So-net無料ブログ作成

SONY、4K BRAVIAのエントリーモデル「X8300D」、「X7000D」シリーズ発売 [BRAVIA/WEGA/その他TV]

SONYは、4K BRAVIAのエントリーモデルとして、49/43型の『KJ-X8300D』シリーズと、49型の『KJ-X7000D』シリーズを発売すると発表しました。

KJ-X8300D_01.jpg
↑X8300D

9月17日より順次発売。販売予想価格は15~19万円前後となっています。

X8300Dシリーズは、HDRに対応し、カラバリ「ブラック」の他、新色の「ウォームシルバー」を用意した点が特徴。49型『KJ-49X8300D』と43型『KJ-43X8300D』を用意し、販売予想価格は49型が19万円前後、43型が15万円前後となります。

X7000Dシリーズは、4K BRAVIAのエントリーシリーズで、49型『KJ-49X7000D』の1モデル展開。後日のソフトウェア・アップデートで、HDRに対応予定。販売予想価格は16万円前後となります。

今年5月に発売されたX8500Dシリーズは、65/55型の2モデル展開でしたが、X8300Dシリーズはそのサイズバリエーション追加かつ低価格化したスタンダードモデルとなります。

49/43型とも3,840×2,160pixの4K液晶倍速駆動パネルを搭載。広色域のトリルミナスディスプレイ対応で、残像低減技術の「モーションフローXR240」も搭載しています。

また、HDR映像にも対応。HDR信号は、UHD BDの「HDR10」に加え、スカパー! プレミアムサービスで10月から放送予定の4K HDR放送で採用される「Hybrid Log Gamma」にも対応予定となっています。

上位機のX8500Dシリーズと、X8300Dシリーズの違いは高画質プロセッサの「X1」が省かれた点。X8300Dシリーズは、SONYの長年のノウハウを集約した「4K X-Reality PRO」を搭載し、データベース超解像やノイズ低減により、2K/4K映像を高画質に4K化する。LEDバックライトの部分駆動には対応しません。

また、カラバリとして、部屋馴染みやすいウォームシルバーを用意している点も特徴となります。デザイン面では、外枠を薄型化する事で、本体の厚みをスタイリッシュに見せています。スタンドも2015年モデル「X8500C」から変更し、幅広いデザインにより視覚的な安定感を向上しながら、中央を空洞とし、スタンドの存在感を抑えているとしています。

KJ-X8300D_02.jpg
↑外枠を薄型化

KJ-X8300D_05.jpg
↑カラバリ「ウォームシルバー」を追加

KJ-X8300D_03.jpg
↑スタンドのデザインも一新

X7000Dシリーズは、49型の『KJ-49X7000D』の1モデル展開の4K BRAVIAエントリー機。輝度や視野角特性のアップにより、発色の良い映像としたとしています。

KJ-X7000D_01.jpg
↑KJ-49X7000D

X8300Dとの比較では、液晶パネルがトリルミナスディスプレイ非対応かつ、倍速非対応となります。また、HDRについてはソフトウェア・アップデートで後日対応予定。映像エンジンは4K X-Reality PROとなります。

画質やデザイン以外の主な仕様は、X8300DとX7000Dシリーズでほぼ共通となっており、チューナはスカパー! プレミアムサービス×1と、地上/BS/110度CSデジタル×2で、別売のUSB HDDを追加して裏番組録画に対応します。EthernetとIEEE 802.11ac/a/b/g/n無線LAN、Bluetoothを備えており、VODサービスやスマホ連携が行なえます。

スピーカーはフルレンジ×2。出力は10W×2chで、デジタルアンプの「S-Master」を搭載。フロントサラウンド技術の「S-Force Surroud」や、AACなどの圧縮音源を補間して高音質化する「DSEE」も備えています。

OSはAndroid TVで、映像/音楽配信サービスや写真やゲームアプリ、検索などに対応。Google Playからのアプリダウンロードや、Google Castに対応。Android TVは最新バージョンにアップデートし、視聴中でも次に見たいコンテンツを選べる「番組チェック」の改善などが行なわれています。

Netflixやアクトビラ、ひかりTV、Netflix、Amazonビデオ、dTVなどのVODサービスやYouTubeの4K映像に対応。オンデマンド高校野球やHulu、U-NEXTなどに対応する他、8月23日にスタートしたスポーツライブ配信の「DAZN(ダ・ゾーン)」に対応し、BRAVIA上からDAZNが視聴可能。また、「AbemaTV」にも対応予定との事です。

音声検索機能付きのリモコンが付属し、録画番組検索やYouTubeの検索などで音声操作が行なえます。

KJ-X8300D_04.jpg
↑音声検索機能付きのリモコンはGoogle PlayやNetflixボタンも

HDMI入力は4系統で、いずれも4K/60p 4:4:4対応。コンポーネント映像入力×1や、コンポジットビデオ入力×2、光デジタル音声出力×1、ヘッドフォン出力×1(サブウーファ兼用)などを装備します。

X8300Dシリーズの消費電力は、49型が131W、43型が148W。年間消費電力量は49型が125kWh/年、43型が124kWh/年。外形寸法/重量は、49型が109.3×21.6×68.6(幅×奥行き×高さ)cm/14.2kg、43型が96×21.6×61.2(同cm)/13.2kg。

X7000Dシリーズの消費電力は143W、年間消費電力量は135kWh/年。外形寸法は110.7×24.6×70(幅×奥行き×高さ)cm、重量は14.3kgとなっています。

完全エントリーモデルのX7000Dシリーズの様な製品が出て来たという事は、いよいよ4Kテレビの普及機に差し掛かって来たと言えますが、台数ベースでそこまで4Kテレビは普及していないうちに、画質の良くない製品を発売するのはどうかと思います…。

HDテレビの頃と違い、比較的画質の良いBSデジタル放送が先行して、追って画質が悪い地デジ放送が始まった時と異なり、現行の4K放送は、テレビ側で画像処理がちゃんとされていないと画質が悪く見えるコンテンツが多いですから…。

個人的には4K BRAVIAを買うならX8500Dシリーズ以上の製品しか選択肢に入りませんから、もう少し価格が安くなってからの購入となりそうです。

ところで、金さえ積めば、リモコンに専用ボタンを載せるというのは何とかなりませんかね?特に「Google Play」ボタンに至っては色迄つけさせてますから、SONY製品の品位に関わると思います。

■SONY商品情報・ストア>ブラビア>X8300Dシリーズ
http://www.sony.jp/bravia/products/KJ-X8300D/
■SONY商品情報・ストア>ブラビア>X7000Dシリーズ
http://www.sony.jp/bravia/products/KJ-X7000D/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る