So-net無料ブログ作成

VAIO株式会社、デザイン重視の「VAIO C15」発売 [VAIO]

VAIO株式会社は、デザインを重視した4色展開の15.5型ノートPC「VAIO C15」を発売すると発表しました。

2016VAIO_C15_01.jpg

8月5日より順次販売を開始。

価格は、店頭向けの標準仕様モデルが税別94,800円、Web直販のVAIO OWNER MADEモデルは同66,800円からとなります。

それぞれ2色の基調カラーを組み合わせたデザインを採用しており、「ネイビー/グレー」、「オレンジ/カーキ」、「ホワイト/カッパー」、「イエロー/ブラック」で彩った4種類が用意されています。尚、「イエロー/ブラック」のモデルのみ9月9日の発売となります。

2016VAIO_C15_02.jpg
2016VAIO_C15_03.jpg
↑カラバリ「ネイビー/グレー」

2016VAIO_C15_04.jpg
2016VAIO_C15_05.jpg
↑カラバリ「オレンジ/カーキ」

2016VAIO_C15_06.jpg
2016VAIO_C15_07.jpg
↑カラバリ「ホワイト/カッパー」

2016VAIO_C15_08.jpg
2016VAIO_C15_09.jpg
↑カラバリ「イエロー/ブラック」

C15はホームユースを想定した製品で、これまで通りVAIOのコンセプトである「快」を追求しつつ、家庭のリビングや書斎などに合うように性能よりもデザインを重視したモデルとの事。

S11やS13などの「S」は上質といった意味の「Superior」を意味していましたが、C15の「C」は「Colorful」や「Casual」といったこれまでのビジネス向けとは違った意味が込められているそうです。

キーボード面を見ると分かりやすくなっていますが、筐体は全て同じものの、カラバリごとに着色位置が異なっていて、4種類に個性がもたらされています。VAIOによれば、国内メーカーにおけるホームユース向けスタンダードノートにはデザインに拘る人が選べるものが皆無であり、そういった層に向けて訴求する製品になっているとの事。

筐体はほぼVAIO S15を踏襲していますが、タッチパッドのクリックボタンが独立した2ボタン式である他、タッチパッドはS11が搭載している高性能なものを採用(Windows 10モデルのみ)。また、ミニD-Sub15ピンがオミットされたといった違いが有ります。

2016VAIO_C15_12.jpg
↑タッチパッドのクリックボタンはボタン式

2016VAIO_C15_10.jpg
↑左側面。左から電源、排気口、LAN、HDMI、USB3.0x2、マイク端子、ヘッドフォン端子が並ぶ

2016VAIO_C15_11.jpg
↑右側面。左からUSB2.0x2、光学ドライブ

今回このカラーリングを実現する為に、金型を新規で起こして設計したといった違いもあり、色は塗装ではなく、IMR(In Mold Releases)フィルムを利用。メタリック感を高める為に金属蒸着が使われている事に加え、擦り傷などに対する耐久性を向上すべく、着色層の上にUVハードコート層が設けられています。

動画をより楽しめる様に本体前面の左右に大型スピーカーを搭載。VAIOシリーズの中でも1番の音圧を誇るとの事。また、サブウーファーも実装されており、音に迫力が与えられています。

2016VAIO_C15_13.jpg
↑本体正面の両サイドにスピーカー

標準仕様モデルの主な仕様は、CPUがCeleron 3215U(1.7GHz)、メモリ4GB、HDD 1TB、DVDスーパーマルチドライブ、15.5型HD(1,366×768pix)非光沢液晶ディスプレイ、OSはWindows 10 Homeを搭載。

インターフェイスは、USB 3.0×2、USB 2.0×2、HDMI出力、IEEE 802.11ac、Bluetooth 4.1、Gigabit Ethernet、SDカードスロット、92万画素Webカメラ、音声入出力などを装備。

本体サイズは約380.8×260.8×26.6(幅×奥行き×高さ)mm、重量は約2.5kg。

Web直販のVAIO OWNER MADEモデルでは、Core i3や光沢パネル採用のフルHD(1,920×1,080pix)液晶の選択が可能。その他、ストレージのSSHD化、Microsoft Officeのプリインストールも可能となっています。

カラバリが「イエロー/ブラック」ホームユースで家具にマッチするかは別として、こうしたデザイン性が高い製品が出て来るとVAIOの復活感が強いです。

ただ、ハイスペック且つデザイン性が高いというのがVAIOであって、オーナーメイドモデルでもCPUがCore-i3しか選択出来なかったり、光学ドライブもDVDドライブしか選択出来なかったりと、お世辞にもハイスペックとは言えず、あくまでデザイン性だけを追求した製品になってます…。

これじゃあ、低スペックだけどデザイン性だけ強く押出した2000年代のSONY性VAIOと同じ轍を踏む気がするんですが…。

■VAIO>製品情報>VAIO C15
http://vaio.com/products/c151/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る