So-net無料ブログ作成

SONY、ライブ配信や本体録画可能な小型スイッチャー『MCX-500』発売 [プロフェッショナル映像機器]

SONYは、ライブストリーミングや映像収録が出来るコンパクトライブスイッチャー『MCX-500』を発売すると発表しました。

MCX-500_01.jpg

2017年1月に発売。価格は26万円となっています。

小規模イベントやセミナー、ウェディングにおいて、少人数で映像送出やコンテンツ収録を行なうといった利用を想定しているとしています。

外形寸法362×206×43.5(幅×奥行き×高さ)mm、重量2.2kgのコンパクトな筐体に、4チャンネル+DSK、1M/Eのスイッチング機能、オーディオミキサーを搭載。

カット/ミックス/ワイプ/PinPなどのエフェクト機能などを装備。ボタンやタッチパネルから操作でき、入力信号のインプットへのアサインなどの操作が簡単に行なえるとしています。更に、PCとEthernet接続してWebブラウザからソフトウェアUIを用いて操作する事も可能になっています。

レコーダ機能も搭載。SDカード/メモステ兼用のメモリーカードスロットを備え、プログラムアウトの映像と音声をフルHDのAVCHDフォーマットで記録可能。更に、Ustreamに対応したストリーミング機能も内蔵。エンコード用のPCを別途用意せずにイベント映像の収録やストリーミング中継が行なえます。

入力端子はHDMI×2、3G-SDI×4、コンポジット×2、アナログRGB(DSK)×1の計9入力。出力はHDMI、3G-SDI、コンポジットを各1系統備えています。1台のモニターに入力映像や出力映像を一覧表示できるマルチビューワー機能を搭載しています。

MCX-500_02.jpg
↑背面。入力9系統、出力3系等を備える

将来のファームウェアアップデートにより、SDカードから読み込んだロゴデータの表示や、タッチパネルによるトランジションレバー操作にも対応予定となっています。

別売のリモートコントロールユニット『RM-30BP』を用意すると、『RM-30BP』を介して繋いだ複数台のSONY製カムコーダの液晶モニタに、プログラム、ネクストなどのタリー表示が行なえます。また、スイッチャーと各カムコーダの録画開始/停止を同期することも可能となっている為、『MCX-500』収録素材はラフ編集済みのコンテンツとして、カムコーダー収録素材はマスター素材として使用するといった使い方が可能となります。

MCX-500_03.jpg
↑「RM-30BP」と複数台のカムコーダの利用イメージ(タリー表示)

MCX-500_04.jpg
↑「RM-30BP」と複数台のカムコーダの利用イメージ(同時収録)

高性能カメラの小型・低価格に伴い、個人レベルの小規模イベントでもマルチカメラ収録や配信というケースが増えてますから、こうしたミニスイッチャーの登場はありがたいですね。

一昔前は、セミプロが使用する様なアナログのみのスイッチャーでもン十万した事から考えると、この価格で本体収録迄可能とか、羨ましい限りです。

■プレスリリース
小型軽量ボディにライブストリーミング機能や収録機能を搭載
小規模イベントの映像送出や収録を手軽に行える多機能スイッチャーを発売
http://www.sony.jp/professional/News/info/pb20160824_1.html




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る