So-net無料ブログ作成
検索選択

VAIO株式会社、海外でのPCの販売を5ヶ国に拡大 [VAIO]

VAIO株式会社は7月26日、海外事業の成長を目指してアルゼンチン、チリ、ウルグアイでVAIO PCの販売を順次開始すると発表しました。

VAIO_Overseas_1.jpg

これにより、海外の販売地域は、現在既にビジネスを行っている米国、ブラジルに加え計5か国となります。

アルゼンチン、チリ、ウルグアイは、VAIOブランドに対する期待値が高い地域で、昨年9月からスタートしたPOSITIVIO INFORMATICA S.A.によるブラジルでのビジネスモデルが成功している事から、今回の販路拡大を決定したとの事です。

アルゼンチンでは、「VAIO Z」「VAIO Pro 13G」「VAIO Fit 15F」を取り扱い、今年9月から発売する予定。販売はInformatica Fueguina S.A(IFSA).が担当します。チリとウルグアイについては、2017年の年初からスタートする予定で、販売はMUSFER S.A.が担当するとの事。

VAIO_Overseas_4.jpg

ちなみに、IFSA、MUSFER S.AのいずれもPOSITIVIO INFORMATICA S.A.とBSG S.A.とのジョイントベンチャーでIFSA、MUSFER S.A.は、アルゼンチン、チリ、ウルグアイで、VAIOより許諾を受けて、VAIO商標をつけたPC製造、販売、サービスといったビジネスを行って行くとしています。

アルゼン、チリ、ウルグアイでは、ブラジルと同じで、VAIO製VAIOの販売だけでなく、ODM生産されたIFSA、MUSFER S.A.向けPCをVAIOブランドで発売するというビジネスモデルの様です。

しかし、見事に南米ばかりですね…。南米でVAIOのブランド力が高いとは知りませんでしたが、恐らく南米ではSONYブラウン管TVのブランド力が高かったので、その系譜でしょうか?

■プレスリリース(VAIO/PDF
http://vaio.com/news/pdfdata/pr35.pdf




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る