So-net無料ブログ作成

SONY、ソニービジョン渋谷でデジタルアナウンサー「ニュースマネージャー」の実証実験実施 [その他]

SONYは、文字のニュース原稿を音声とCGに変換し、自動で読み上げるデジタルアナウンサー「ニュースマネージャー」の実証実験を、渋谷・公園通り入口スクランブル交差点の大型街頭ビジョン「ソニービジョン渋谷」で8月6日~22日に実施すると発表しました。

SONY_Vision_Shibuya_01.jpg
↑ソニービジョン渋谷

「ニュースマネージャー」は、文字情報として入力されたニュース原稿を音声合成で自然な発話に変換し、CGで生成されたニュースキャスターの表情と連動させて読み上げる、ニュースの提供に特化したアプリケーションとなります。

今回の実証実験では、共同通信デジタルが提供するニュース原稿をSONYのボイステクノロジー(音声対話技術)を応用して自然な音声発話に変換、これをA-1 Pictures監修によるCGアニメーションキャラクターのニュースキャスターが読み上げます。

朝のニュースは9時、9時35分、10時、昼のニュースは12時、12時35分、13時、夕方のニュースは17時、17時35分、18時に各2分程度放映。1日計9回放映。8月17日はソニービジョン渋谷が停電のため放映な行わないとの事。

SONY_Vision_Shibuya_02.jpg
↑ニュースマネージャー

使用されているボイステクノロジーは、ソニモバの「SmartBand Talk」や「Smart Bluetoothスピーカー」等の音声対話機能を持つ製品にも採用されているSONYの自社開発技術となります。

SONYは、「ニュースマネージャー」を将来的にデジタルサイネージや放送事業者向けのB2Bソリューションに加え、製品向けアプリなどの形で実用化する事を目指し開発を進める。実社会での有用性や、自動読み上げによるニュースの伝わり方などを検証する目的で、今回の実証実験を行なうとしています。

実証実験の成果を活用し、「これまで以上に深い人とのコミュニケーションを通じて、さまざまな情報を提供できるエージェントアプリケーションの開発を進める」としています。

尚、SONYのYoutubeオフィシャルアカウントでは、今回の「ニュースマネージャー」実証実験実施のニュースをニュースマネージャーが伝えるというプロモーション動画がアップされています。

SONY_Vision_Shibuya_03.jpg
↑SONYオフィシャルYoutubeアカウントのプロモーション動画

面白いアイディアだと思いますが、ニュースの情報伝達というツールとしては結果が心配ですね。Youtubeのプロモ動画を見ましたが、CGはトゥーンシェードを使用した3DCGで作成されているものの、限りなく2Dライクなアニメ絵なのと、音声に関しても合成音声の為、ボカロ等に慣れている若年層以外は受け入れが難しいかもしれませんね。

ターゲットがそもそも若年層という事なら良いのですが…。また、「製品向けアプリなどの形で実用化する事を目指し開発を進める」としているという事で気づいたんですが、ソニービジョン渋谷のディスプレイが縦長なのって、スマホの縦位置で試聴する際とコンテンツを共有する事を考えての事だったんですね…。

取り敢えず、仕事の外出時のついでに見に行こうかと思ってます。

■プレスリリース
ニュース原稿を自動で読み上げるデジタルアナウンサー「ニュースマネージャー」
8月6日よりソニービジョン渋谷で実証実験スタート
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201608/16-0804/index.html




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る