ作成
検索選択

SONY、HDR強化の4K SXRDプロジェクタ『VPL-VW550ES』発表 [その他映像関連機器]

SONYは、IFA 2016で4K SXRDプロジェクタの新モデル『VPL-VW550ES』を発表しました。

VPL-VW550ES_02.jpg

欧州では10月に発売し、価格は9,999ユーロ

カラバリはブラックとプレミアムホワイトの2種類を用意します。HDRに対応し、「シアター専用部屋向け4K高画質モデル」と位置づけています。

独自の4Kネイティブ(4,096×2,160pix)の反射型液晶パネル「4K SXRD」を搭載し、HDMI 2.0準拠の4K/60P映像信号に対応。HDMI端子の1と2はいずれも著作権保護のHDCP 2.2をサポートします。

従来モデル『VPL-VW515』と同様にHDR(4K/24P/10bit)信号入力に対応する他、新たに4K/60P/10bitもサポート。更に、放送向けHDRとしてHybrid Log Gamma(HLG)にもアップデートで対応するのが特徴となります。

4K UHD Blu-ray再生に最適化した「データベース型超解像処理LSI(リアリティクリエーション)」を搭載。同機能には新たに「Mastered in 4K」モードも追加しました。

VPL-VW550ES_01.jpg

輝度は最高1,800ルーメン。動的絞りのアドバンストアイリス3を搭載し、VW515を上回る35万:1というダイナミックコントラストを実現(VW515は30万:1)した。オートキャリブレーション機能も備え、色バランスのズレを自動で補正可能。

レンズシフトは上85%、下80%、左右は±31%。3Dにも対応し、共通規格の「フルHD 3Dグラス・イニシアチブ」に準拠した無線方式3Dを採用します。尚、3Dメガネは別売。ゲーム用の低遅延モードも搭載。ランプ寿命は約6,000時間。外形寸法は496×464×195(幅×奥行き×高さ)mm、重量は約14kgとなります。

英BBCはHDRの方式にNHKと同じHLG方式を採用しているので(厳密に言うとBBCとNHKでは仕様が若干異なりますが…)、HLGに対応出来る4Kプロジェクターを欧州市場で投入する、といったところでしょうか?

そんな訳で、この製品は欧州と日本市場のみの発売かもしれませんね。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る